6号機

6号機勝てねーよ!なぜ勝てない?理由や規制、悪循環の図式などを解説!

「6号機になって勝てなくなったなぁ」と感じたことはありませんか?

近年出玉の規制や法改正により、がんじがらめの状態になったパチスロ業界。

規制以外にも台の価格高騰などの問題もあり、お店もユーザーも困ることが多くなってしまいました。

そこで本記事では6号機が勝てない理由と、6号機以外のスロットについて細かく解説して行きます。

ななちゃん
私の知っている北斗は死んだ
沖ドキ2…、政宗3…夢も希望もない
Mrリス

>>アングラギャンブルに詳しい方にインタビュー!今後最もおすすめのギャンブルとは?

6号機はなぜ勝てないのか?

6号機勝てない

なぜ6号機が勝てないのか、を筆者の目線で解説していこうと思います。共感いただけると嬉しいです。

ボーナスという名のチャンスゾーン

え?これがボーナス?と疑ってしまうようなボーナスが6号機は多いですよね。

ボーナスと呼んだだけのCZ(チャンスゾーン)が多発しています。

ボーナスが出玉のチャンスにしかならないと、「チャンスのチャンスのチャンス」くらいにしかならない重たいレア小役…。気の遠くなる作業が6号機にはついてまわります。まず勝てるイメージが持てない人は多いでしょう。

法改正により6号機は検定を通すために、様々な工夫がされています。仕方ないとはいえ今後の事を考えるとスロッターは憂鬱になります。

ななちゃん
CZボーナスで天井リセットは心をへし折る
開始2時間で絶望感しかない。この後どこへ行けと…
Mrリス

実機台の高騰と悪循環 = 設定が入らない、の図式

パチンコホールも営利目的で行われているのは皆様ご理解してもらえると思います。

ところが、昨今導入機種がとんでもなく高騰しています。これは6号機に始まった事ではないのですが、ちょっと例を見てみましょう。

マイジャグラーV6号機】 1台約310万円

マイジャグラーV【6号機】

ジャグラー設置するのも当然タダじゃないとはわかっていたかと思いますが、実際の値段に驚愕しますね。
※2022年8月の中古相場

犬夜叉【6.5号機】 1台約140万円

犬夜叉【6.5号機】

6.5号機で異例のヒット台となった犬夜叉も高額な費用を支払って導入しなければいけません。機械代を回収するのも大変です。
※2022年8月の中古相場

P大工の源さん 超韋駄天 1240万円

大工の源さん

※2020年8月の値段

パチンコですが、2020年夏頃に高騰して有名になった台です。さらに同メーカーの別機種を抱合せで売られているようで、別の台も買わないとお店に導入できないとの話も聞きました。

5号機の聖闘士星矢の大流行時もそうでしたが、株価なんか目じゃないくらいの高騰ですね。

このように6号機の新台は40~50万程度かそれ以上します。

新台の新台の誇大広告と広告費の高騰

新台入れ替え

新台はYouTubeや各種メディアを通して、「この機種はすごい」「この機種はあたり」など、誇大かつ大量の広告費を投下して宣伝しているので客の食いつきはいい。

宣伝の影響で客がついているだけで実際はすぐに離れるのに実機台を回収しなきゃいけない。

新台のうちしか遊んでくれないので、長期間の回収は難しい。

つまりお店が抱える問題は、実機台が高いのに、1台あたりの寿命が短くなったこと。当然設定は入らない。

いい台は長く稼働してくれるのですが、なかなかそういう台は6号機では難しいでしょうね。

お店も6号機の寿命が短いのはよく理解している為、設定入れられない。

現状はメーカーと一部のYouTube、広告媒体だけが儲かっているのではないでしょうか。

ななちゃん
設定入らない事を見越しての、2以上確定演出はメーカーの悪意

出玉制限

スロット台は日本の法律でガチガチに決められており、出玉試験をパスしてから世にリリースされます。

この出玉試験が5号機と6号機で別物になってしまいました。

6号機は、単純に一撃が出ない。それはこの出玉制限が原因です。

▼6号機の規制について詳しくはこちら
【6号機の規制と5号機の違いについての解説】

出玉制限(上限)

