ルーレット

シフトベットについて解説!アメリカンルーレットで使える攻略法。一瞬でベットできる方法も紹介します。

2020年8月3日

シフトベットについて解説!

 

ブラックジャックには「ベーシックストラテジ―」と呼ばれるディーラーのアップカードと自分の手札からヒットまたはステイのいずれを選択すれば勝率が高いかの指標となる戦略があります。

またバカラでは罫線を使って流れを読み、プレイヤーまたはバンカーのいずれにベットするかを判断するなどの戦略があります。

ブラックジャック」や「バカラ」と同じように、「ルーレット」にも同様な戦略が「シフトベット」と呼ばれるものです。

ここではシフトベットの詳細について説明をしていきます。

>>【厳選!】ルーレットでおすすめのオンラインカジノランキングTOP7を今スグチェック!

 

シフトベット(シフトベット法)の使い方

シフトベット」は「セクションストラテジー」「ゾーンストラテジー」などの言われ方もする戦略です。

ヨーロピアンルーレットで用いられる「ネイバーベット」も「シフトベット」の一つです。

「シフトベット」はルーレットのゲームの流れや出目の傾向を利用したベット法です

前回の出目に近いエリアの数字が出やすいか、近い数字は連続しない傾向にあるかとの予測を直近の数ゲームの傾向から読み解きベットしていきます。

同じ9個から10個の数字をストレートアップでベットするにしても、直感でひらめいた数字や好きな数字にベットし続けるより、エリアを決めてどのエリアの出現率が高いかを予測してベットした方が的中効率があげられるのです。

アメリカンスタイルのルーレットで使われる

「シフトベット」は、ダブルゼロのアメリカンルーレットで使われます。

一方、ヨーロピアンルーレットでは、同様の考え方で「シフトベット」を行う方法がありますが、これは「ネイバーベット」と言われることが多いです。

どちらも考え方、戦略の手法は同じものです。

また、「ネイバーベット法」と言われるものもあり、これも「シフトベット」の一つです。これは、ヨーロピアンルーレットにおいて「スプリット」と「ストレートアップ」を組み合わせ、エリア分けをしてベットをする手法です。

ポイント

「シフトベット」と「ネイバーベット」の違いは、遊ぶルーレットが「ヨーロピアン」か「アメリカン」かの違いとの理解で十分。

▼ネイバーベットについてはこちらをご覧ください。

ルーレットのネイバーベットについて。一瞬でネイバーベットができる方法も解説します
ネイバーベット(ネイバーベット法)の使い方を解説。ヨーロピアンルーレットで使えるネイバーベットのメリットデメリットや、一瞬でネイバーベットができる方法もご紹介します。
ルーレットの基本を学ぶ ルーレットの基本ルール ルーレットのベット方法 ネイバーベット シフトベット ルーレット必勝法・攻略法の全14選 ルーレットの空回し   「ルーレット」で遊んでいると ...

続きを見る

まずはホイールを4分割する

アメリカンルーレットでは「0」と「00」のグリーンのスポットはホイール上で対称の位置に配置されています。

「0」と「00」と「1~36」の合計38の数字で構成されるホイールです。

「シフトベット」では、このホイールを「0」と「00」を含むエリアは10個の数字、含まないエリアは9個の数字で4分割します。

Aエリア…「23,35,14,2,28,0,9,26,30,11」
Bエリア…「7,20,32,17,5,22,34,15,3」
Cエリア…「24,36,13,1,00,27,10,25,29,12」
Dエリア…「8,19,31,18,6,21,33,16,4」

Aエリア「0シフト」…「23,35,14,2,28,0,9,26,30,11」

Aエリアは、「23,35,14,2,28,0,9,26,30,11」の10個の数字で構成されます。

エリアを覚えるためには「伊藤兄さん」と覚えるとエリアの端の「11」と中心の「0」で「イトウ」、もう一つの端の「23」で「兄さん」と覚えると覚えられます。

配置は第1 ダズンのみ「2」「9」「11」と覚えると第2ダズンと第3ダズンは規則性があります。第2ダズンは「中両端赤」第3ダズンは「十字架」と覚えると覚えやすいです。

