ベガスオンライン

ルーレット

ルーレットにおいて連続出目の世界記録、確率論、連続時の戦略とその確率についてまとめてみました。

ルーレットにおいて連続出目の世界記録、確率論、連続時の戦略とその確率についてまとめてみました。

 

ルーレットで遊んでいると信じられないほどの連勝を重ねることがあります。

同じように信じられないほどの連敗を経験することもあります。

連勝や連敗と同じようにルーレットでは、同じ色が連続したり、奇数が連続したりが信じられないほど続くことがあります。

今回はルーレットの連続する出目の記録とその確率について解説をしていきます。

椿
連続の世界記録はすごいよ!
気になります!さっそく見ていきましょう!!
アマギ

>>【オンラインカジノ診断】あなたに最も適したオンラインカジノとは?

 

ルーレットで連続出目が続いた世界記録

世界記録

ルーレットで遊ぶ機会の多い人は、赤の連続や黒の連続を目にする機会をすでに経験していることと思います。

5連続、6連続は、まだかわいい方で、時に10数回もの連続に出会うこともあります。

世界中で楽しまれているルーレットですから世界記録はいったい何連続なのでしょう。世界記録を調べてみました。

公式世界記録=27

ルーレットで出目が連続した記録はモンテカルロのあるカジノで1913年に記録されました。

なんと黒が連続して27回出現したのです。現在のところ、黒の27連続が公式の世界記録となっています。

100年ほど前の記録が世界記録となっていることからも、めったに出現するものではないと想像できますが、27連続というのは驚きです。

非公式記録=51

もう少し視野を広げる意味で非公式と言われる記録も調べてみると、ドイツのバートホンブルグで黒が51回連続したという記録や、モンテカルロで赤が38回連続したとの記録があります。

いずれも公式記録ではないので信憑性が確かかどうかはわかりませんが、事実とすればとんでもない記録です。

アマギ
世界記録すごいですね!非公式もこれが本当ならとんでもない記録です。

確率論でルーレットの連続出目を見てよう

数字(確率)で見る勝ち方

ルーレットで同じ色が連続する確率は、確率論で求めることができます。

確率論を用いてその確率を確認し、今後も起こりうるのかみていきましょう。

確率論とは数学的モデルでの解析学問

確率論とは?

確率論とは偶然に起こる現状に対して、数学的なモデルを使って解析する学問のことです。

この確率論の面白いところはギャンブルと強いつながりがあり、1560年代に賭博師が初めて系統的に確率論を論じたとされています。

連続27回出た世界記録の確率は約1億分の1

ちなみに非公式の51連続の確率は、約225,179,981,368,524分の1の確率です。

わかりやすく表記すると約225兆分の1であり、天文学的なとんでもない数字ですよね。

ルーレットは種類によって出現確率が変わるので注意

ホイールのポケット数が違う

ルーレットはヨーロピアンルーレット、アメリカンルーレットなど複数の種類があります。そのためルーレットの種類によって出目が連続する場合の確率は変わります。

0の数がルーレットの種類によって異なるので確率に影響を与えることになるのです。

ルーレットの種類別に確率の求め方やその確率を知りたい場合は、下記の記事を参考にしてください。

▼ヨーロピアンルーレットでの確率については以下をご参考ください。
>>ヨーロピアンルーレットの確率、配当、連勝確率、連敗確率について解説!

▼アメリカンルーレットでの確率については以下をご参考ください。
>>アメリカンルーレットの確率、配当、連勝確率、連敗確率について解説!

出目が連続で出現した時の有効な考え方

出目が連続で出現した時の有効な考え方

ルーレットで遊ぶ際に世界記録の黒の27回連続などの事象が起こることはほぼないと考えて大丈夫です。

しかし4連続や5連続、時に10回を超える連続は起こりうると考えるべきです。

そのような場面に遭遇した場合にどのように考えるのが有効なのか、どのようなベットが有効なのか解説していきます。

ツラを追って勝率をアップ

ルーレットのツラ

赤→赤→赤などのように同じ色が続くことをツラ(連)といいます。ルーレットには流れがあり、それは出目の状況に現れます。

この状況をうまく把握することができれば勝率があげられ、逆に把握できなければ勝率が下がることになるのです。

この意味でツラ(連)は非常に重要なポイントです。ツラ(連)を理解して、有効活用することができれば自ずと勝率が上がるのです。

この点について詳しく知りたい人は別記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

▼ルーレットのツラ(出目)に関して詳しく知りたい方は以下をご参考ください。

>>ルーレットのツラ(出目)を利用して勝率を高める方法を解説!