出玉の一撃上限、2,400枚のリミットがつきました。

一撃の出玉リミットがついたことにより設定差のない事故が起きなくなった、夢がなくなりました。

そもそもホールには高設定なんてほとんど置かれてなかったと思いますが、5号機はそれでも一撃フラグが用意されていることが多かったです。

低設定でも一撃万枚や5,000枚程度を現実的に目指せる機種は多くありましたね。

6号機はこれが起こり得たとしても、現実的に目指せるようなスペックにすると検定に落ちます。

出玉制限(下限)による出玉スピードの変化

出玉試験の変更で一目みてこれやばいなと思ったのは上限ではなく、下限を設けられたこと。

5号機では下限の規制がかなり緩かったのですが、6号機は下限の規制もかなり厳しく、決められたG数内で決められた範囲の払出しをしないと検定に落ちます。

つまり、これが出玉のスピードを遅くしている要因になるのです。

規制が厳しくなった事で、ゲーム性の幅がせまくなり、演出面だけ豪華になっても出玉が付いてこないのが6号機最大の特徴ともいえるかもしれません。

出玉規制の補足

それでも純増8枚とか10枚とかあるじゃないか!早いじゃん!と思っている方、それはその一瞬を切り取っただけの幻です。

純増の多さは4号機のAT時代とほぼ同じくらいの純増数ですね。あの頃は純増なんて聞きませんでしたが。

4号機の頃と変わらない純増なのに、なぜ今ホールにおいてある6号機にハコがつまれていないのでしょうか?

毎日当然にようにあった万枚報告がないのでしょうか?

これが出玉規制の現実です。

純増8枚だ10枚だと言っても、そこにたどり着くまでの長~いプロセスを得て、30G純増10枚のATを獲得しても300枚です。で、これが連チャンしない仕様になっています。

連チャンしたら規制にかかります。

これが6号機出玉規制の事実であり、ホールで見る現実なのです。

ななちゃん
6号機の無抽選ゾーンには戦慄しかない

換金ギャップで勝てない

換金ギャップ

パチスロを換金するには、お店でメダルを流してから、金景品に変えてもらい、それを専門ショップで換金してもらう必要があります。

等価交換とは、1,000円分(50枚)を流したら1,000円で換金される事をいいます。

非等価とは、1,000円分(50枚)を流しても、交換時には1,000円以下になってしまう事をいいます。

非等価で交換される事を換金ギャップと表現しており、このギャップによりパチスロはさらに勝てなくなりました。

例)1,00047枚貸しで5.6枚交換ホールの場合(都内平均)

  • ユーザーがメダルを借りる場合10,000円=470
  • ユーザーが換金して10,000円を得るには560枚必要


90
枚=約1,800円分の換金ギャップが生じています。

6号機はただでさえ機械割も出玉も制限されているので、この換金ギャップはトドメみたいなものです。

これでは6号機は勝てないですね。

▼換金ギャップについてはこちらをご参考ください

>>パチスロの46枚、47枚の交換率ギャップについて

6号機の勝てない機種

違法 禁止

6号機とはいえ、くさってもパチスロ。きちんと設定さえ入れてくれれば、どの機種でも勝てるかもしれません。

しかしホールの現実として勝てない、勝ちにくい機種は存在していますので代表的なものを紹介します。

アイムジャグラーEX 機械割97%/設定1

6号機アイムジャグラーEXのスペック

5号機時代からどこのホールでも見かける機種の代表格となりましたが、6号機でも全国設置導入率第1位はこのアイムジャグラーEXです。

簡単に遊べて楽しそうにも見えるアイムですが、設定1の機械割は6号機でも5本の指に入るほどの最低クラスだという事をご存じでしょうか。

▼理由なくホールに置いてるわけじゃない
アイムジャグラーEX

どれだけ低設定にしても打つ人は永遠に打ち続ける謎の魔力があり、ホール側の視点でいえば、きっちり回収してくれる優秀な機種だといえます。

Mr.リス
勝つ事もあるだろうけど、中長期でみればお店側の大幅利益だと思う

戦国コレクション4 機械割97%/設定1

 

戦国コレクション4

戦コレ4は純増10枚という代名詞で少し話題になりましたが、いざフタをあけると勝てない系スペックになっている事が判明していきます。

純増10枚という事で、勘のいいスロッターはお気付きだろうが、とにかく『当たらない、乗せない、どうしようもない』の3拍子です。

ATの初当たり初期G数はたったの10Gです。

この10Gで私はいったい何をすればいいのでしょうか。教えてください、信長様…。

数ある6号機の中でも、高純増スペックの機種はとにかく勝つイメージが湧きませんね。

トータル・イクリプス2 機械割96.7%/設定1

トータル・イクリプス2

機種名もなんだかスッと読めないし、頭にも入ってこないイクリプスですがゲームフローはシンプル。

通常時からポイントを貯めてCZに入れて、ボーナスという名前のついた本当のCZからどうにかATに入れる、よくある焼きまわしフロー。

ちなみにボーナスは100枚も増えません。

しかし、それ以上に重要なのは設定1の機械割が6号機トップクラスに悪いという事。実質6号機の最低機はトータル・イクリプス2になるでしょう。

どちらにしろお目にかかる事は少ないと思うし、この手の機種にお店が高設定を入れる事もめったになさそうなので触れない事をオススメします。

6号機で遊ぶなら、オンラインカジノのスロットをやった方が断然良い!