Bエリア「753シフト」…「7,20,32,17,5,22,34,15,3」

Bエリアは、「7,20,32,17,5,22,34,153」の9個の数字で構成されます。

Bエリアは両端と中心の数字で「七五三」と覚えます。

配置は「右下がり」と覚えます。

第1ダズンは右下がりで4列目なし。

第2ダズンは中連続の右下がり。

第3ダズンは最後の2列の右下がりと覚えます。

Cエリア「00シフト」…「24,36,13,1,00,27,10,25,29,12」

Cエリアは、「24,36,13,1,00,27,10,25,29,12」の10個の数字で構成されます。

エリアは、両端と中心の「00」から「24時も00時も12時」と覚えると覚えられます。

配置は「端っこと三角」と覚えると覚えやすいです。

第1ダズンは「端っこデルタ(△)」

第2ダズンは右上がりの「対角線」

第3ダズンのみ「△上点」と覚えます。

Dエリア「468シフト」…「8,19,31,18,6,21,33,16,4」

Dエリアは、「8,19,31,18,6,21,33,16,4」の9個の数字で構成されます。

両端と中心の数字から「ヨーロッパ」と覚えると「4,6,8」が覚えられます。

配置は「真ん中」と覚えると覚えやすいです。

第1ダズンは「中三角」

第2ダズンは「中四角」

第3ダズンは「中右上下」と覚えると覚えやすいです。

傾向を観察する

シフトベットを行うためにはまずは傾向を探ります。

傾向を探るのに最も有効なのは履歴の確認です。

ポイント

履歴の表示されるルーレットでは、履歴を確認して同じエリアが連続するのか、はたまた連続傾向にないのかといった事柄を確認します。

ランドカジノではアメリカンルーレットが主流と言われていますが、実際は地域性があります。
同様にオンラインカジノでの主流は、ヨーロピアンルーレットです。

特にライブルーレットの大半はヨーロピアンルーレットが行われています。

その為アメリカンルーレットを探すとなるとソフト版ルーレット(ディーラーがいないルーレット)を利用することになります。

注意ポイント

ソフト版ルーレットの場合は履歴が表示されないものもある。

このような場合、から回し(ベットしなくてもルーレットをスピンできる)ができる場合は、数ゲームから回しして傾向を探る。
できない場合は「赤」「黒」ベットにベットをして傾向を探るのが効果的。

ボールが落ちたエリアにベットするか?それ以外のエリアにベットするかを判断する

これまでの傾向から、ボールが落ちたエリアが連続するか、連続しないかの予測をします。

連続すると判断した場合は、同一エリアの9個、または10個の数字全てにベット。

逆に連続しないと判断した場合は、残りの3つのエリアから一つを選択し、同様に選択したエリアの9個、または10個の数字全てにベット。

ソフト版ルーレットは同じタイミングでスピンさせる

「0」がこの位置に来たらスピンをすると決めて同じタイミングでスピンをするのも一つの方法です。ソフト版のルーレットの出目は何をもとに決められているのかは定かではありません。

スピンのタイミングとするならば、同じタイミングで押すことが結果に影響を与えるかもしれません。

信じるも信じないもあなた次第といった要素ですが、勝ちに対する執着は幸運を呼び込みます。

シフトベットをシミュレーションで実践する

アメリカンルーレットのソフト版で実践をしてみました。ゲームを立ち上げると履歴は表示されていません。また、ベットしないとスピンもできないので、「黒」に1ドルベットをして傾向を探ります。

傾向を探る意味でも「黒」に5回連続で1ドルをベットします。

その結果は?

  • 1回目→黒「13」(Cエリア)
  • 2回目→赤「27」(Cエリア)
  • 3回目→赤「30」(Aエリア)
  • 4回目→赤「7」 (Bエリア)
  • 5回目→黒「17」(Bエリア)

