ベガスオンライン

カジノ法案

日本カジノの候補地10ヶ所を徹底網羅!IR誘致に向けた各自治体の魅力、問題点、カジノ法案に絡んだ動きを解説。

日本カジノの候補地10ヶ所を徹底網羅!IR誘致に向けた各自治体の魅力、問題点、カジノ法案に絡んだ動きを解説。

 

2016年12月にIR推進法が成立してから、日本カジノの誕生は目前となり2020年代半ばには開業する見通しとなっています。

そこで注目されるのが「日本のどこにIR誘致するのか?」という点ではないでしょうか。

自治体ごとにそれぞれの魅力があり、特徴があり、カジノ法案自体に対する反対の声や問題点も多くあります。

その中でIR誘致を進めている日本カジノの候補地について、魅力や問題点を詳しく解説していきます。

アマギ
日本初のカジノということもあってどこに誕生するのかはとても気になりますね!
多くの自治体に誘致の可能性があるからひとつずつ見ていこう♪
椿

日本カジノの候補地

日本カジノの候補地

日本カジノの候補地となっているのは現在10都道府県です。

まだ誘致を正式に表明していない自治体や辞退した自治体、断念した自治体もあり、積極的にIR誘致を進めているのは4ヶ所。

カジノ法案によって決まった日本カジノの設置数は上限3ヶ所としているため、目先で日本カジノが誕生するのは全国で3ヶ所しかありません。

自治体ごとに様々な特徴があるので、候補地をひとつずつ細かく見ていきましょう。

北海道『釧路・留寿都・苫小牧・当別町』

北海道

北海道は昔からIR誘致を積極的に進めてきた都市のひとつで、広大な土地を活かした統合型リゾートの誕生が期待されています。

日本で最も広大な土地を活かして、大規模な統合型リゾートを設置することが可能な点も魅力的。

IR事業者の多くが目をつけている都市であることからも、北海道へのIR誘致期待が高まっています。

北海道の特徴

候補地

釧路 or 留寿都or苫小牧or当別町

魅力

広大な土地と魅力的なアイヌ文化

問題点

希少な生態系を守る必要がある

経済効果

1,263億~2,559

IR事業者

クレアベストグループ、ハードロック etc

誘致状況

見送り

北海道は全4ヶ所が候補地となっており、自治体ごとの特性や魅力を活かしたコンセプトで誘致を積極的に行っていました。

ですが、道民の不安意見や道民会議での意見を集約しきれなかったこともあり、誘致を見送り。

北海道で正式に誘致を表明していたのは『釧路・留寿都・苫小牧』の3ヶ所であり、『当別町』は誘致を検討している段階でした。

▼北海道のIR誘致について

>>北海道のIR(カジノ)誘致、コンセプト、経済効果、カジノ法案成立後の動きなどを詳しく解説!

東京都港区『お台場』

東京都

日本カジノが誕生するとなれば、真っ先に思い浮かべるのが日本最大の都市である東京ではないでしょうか。

外国人観光客数は年間1,500万人を超える大規模都市で、IR誘致による経済効果や雇用創出は他都市と比べ物にならない規模が期待できます。

候補地であるお台場は東京ベイエリアとして土地を確保しやすく、経済成長の起爆剤になり得る土地といえます。

東京都の特徴

候補地

お台場

魅力

世界トップクラスの人口を誇る都市

問題点

東京五輪や感染症対策で手一杯

経済効果

数千億円~数兆円

IR事業者

未公表

誘致状況

停滞中

お台場ベイエリアは広大な土地を有するため、人口が集中して施設を確保しづらい東京にとってもベストな場所です。

経済効果は数兆円規模になることが容易に期待できるため、誘致を正式表明すれば多くのIR事業者が参入を表明することでしょう。

現在はIR誘致よりも優先事項があり停滞気味ですが、誘致が積極的となれば一気に最有力候補へ躍り出る可能性のある都市です。

▼東京のIR誘致について

>>東京お台場のIR(カジノ)誘致、IR(統合型リゾート)の検討、経済効果、カジノ法案と関連する動きについて解説!