花魁ドリーム

あの懐かしい日々、熱い気持ちを思い出したい方、お願いがあります。

一度オンラインカジノのスロットを打ってみてください。打ったらわかります。わかってもらえるはず!

4
号機にあったストック機のような連チャン、規制だらけの6号機では到底無理な連チャン性能。

一度ツボに入れば数千枚を吐出すあの性能。それがオンカジにはあるのです!

4号機の裏物を探し歩いたのも、結局はボーナス連チャンを楽しみたかったから。

獣王の6ツモって5,000枚しか出なかったと嘆くあの日々。今のホールに初代北斗の拳と吉宗あったらみんな打つと思いませんか?あれだけ敬遠してた、エノカナだって喜んで打ちますよ。

結局は出玉性能に魅了され、そこに1Gの楽しさが詰まっているわけです。オンカジにはその出玉性能があります。

4号機、5号機を打っていた方にこそオンカジのスロットをオススメしたいと思います。

オンラインカジノとは?

オンラインカジノは、その名の通りオンラインで遊べるカジノの事です。

バカラ、ブラックジャック等のトランプゲーム、ルーレットなどを画面越しにディラーとリアルタイムで遊べたり、様々なゲームをオンライン上でプレイ可能。

中でも日本人に人気のビデオスロットは、パチスロ風の演出が楽しめるスロットを含め1,400種類以上リリースされています。

また1回転のBET額を自由に変更でき、1回転0.1ドル(約10円)から機種によっては1回転100ドル(約1万円)できるものまであります。

パソコンはもちろんスマホでもプレイ可能なので、外出が難しい時でも安心してプレイできますよ!

ななちゃん
6号機スロットのようなダラダラ感はない

6号機とオンラインカジノを比較

メモ

・まわりくどくない大当たり
・実機と店舗代がないので還元率が高くユーザー有利
・出玉スピードが全く違う
・一撃100万なんてのも夢じゃない!

6号機とオンラインカジノを比較について解説します。

まわりくどくない大当たり

ビッグボーナス

6号機では「チャンスのチャンスのチャンス」のようにまわりくどく、当たりまでのイメージがつかめないものが多いですよね。

逆にオンラインカジノのスロットは、ほとんど4号機をプレイしているように、大当たりまでがまっすぐでわかりやすいものが多いです。

基本的にはフリースピンというボーナスを目指し、フリースピンをいかに伸ばせるかが勝負なので、シンプルかつ初心者でも楽しめる設計になっています。

ちなみにですが、6号機のAT初当たりよりもオンラインカジノスロットの方が、初当たり確率が軽いものがほとんどです。

どの機種を見比べるかにもよりますが、それほど6号機は当たりません。しかしオンラインカジノスロットはちゃんと当たります。

ななちゃん
ちゃんと当たるだけで安心できる

実機と店舗代がないので還元率が高くユーザー有利

オンラインカジノは高価な実機を複数台購入、パーツ交換のメンテ費用、実店舗などの経費がほとんどかかりません。そのためその分をユーザーに還元してくれています。

結局のところ勝てるかどうかの話になると思いますが、高価な台と店舗代を回収しなければいけない店舗型に比べてペイアウトそのものがいいです。

また店舗型は時間制限があるので、スロットの機械割を大きく落とします。

世に出ている機械割は何万回転も回した結果であり、高設定でも時間制限がある事で実質機械割は全然違ったものになります。

しかしオンラインカジノは24時間ずっと営業しているので、時間制限での割を落とすという事がありません。

そのため、いつでもどこでもプレイできて、還元率も高いというのがオンラインカジノのメリットです。

出玉スピードが全く違う

まさにこれ!と言った明確な差です。出玉のスピードが全然違います。

例えば、スロット1回転60円と同じく、1回転0.6ドルのBETでオンカジスロットを回したとします。

6号機で差枚+500枚出すためにはプレイ開始から3時間程度は必要になってくるでしょう。初当たりが重く、通常時もだいぶ間延びしながらプレイするので差枚での+500枚は本当に大変です。

これでやっと+1万弱。

しかし、オンラインカジノでは+1万程度なら早ければ1分で出ます。

これは早い時を比較しているわけではなく、実際そのくらいです。プレイしたらわかると思いますが、出玉スピードは全然別物です。

規制だらけの6号機では仕方ないのかもしれません。

しかしその規制のせいで、演出が違うだけで中身がほぼ同じになってしまった6号機が本当に残念です。

オンラインカジノスロットでは、表情豊かで個性をもった機種がたくさんありますよ。

Mrリス
6号機で2万入れたらもう戻ってこないよね
オンカジスロットならどこからでも逆転可能
ななちゃん

オンラインカジノは一撃100万も夢じゃない!