5回の「赤黒ベット」の結果はこのようになりました。

アメリカンルーレットでシフトベットを実践

5回のベットを通じて得た情報から次に出るエリアを予想してシステムベットを実践します。履歴が少ないながらも出現した傾向をたよりに予測を立てていきます。

1ゲーム目

5回のスピンでDエリアは1度も出現がなく、連続も2連続となっています。「Bエリア」の3連の可能性もあるが、出ていない「Dエリア」の出現がそろそろと予想しました。

Dエリアの「8,19,31,18,6,21,33,16,4」に1ドルずつベットします。

結果

赤「16」(Dエリア) 見事的中 収支はプラス27ドル

2ゲーム目

6回のゲームで2連続の出現は2回、もう一度Dエリアと予測します。

先ほどと同じようにDエリアの「8,19,31,18,6,21,33,16,4」に1ドルずつベットします。

結果

黒「20」(Bエリア) ハズレ! 収支はプラス18ドル

3ゲーム目

これまで連続2回、別エリア5回の結果から、別エリアであると予測します。Bエリア同様にCエリアは連続しているので、これまで連続していないAエリアを選択します。

Aエリアの「23,35,14,2,28,0,9,26,30,11」の数字全てに1ドルをベットします。

結果

黒「20」(Bエリア) ハズレ! 収支はプラス8ドル

4ゲーム目

予想が裏目に出たので、再びBエリアと予測します。Bエリアへの偏りがあるとの判断です。

Bエリアの「7,20,32,17,5,22,34,15,3」にそれぞれ1ドルベットします。

結果

黒「18」(Dエリア) ハズレ! 収支はマイナス1ドル

5ゲーム目

Bエリアが一番出ているので、Bエリアににベットします。4ゲーム目に外れたら追うぞと決めていたこともあります。

Bエリアの「7,20,32,17,5,22,34,15,3」にそれぞれ1ドルベットします。

結果

黒15(Bエリア) 的中!! 収支はプラス26ドル

シフトベットのメリットとデメリット

「シフトベット」も他のベット方法と同様に「メリット」と「デメリット」が存在します。

どんなメリットがあって、どんなデメリットがあるのかをしっかり把握しているのと、把握していないのでは結果に差が生じます。

「シフトベット」の特徴の理解のためにもしっかりと覚えておくことが必要です。

シフトベットのメリット

「シフトベット」のメリットを二つ紹介します。

3回に1回勝てればプラスになる

シフトベットのメリット

メリット

「シフトベット」を行った場合、的中すれば収支は26ドルまたは27ドルのプラスとなります。

その為、4回に1回の的中では収支は若干のマイナスになります。

そして3回に1回的中できれば収支はプラスを推移することになります。

理論上は約1/4の確率で的中させられますが、流れや傾向をつかんで1/3で的中させられれば収支はプラスになります。

複数ベットで勝率を上げやすい

シフトベットのメリット

メリット

「ストレートアップベット」では1/38の的中確率ですが、「シフトベット」の場合は、9/38または10/38の確率で的中させることができます。

複数ベットなので自ずと的中率が上がります。

しかしこれ以上ベットする数字の数を増やすと的中率は上げられますが、せっかく的中してもそれほど利益を上げられなくなります。

ちょうどよいバランスの選択が「シフトベット」では行われているのです。

シフトベットのデメリット

メリット同様にシフトベットのデメリットも知っておく必要があります。メリット同様に代表的なデメリットを二つ紹介します。

複数賭けるため負け続ければ損失が大きい

シフトベットのデメリット

1回のベットにかかる掛け金額は1ドルベットの場合で、9ドルまたは10ドルになります。

2連敗で18~20ドルの損失、3連敗で、27ドル~30ドル、5連敗となると45~50ドルと損失はあっという間に膨らむことになります。

デメリット

「シフトベット」は連敗が続くと資金を大きく減らしてしまう可能性が高い。

チップの配置が複雑で覚えにくい

シフトベットのデメリット

チップの配置が各エリアで異なり覚えるのが大変です。覚える手掛かりとなる要素はありますが、やはり各エリアの配置を覚えるのは大変と言わざるを得ません。

ただし、ソフトによってはお気に入りのベットを登録できるものもあります。

同様にシフトベットが選択できるソフトも存在します。残念のはすべてにこの機能がついていない点です。

デメリット

「シフトベット」のチップの配置は複雑で覚えにくい。

ただし、オンラインカジノのライブカジノで人気の「ライトニングルーレット」においてはお気に入り機能が使用できます。

ここではお気に入り機能を用いてワンタップでまとめてベットする方法をご紹介します。

一瞬でシフトベットでベットする方法

ここでは人気のエボリューションゲーミング社のライトニングルーレットのお気に入り機能のやり方について解説していきます。

▼左下の☆マークをタップします(スマホ版)

▼お気に入りのベットが出てくる

ここで好きなチップの配置を保存することができます。

保存は最後にベットした箇所が保存できますので、最初は手動でシフトベットの配置にチップを置く必要があります。

▼最初からいくつかのベット方法も用意されています。

19-36を使ってベットしてみましょう。

▼19-36を使用してみました

ワンタップでまとめてベットできます。

最初から用意されたベット方法を使ってもいいですし、お気に入りに各シフトベットの方法を保存して使用してもOK!

こうしておけば、自由自在にお気に入りのベット方法をワンタップで行うことができます。

▼ちなみにPC版の場合はこのように右下側「☆」が表示されます。

▼PC版はスマホ版と使い方は同様です。

スマホ版と同様、お気に入りのベットもできます。

▼最初から用意されているベット箇所も同じです

まとめ

「ルーレット」をはじめとするテーブルゲームの醍醐味は、資金が増えることです。資金が増えるためには「連勝」がカギになります。

「ルーレット」の魅力は、「シフトベット」を利用すれば連勝で増える資金がベット額の「倍」ではない点です。

「バカラ」「ブラックジャック」の2倍に対して、ルーレットはその倍の4倍に資金を増やすことができます。

当然「バカラ」や「ブラックジャック」よりは的中確率は下がりますが、傾向を読み出目のエリアを予測することで的中率を向上させられれば、連勝も十分に狙えます。

「バカラ」の「罫線を読む」、「ブラックジャック」の「ベーシックストラテジ―」と同様に「ルーレット」の「シフトベット」をマスターすることで、勝率の向上はもちろん、ゲームの楽しさも広がること間違いなしです。

カジノの女王様ルーレットでおすすめのオンラインカジノは?

ルーレットでおすすめのオンラインカジノランキング

ルーレットはカジノの女王様と言われる、カジノでとても人気の高いカジノゲームです。

シンプルなルールながら多彩な賭け方や専用の攻略法・必勝法など、突き詰めれば突き詰めるほど面白さが増してくるカジノゲームとなっています。

豊富な種類も用意されているので、特に今オススメしたいルーレットをオンラインカジノ別にご紹介しています。

▼詳しくはこちら

【カジノの女王様といえばルーレット!おすすめのオンラインカジノランキングTOP7をご紹介】

-ルーレット

Copyright© ベガスオンライン , 2020 All Rights Reserved.