オンラインカジノ入門知識

悪質なオンラインカジノの特徴を見分けて、安全にプレイしましょう

2020年1月22日

 

数あるオンラインカジノですが、中でも良いカジノと悪いカジノがあります。

悪質なオンラインカジノでプレイしてしまうと、サポートが利用できない、ゲーム画面が何かおかしい。バグが多い。

これらのトラブルが発生する可能性があります。

最悪の場合サイトが突然閉鎖してしまい、出金自体ができなくなった事例もあります。

本記事では悪質はオンラインカジノの見極め方や、利用してしまった場合の対処法などをご紹介していきます。

>>【厳選!】人気オンラインカジノランキングTOP10を今スグチェック!

 

悪質なオンラインカジノの特徴

悪質なオンラインカジノには、以下のような特徴があります。

こちらの内容は、実際の事例から特徴を羅列してあります。

悪質オンラインの特徴

・勝利金を払わない。

・システムの不具合、エラーなどといい払い戻しが遅れる。またはしない。

・ライセンスを所持していない。

・運営者情報がない。

アカウントが勝手に凍結される

・サポートが利用できない

このような事が起こったとき、その後に待ち受けているのは「サイトの閉鎖」です。

利用していたオンラインカジノが突然閉鎖されてしまえば、入金していたお金や勝利金の引き出しができなくなってしまいます。

上記のような特徴に当てはまるオンラインカジノを見つけたら、注意して利用しないようにしましょう。

悪質なカジノを避ける方法

過去の事例から、悪質なサイトを避ける方法をご紹介致します。

ライセンスの所持を確認する

オンラインカジノ運営にはライセンスが必要となります。

オンラインカジノの運営ライセンスは、カジノを合法としている国から発行される運営許可証のことです。

ライセンスを取得するには、厳しい審査をクリアし、ライセンス料を支払う必要があります。

運営ライセンスがないオンラインカジノは、違法サイトとなりますので、ライセンスがないオンラインカジノでのプレイは絶対に避けましょう!