千葉県千葉市『幕張新都心』

千葉県

千葉県は有力候補地の横浜市に隠れていますが、大規模な土地と東京からのアクセスの良さが魅力的な候補地となっています。

幕張メッセやZOZOマリンスタジアムなどを有する観光都市で、東京湾を一望できる地域でもあるのです。

羽田空港や成田国際空港からも30分程度でアクセスできるうえ、過去に実施した国際会議では数億円の経済効果が実績としてあります。

千葉県の特徴

候補地

幕張新都心

魅力

都心や羽田空港&成田空港からのアクセスが良い

問題点

台風被害などの復興を優先

経済効果

1,568億円~4,793億円

IR事業者

未公表

誘致状況

誘致断念

千葉県の候補地である幕張新都心は大規模なMICEを構えており、経済水準の高さや観光都市としての期待も高い地域です。

IR誘致の構想パターンは2種類ほどあり、そのどちらも海外の成功パターンをモデルとした形で期待も高いでしょう。

しかし、2019年9月の令和元年房総半島台風による被害の大きさもあり、災害復興を優先して誘致は一時的に断念しています。

▼千葉県のIR誘致について

>>千葉県千葉市幕張新都心のIR(カジノ)誘致、コンセプト、経済効果、カジノ法案成立と動きなどを詳しく解説!

神奈川県横浜市『山下ふ頭』

横浜市

大阪と並んで日本カジノの最有力候補として話題になっている横浜市山下ふ頭。

海辺に面していることもあり敷地規模がとても大きく、横浜都心部からのアクセスや東京都内からのアクセスも抜群です。

みなとみらいを一望できるような土地が候補地となっており、海洋リゾートとしての話題性も非常に高くなると想定されています。

神奈川県の特徴

候補地

山下ふ頭

魅力

敷地規模の大きさや都心からのアクセスが良い

問題点

住民の反対意見が多い

経済効果

7,700億円~16,500億円

IR事業者

メルコリゾーツ&エンターテインメント

誘致状況

誘致賛成

横浜市は日本国内の他都市と比べると、過去5年間の外国人宿泊者数が鈍化しておりとても伸び率が悪いのです。

そこでIR誘致により横浜市の魅力をまたひとつ増やし、数千億円を超える規模の経済効果を狙うという予定となっています。

横浜市の財政見通しでは2039年度に660億円が不足する予定でもあるため、早急な改善が求められています。

▼横浜のIR誘致について

>>横浜市山下ふ頭のIR(カジノ)誘致、IR(統合型リゾート)の検討、経済効果、カジノ法案と関連する動きについて解説!

静岡県牧之原市『大寄地区』

静岡県

静岡県はIR誘致への積極性が見られないことから誘致レースに参戦できていない状況であるものの、候補地のひとつです。

候補地となっているのは静岡空港からのアクセスの良さや、人口減少や経済縮小を食い止めるため。

日本全国的に経済停滞や人口減少は問題となっていますが、IR誘致による経済効果を期待しているのは静岡も同様です。

静岡県の特徴

候補地

大寄地区

魅力

新幹線と空港が通るアクセスの良さ

問題点

県と市で誘致姿勢が異なっている

経済効果

6,171億円

IR事業者

未公表

誘致状況

誘致断念

静岡で一番の候補地となっていた牧之原市は静岡市と浜松市の間にあるためアクセスが良い土地です。

漁港が近いため食事や自然の文化もあり、東名高速道路や新東名高速道路が通るというメリットもあります。

しかし、県と市でIR誘致への姿勢が異なっており、県市一体となった動きができておらず、牧之原市長は誘致を断念している状況です。

▼静岡県のIR誘致について

>>静岡県牧之原市のIR(カジノ)誘致、コンセプト、経済効果、カジノ法案成立後の動きなどを詳しく解説!