大数の法則で冷静に考える

ツラ(連)の有効活用と同時に大数の法則が働くことを理解しておかなければなりません。

大数の法則とは、少ないゲーム数では理論上の確率とならなくとも、ゲームを繰り返し行うことを続けると、その結果は必ず理論上の確率に近づくという法則です。

つまりいつまでもツラは続かないので、引き際が肝心となるのです。

この大数の法則についても別記事で詳しく解説をしていますので、興味のある方はぜひ参考にしてください。

▼大数の法則に関して詳しく知りたい方は以下をご参考ください。

>>ルーレットで使う『大数の法則』の利用方法を解説!

ルーレットで出目が続いた時のオススメの攻略法

ルーレット

ルーレットには勝率を高める攻略法が複数存在します。当然同じ出目が続く場面に遭遇した際にオススメの攻略法もあります。

これらの攻略法を用いて、勝ち分をさらに大きく増やすことも可能です。反対に負けている場合でも損益を減らす攻略法が存在します。

そこで攻略法の中からオススメの攻略法をいくつか紹介します。

98.48%法(2/3ベット法)

98.48%法の特徴

98.48%法(2/3ベット法)は、3倍配当のコラムベット、またはダズンベットを利用した攻略法です。

同じダズン、または同じコラムが3連続で出現した際に利用します。同じコラムが4連続する確率は約1.52%です。

つまり約98.48%の確率で出現していない数字が出ることになるので、出現していないコラムまたはダズンの2箇所にベットをします。

高い勝率が期待できますが、出現する機会はそう多くないため機会を待つ忍耐力が必要な攻略法です。

▼98.48%法(2/3ベット法)について詳しく知りたい方は以下をご参考ください。

>>【98.48%法(2/3ベット法)】勝率約98.48%の最高勝率必勝法

パーレー法(逆マーチンゲール法)

パーレー法

パーレー法はベットが的中した場面で使用する攻略法です。的中した配当金をすべて次のゲームにベットします。

例えば赤で10ドルベットして的中した場合は、20ドルの配当を得ます。その20ドルを次のゲームでベットします。

的中すれば、40ドルの配当を得られることになります。

このように成功すると大きく資金を増やすことができる攻略法ですが、失敗すると損失も大きい攻略法になります。

▼パーレー法(逆マーチンゲール法)について詳しく知りたい方は以下をご参考ください。

>>【パーレー法(逆マーチンゲール法)】短期決戦で利益を狙う必勝法

マーチンゲール法

マーチンゲール法

マーチンゲール法は負けたゲーム時ゲームで、倍額をベットする攻略法です。倍プッシュすることで先のゲームの負け金額を取り戻すだけでなく、収支をプラスにすることが可能な攻略法です。

連敗が続くと雪だるま式に賭け金が増えるデメリットがありますが、1回の的中で損失を取り戻すだけでなく収支をプラスに転化させることができる攻略法です。

▼マーチンゲール法について詳しく知りたい方は以下をご参考ください。

>>【マーチンゲール法】理論上負けない必勝法

まとめ

ルーレットで遊ぶと赤→赤→赤や奇数→奇数→奇数などのように出目が連続することがあります。

世界記録は公式記録で黒の27連ですが、これはほぼ起こらないと考えられる事象です。

出現確率は約1億4千万分の1の確率。年末ジャンボ宝くじが6回以上当たる確率になるのです。

そう考えればこのような連続はないとの想定でゲームを行えると言えることになります。

しかし4連や5連、時に10連といった連続は決して珍しい事ではありません。このような場面に遭遇した場合は、ツラに乗る利用がはまれば大勝につなげられます。

もしパーレー法でツラに乗ったらとんでもない配当が得られますがこれは夢物語。適度なツラを効率的に活用し、ルーレットの勝率をあげていきましょう!

どのオンラインカジノにしたらいいかお悩みの方へ

診断コンテンツ

当サイトでは、最も自分にあったオンラインカジノを診断できます。

テーブルゲームに強いオンラインカジノ、スロットに力を入れているオンラインカジノなど、各種オススメサイトをランキングしています。

さっそくご自分に最もあったオンラインカジノを診断してみてください!

>>今すぐオンラインカジノ診断をしてみる

-ルーレット

© 2021 ベガスオンライン