6号機はおろか、5号機でも不可能な一撃100万円というのは、オンラインカジノでは現実的に目指せます。

そこまでのギャンブルは求めてないかもしれません。でも出てしまったら受け取りますよね?それがオンカジです。

とにかくダラダラ出るというタイプではないないので、ツボにはまると自動的に10万20万の大きな配当も出ます。

BET額をうまく引き上げられれば当然配当も大きく増えますが、低BETでも大勝を目指せます。

6号機、オンカジ
6号機とオンラインカジノのスロットを徹底比較!オンカジと6号機はどっちが優勢?
6号機の関連記事 6号機が勝てない理由について 6号機とオンカジスロットを比較! 6号機の特徴とは? 6号機の規制について解説 6号機の有利区間について 6号機はつまらない?その理由 6号機とオンカジ ...

続きを見る

オンラインカジノのスロットは面白い!人気機種を紹介

スロッターに是非オススメしたい、最高に面白いオンカジスロットを紹介致します。

特に4号機や5号機の抽選方式がお好きな方は、ぜひプレイしてみてください。

花魁ドリーム

花魁ドリームは、日本のスロッター向けに作られた機種で、パチスロ好きならば絶対に反応してしまうような演出がたっぷり搭載されています。

演出面よりも特記したいのが、素晴らしく秀逸な抽選方式です。

詳しくは別記事で紹介していますが、ラッシュのループ率が単純な74%ループという事ではなく

・初期ストック数の振分け
・ラッシュ中の月シンボル獲得時の特殊抽選
・歌モード中の100%継続
これらを優先順に参照し、実質74%ループとなっている作りからして、単純な機種でない事がわかります。とにかく面白いので一度プレイし、そして私の書いた花魁ドリームの記事を是非読みこんでください!

花魁ドリームを攻略!フリースピン、勝ち方、確率、演出について詳しく解説します
花魁ドリームを攻略!フリースピン、勝ち方、確率、演出について詳しく解説します
花魁ドリームは、パチスロ風スロットを続々とリリースしているJTG社の大人気機種。パチスロあるあるな演出や、オマージュ要素たっぷりでプレイヤーを飽きさせない演出が用意されています。本記事では…

続きを見る

バトルドワーフ

バトルドワーフ

バトルドワーフも、オンラインカジノ未プレイの方のイメージを覆すような機種の代表格。

オンラインカジノスロットなんて、なんでもかんでもオートで進行してるんじゃないの?なんて思っていませんか?

バトルドワーフでは「ラッシュの初期G数をかけたバトル」がありますが、このバトルを直接購入することが出来ます。

プレイヤーの状況次第で大きく展開が変わってきます。

ラッシュ中も上乗せバトルが発生したり、細かい上乗せを繰り返しながら30Gごとに来るバトル高確ゾーンを目指すような内容は、スロッター納得の完成度!

こちらも記事を書いておりますのでプレイしながら読んでみてください。

バトルドワーフ(Battle Dwarf)を攻略!フリースピン、勝ち方、確率、演出について詳しく解説します
バトルドワーフ(Battle Dwarf)を攻略!フリースピン、勝ち方、確率、演出について詳しく解説します
パチスロ風のおすすめスロット一覧 ハワイアンドリーム バトルドワーフ ドリーム・オブ・ゴールド 花魁ドリーム ハワイアンドリーム・クリスマスバージョン バトルドワーフクリスマス   バトルド ...

続きを見る

まとめ

今回は6号機が勝てない理由をお伝えしていきました。

6号機を取り囲む環境は、様々な規制やしがらみによってにつらい状況に陥っています。

各メーカーも努力しているハズですが、これが今の限界なのでしょう。

しかしオンラインカジノならこのような足枷がなく、射幸心の塊のような爆裂機からマイルドな機種など様々な台が作られています。

オンラインカジノのスロットに興味がある方は、こちらからより詳しい内容をご覧ください。

【スロット裏話】怪しい裏スロの世界とこれからのギャンブルについて

当サイトは、アングラな裏スロに通い詰めたという方に接触でき、インタビューしました。

アングラな裏スロの世界や、これからのギャンブルについて詳しくお聞きしました。

具体的なエピソードが満載ですので、ぜひ一度ご一読ください!

▼詳しくはこちら
【パチスロ裏話】6号機や裏スロ、アングラギャンブルに詳しい方にインタビュー!

-6号機