愛知県常滑市『中部国際空港島』&名古屋市『金城埠頭』

愛知県

愛知県といえば日本最大の企業でもあり世界的にも有名なトヨタの本社を構える都市で、経済規模は国内トップクラス。

愛知県は本州のど真ん中なので東京・大阪などの大都市からのアクセスが簡単で、多文化共生を推進していることから外国人の受け入れも積極的。

IR誘致が積極的となれば横浜や大阪などの有力候補に追いつくレベルの有力候補地となることが期待されるでしょう。

愛知県の特徴

候補地

中部国際空港島 or 金城埠頭

魅力

MICE設立済み&候補地が居住区ではなく治安の心配がない

問題点

県&市の動きが鈍く反対意見も多い

経済効果

未公表

IR事業者

未公表

誘致状況

停滞

愛知県の候補地は常滑市『中部国際空港島』と名古屋市『金城埠頭』で、どちらも居住者のいない地区なので治安悪化の心配がいりません。

2019年8月には中部国際空港島にMICEが開業しており、海外では一般的なMICEIRという相性も抜群。

ただし、愛知県知事や市長の動きが慎重でとても鈍いうえ、住民の反対意見も多いことから誘致は停滞気味です。

▼愛知県のIR誘致について

>>愛知県のIR(カジノ)誘致、コンセプト、経済効果、カジノ法案成立と動きなどを詳しく解説!

大阪府大阪市『夢洲』

大阪市夢洲(ゆめしま)は、日本カジノ候補地の最有力候補といわれており、街全体を通して誘致に協力的である点も魅力のひとつ。

すでに関西の拠点となっている大都市の大阪にIRを誘致するということで、東京を超える大規模な経済都市となることが想定されます。

関西国際空港なども構えていることから国際的な拠点としても成立することが期待されています。

大阪府の特徴

候補地

夢洲

魅力

関西の拠点となる土地柄

問題点

一部の反対意見

経済効果

6,900億円~14,600億円

IR事業者

MGMリゾーツ・インターナショナル

誘致状況

誘致賛成

大阪の候補地である夢洲はすでに広大な用地を確保できており、臨海部エリアとの連携も可能な土地柄です。

関西国際空港からのアクセスも簡単で、産業活性化による雇用創出や税収増、大規模な経済効果も期待できます。

IR誘致への賛成意見も非常に多く、誘致しやすい環境であることも有力候補のひとつとされている理由です。

▼大阪のIR誘致について

>>大阪市夢洲のIR(カジノ)誘致、IR(統合型リゾート)の検討、経済効果、カジノ法案と関連する動きについて解説!

和歌山県和歌山市『和歌山マリーナシティ』

和歌山県

和歌山県はなかなか話題に上がりづらい土地柄であるものの、大阪と近く関西圏の拠点となり得る土地です。

自然溢れる土地柄を活かしてアクティビティやリラクゼーション施設などを中心とした観光型リゾートを目指しています。

文化、食事、癒やし、自然などの様々な日本の魅力が詰まった候補地としてマイナーながらも人気です。

和歌山県の特徴

候補地

和歌山マリーナシティ

魅力

全域整地造成済で即着工が可能

問題点

大阪へのIR誘致が前提の構想

経済効果

3,000億円/

IR事業者

クレアベストニームベンチャーズ、サンシティグループ

誘致状況

誘致賛成

候補地となっている和歌山マリーナシティは関西国際空港からのアクセスも容易で、京阪神に隣接している土地として期待が高まっています。

人工島で全域整地造成済なため着工開始することが可能というメリットも。

大阪へのIR誘致が前提な構想であるというのが問題点ですが、IR事業者の参入もあり候補地としては有力ともいえます。

▼和歌山のIR誘致について

>>和歌山県和歌山マリーナシティのIR(カジノ)誘致、コンセプト、経済効果、カジノ法案成立後の動きなどを詳しく解説!

長崎県佐世保市『ハウステンボス』

長崎県

長崎県は九州地区で唯一のIR誘致を正式表明しており、九州初のIR誕生が期待されています。

上海やソウルなどに近いこともありアジア各国からの外国人観光客を呼び込みやすく、24時間空港化も目指している状況です。

国内でもとても人気なハウステンボスが候補地となっていることから、さらなる魅力の増加も期待されています。

長崎県の特徴

候補地

ハウステンボス

魅力

3時間以内に到達できる人口が6,000万人超

問題点

大規模なインフラ整備が必要

経済効果

2,544億円

IR事業者

オシドリ、カジノオーストラリア etc

誘致状況

誘致賛成

長崎の候補地ハウステンボスは国内観光地としてすでに有名なうえ、長崎まで3時間以内に到達できる人口は6,000万人を超えるといわれています。

アジア各国からの観光客が期待できるうえ、国内観光客もあわせれば経済効果は莫大なものになると想定されます。

IR誘致も賛成派がリードしていますが、周辺地域を含めたインフラ整備が整っていないため懸念点のひとつとなっています。

▼長崎のIR誘致について

>>長崎県佐世保市のIR(カジノ)誘致、コンセプト、経済効果、カジノ法案成立後の動きなどを詳しく解説!