新規参入してきたカジノは避ける

新規参入が悪いとか、怪しいと言いたいわけではありません。

カジノシークレットのように、オープンから1年ちょいでも人気、信頼度が高いオンラインカジノもあります。

しかし新しいオンラインカジノは一旦様子を見て、情報を集めてから利用を開始した方が安心。ということです。

払い戻しができない、システムエラーが多い、などをツイッターやネット掲示板の口コミで調査し、問題なさそうなら少額から利用するといいでしょう。

SNSなどで情報を定期的に集めておく

利用しているオンラインカジノの口コミで、払い戻しができない、または最近遅くなった。

などとという口コミを見かけたら、すぐに払い戻しし、様子を見ましょう。

今まで問題なかったオンラインカジノが、今後も安心で居続ける保証はありません。

日本語対応してない、またはマイナーオンラインカジノの利用は避ける。

まず「日本語対応しているサイトは安心」とか、「マイナーなオンラインカジノは怪しい」と言いたいわけではありません。

ここで言いたいことは「情報量に差が出る」ということです。

日本語対応してないサイトより、対応しているサイトの方が「日本人ユーザー数」が多いですよね。

またマイナーなサイトより、よく聞くようなサイトの方が「日本人ユーザー数」が多いです。

日本人の利用者が多い最大のメリットは「情報量」です。

日本人利用者が多ければ多いほど、なにかあったときグーグル、またはSNS(Twitter)などで検索した際、情報を集めやすくなるからです。

・○○のオンラインカジノは最近エラーが多い。
・払い戻しがいつもより遅くなった。
・サポートに連絡しても、最近返信が来なくなった。

おかしいな、と感じたらすぐにTwitterやネット掲示板を利用して検索してみましょう。

日本人利用者が多いオンラインカジノほど、情報は集めやすいはずです。

情報を集めた結果「うーん、怪しいかも?」程度の疑念でも湧いたら、スグに利用を停止しましょう。

お台場カジノでの事例を紹介

2006年頃「お台場カジノ」という日本語対応のオンラインカジノがオープンしました。

オープン当初は評判もよく、順調に見えましたが2009年頃から陰りが見え始めます。

ネット上で「払い戻しが遅い」と話題が上がり始めたのです。

それからしばらくしたあと、突然サイトが閉鎖され出金ができなくなりました。

「突然閉鎖され、」と表現しましたが兆候はすでにあったわけです。

ネット上で「出金が遅くなり始めた。」という話を見た段階でスグに出金すれば出金が遅くとも、

その後の閉鎖には巻き込まれなかったかもしれません。

これが日本語対応してないサイトや、マイナーなオンラインカジノの場合、日本人利用者が少なかったはずです。

日本人利用者が少なければ「払い戻しが遅い」という話題にすらなかったかもしれません。

情報量の少なさは実に致命的で、対応が遅れる可能性があります。

2009年より現在の方がSNSなどはポピュラーになっているので、情報は集めやすいでしょう。

このような理由から、日本人ユーザーが多いサイトを使った方がなにかと便利です。

ただ海外では利用者が多いが、日本人は少ないといったオンラインカジノの場合、英語がわかる方はこの限りではないかもしれません。

このあたりは自己判断となりますね。

「日本語にしか対応してない」「日本人へのサービスに特化しすぎている」サイトも避ける

現在の日本ではオンラインカジノはグレーゾーンです。

違法ではないが、合法でもない状態ですね。

オンラインカジノがプレイできるのは、海外に運営元がおり、そこで合法的に運営されているからです。

・日本国内に運営元がいる場合

・日本人のみをターゲットとしている場合

この2つにのパターンになるとグレーではなく「黒」になります。

完全に違法ということですね。

では日本国内に運営元がいなければ安心かといえば、実はそうではありません。

以下でスマートライブカジノの事例をご紹介します。

スマートライブカジノでの事例

スマートライブカジノでは、日本人ディーラーを採用し、日本語で日本人プレイヤーとコミュニケーションが取れました。

スマートライブカジノは運営元は海外でしたが、ターゲットはほぼ日本人のみです。

2016年3月、事件は起きました。

スマートライブカジノプレイヤー3名が逮捕されてしまったのです。

逮捕された理由は、運営元が日本人のみをターゲットにしていたため、「運営元が海外でも、これはもう国内のサービスだろう。賭博罪で違法だ。」との"見解"からプレイヤーの逮捕にまで至ったのです。

ただし、全員不起訴処分で終わっており罪に問われたプレイヤーは存在していません。

とはいえ、起訴されずとも逮捕される可能性があるオンラインカジノに近づくのはリスクがあります。

このように日本人に対して手厚すぎるサービスを展開しているオンラインカジノにも、注意が必要です。

注意ポイント

・ライセンスの所持を確認する
・新規参入のカジノは利用せず、一旦様子をみる
・定期的にツイッターやネット掲示板を使い情報を集める
・日本語対応してないサイト、マイナーなオンラインカジノは情報が集めにくいため避ける
・日本語にしか対応してないサイト、日本人のみに特化したサービスを展開している所も避ける

まとめ

今回ご紹介した点を気をつければ、悪質なオンラインカジノは避けることができるでしょう。

ただ、前述した通り今まで安心だったサイトが今後も安心で居続ける保証はありません。

ネットを使い定期的に情報収集をし、安心安全にオンラインカジノをプレイしましょう!

とはいえ、しっかりした管理の元運営されているオンラインカジノもたくさんあります。

当サイトでは、おすすめオンラインカジノもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

人気ナンバーワンカジノはベラジョンカジノ!

当サイトからのご登録で無料で30ドルプレゼント!
<ベラジョンカジノ当サイト限定キャンペーン!>
当サイトからご登録いただいた方にもれなく、 ベラジョンカジノで使えるボーナスをもれなく30ドル(約3,000円)を無料プレゼントします!
今すぐ登録して無料特典を受け取る!

ベラジョンカジノのアカウントを持っていなければ、必須で作りましょう。

ベラジョンカジは信頼性、イベント、人気ゲームの導入速度など、ほかオンラインカジノを圧倒しています。

ほかのオンラインカジノで遊んでも、結局最後には多く人がベラジョンカジノに戻ります。

オンカジユーザーに必須のサイトですので、まだの方はベラジョンカジノに登録しておきしょう!

-オンラインカジノ入門知識

Copyright© ベガスオンライン , 2020 All Rights Reserved.