沖縄県国頭郡『海洋博公園』

沖縄県

沖縄県といえばそのリゾート感溢れる土地柄もあり、統合型リゾートといわれるIR誘致にぴったりな土地といえるでしょう。

国内外問わない観光客の多さが魅力な沖縄は、IRとの相性が良く大きな経済波及効果が期待できます。

特に経済界からは長らく導入を求める期待があり、2007年から独自の調査や研究を進めてきています。

沖縄県の特徴

候補地

海洋博公園

魅力

統合型リゾートにぴったりな土地柄

問題点

沖縄県知事はIR誘致反対

経済効果

3,016億円~5,197億円

IR事業者

未公表

誘致状況

誘致反対

候補地となっているのは海洋博公園といわれており、正式に決まっているわけではなく政治的な側面も絡んでいます。

土地柄としては統合型リゾートの名に相応しい土地であり、IR誘致による経済効果も大きく期待できるでしょう。

ただし、2014年以降は沖縄県知事の相次ぐIR誘致反対により、誘致計画は頓挫している状況で誘致は難しい状況です。

▼沖縄のIR誘致について

>>沖縄県のIR(カジノ)誘致、IR(統合型リゾート)の検討、経済効果、カジノ法案と関連する動きについて解説!

 

アマギ
やっぱり有力候補の『横浜・大阪』に決定しそうでしょうか?
可能性としては最も高いけれど東京や長崎も外せない候補地って感じだね✨
椿

候補地の決定スケジュール

候補地決定スケジュール

日本カジノの候補地が決まり、実際に開業するまでのスケジュールはこちらの表のような流れとなっています。

カジノ候補地が決定するのは2022年頃といわれており、ここからIR開業へ向けたスケジュールが再度組まれていくことになるでしょう。

ただし新型コロナウイルス感染症の影響もあり、開業は2026年~2027年頃になる可能性もあるとされています。

まとめ

日本カジノが誕生するのは初だということもあり、どこに誘致されるのかはとても注目度が高いニュースです。

候補地が決定するまではまだ時間がありますが、すでに断念していたり誘致しない方針となっている自治体も多く、かなり絞られてきている印象。

最有力候補とされている横浜、大阪などはその筆頭となってくることも想定されているため、期待が高まります。

日本カジノは第一期公募~第三期公募とわけて開業されていく予定なので、今後の決定スケジュールに注目しましょう。

オンラインカジノ総合ランキング

当サイトが厳選に厳選を重ねた、2021年最新版のオンラインカジノランキングを発表しています。

初心者はもちろん、他オンラインカジノへの乗り換えも検討している方にも参考になるようランキング化しています。

各オンラインカジノのオススメポイントや、重要な入出金に関してなどを評価ポイントとしていますので、ぜひともご参考ください。

>>オンラインカジノ総合ランキングを今すぐチェック  

ベラジョンカジノ

  • 総合得点29点/30
  • 人気・エンタメ性 ★★★★★
  • 信頼度★★★★★
  • 日本語サポート力★★★★★
  • イベント/キャンペーン★★★★☆
  • 入出金の対応数★★★★★
  • サイトの利便性★★★★★

カジノシークレット

  • 総合得点28点/30
  • 人気・エンタメ性 ★★★★★
  • 信頼度★★★★★
  • 日本語サポート力★★★★☆
  • イベント/キャンペーン★★★★☆
  • 入出金の対応数★★★★★
  • サイトの利便性★★★★★

カジノエックス

  • 総合得点26点/30
  • 人気・エンタメ性 ★★★★☆
  • 信頼度★★★★★
  • 日本語サポート力★★★★☆
  • イベント/キャンペーン★★★★☆
  • 入出金の対応数★★★★★
  • サイトの利便性★★★★☆

-カジノ法案

© 2021 ベガスオンライン