ベガスオンライン

ルーレット

ルーレットで損切りできる人、損切りできない人の違いや損切りできるようになる方法をご紹介します。

ルーレット 損切り

 

投資やギャンブルにおいて損切り(ロスカット)はとても重要な役割を果たしており、大切な資金を守る一番の方法ともいえます。

ルーレットでも損切りはとても重要なので、損切りができる人は稼ぎやすいのです。

損切りできる人、損切りできない人の特徴やできるようになる方法など、ルーレットに必須の方法をご紹介しています。

>>【厳選!】ルーレットでおすすめのオンラインカジノランキングTOP7を今スグチェック!

 

ルーレットの損切りとは

損失

ルーレットはあくまでギャンブルの一種ですが、投資と同じような考え方で稼ぐこともできます。

投資として考えれば楽しむことよりも稼ぐことを目的としますが、コツコツと利益を積み上げていくこともできるでしょう。

ルーレットを投資と同じように考えるならば、適切なタイミングでの損切りはとても重要です。

損切りが得意という人は多くないと思いますが、少し考え方を変えればできるようにもなりますよ。

▼ルーレットの基本ルールを知りたい方はこちら

>>ルーレットの基本ルール、遊び方、流れを完全解説!

ルーレットで損切りができない人の特徴

まずはルーレットで損切りができない人とは、どういった特徴を持っているのか見ていきましょう。

ゲームに熱中しすぎてしまう人

ゲームに熱中しすぎる

ルーレットに熱中しすぎると、周りが見えなくなってしまい冷静な判断ができなくなります。

このような状況ではイケイケでチップを賭けていくことになりますので、損切りはできないでしょう。

一部の資金を失うだけならまだしも、損失を取り戻すことができなくなるまで失ってしまう人もいるほどです。

資金管理がうまくできていない人

資金管理がうまくできない

資金管理がうまくできていない人は、どのタイミングで損切りをすべきかがわかりません。

適切な資金管理ができていれば、一定のラインを超えた段階で損切りをすべきと判断できます。

基準となる数字や、手持ち資金の状況がわからないままでは損切りもできないのです。

必ず利益を出すと頑固になる

1ゲームの利益に固執する

カジノゲームはギャンブル、とはいえどやはり投資のように利益に固執してしまいがちですよね。

ですが、投資ですら一時的に損益がマイナスになることもありますし、一時的に大きく利益が出ることもあります。

これを繰り返してトータルで利益を出すことが重要なので、1ゲームごとの利益に固執していると損切りはできませんよね。

ルーレットで損切りをすべき理由

なぜルーレットで損切りをすることが重要なのか、いくつかの理由をご紹介します。

大切な資産を失わないようにするため

資産

損切りができない人は、負けをどうにかして取り戻そうとしますよね。それでも負け続けると大切な資産がどんどん目減りしていきます。

これを防ぐことができるのは、適切なタイミングでの損切りなのです。

損切りをすると一時的にマイナスにはなりますが、大きく資産を失わないための重要な資金管理でもあるのです。

損切りをして次のゲームへ繋げるため

資金を確保

損切りをすれば一定の資金を確保することができますので、次のゲームで資金を使うことができるようになります。

1ゲームで大きく損失が出てしまうと、その後のゲームで損失を取り戻すことはできませんし、利益はもちろん出せません。

あくまでルーレットが稼ぐことを目的とするならば、ゲームを続けてトータルで勝つようにすることが重要です。

ルーレットで損切りができるようになる方法

損切りはルーレットだけではなく、投資などにおいても難しいことです。

簡単にできるようにはならないでしょうが、少し考え方を変えるだけでできるようにもなるでしょう。

ゴールを決めてからゲームをプレイする

ゴール

1ゲームごとではなく、ルーレットをプレイするにあたってトータルでどんな目標を立てるのかはとても重要です。

目標利益はもちろんのこと、損失額も事前に決めておくことで数字を意識することができます。

損切りは適切なタイミングでやめることが重要なので、いくらで損切りすべきか数字を意識するようにしましょう。

システムベットを利用する

マイルールを決めて守ることができればいいのですが、それが難しいという人もいますよね。

そんなときはルーレット必勝法を含めた、システムベットを利用するのが良いでしょう。

ハーフストップ法

ハーフストップ法の手順

ハーフストップ法は目標利益を達成したあとから実戦する必勝法です。

目標利益を達成したら、使用可能な賭け金を半分、確保金として使わない資金を半分にします。

このうち、使用可能な賭け金だけを使っていき、全て失ったときにはゲームを終えるようにします。

必ず目標利益の半分は確保できているので、資金を全て失うようなこともないでしょう。

▼ハーフストップ法の詳細はこちら

>>【ハーフストップ法】損失を抑えて利益を確実に確保する必勝法

イーストコーストプログレッション法

使い方・賭け方

イーストコーストプログレッション法は利益の半分を常に確保金として使わないようにしておく必勝法です。

2連勝したあとからスタートし、その後に得た利益の半分を確保金として保管しておきます。

これを繰り返すことで常に利益の一部を残しておけるので、負けても利益を得た状態で終えることができます。

▼イーストコーストプログレッション法の詳細はこちら

>>【イーストコーストプログレッション法】バランス抜群の必勝法

ルーレットの損切りが苦手な人向けの必勝法

ルーレットの損切りが苦手な人は、損失を膨らませないための必勝法などを使うと良いでしょう。

グッドマン法(1235法)

グッドマン法とは

グッドマン法は連勝時に賭け金を変動させて、リスクを軽減しながら利益を増やしていく必勝法です。

1ドルからスタートして、連勝すると「2ドル→3ドル→5ドル」と賭け金を増やしていきます。

最大でも5ドルなのでリスクは少ないうえ、負けたら1ドルに戻すので損失も抑えられるような仕組みです。

▼グッドマン法(1235法)の詳細はこちら

>>【グッドマン法(1235法)】手堅く堅実に勝つ必勝法

ピラミッド法(ダランベール法)

pyramid_act

ピラミッド法は5ドルや10ドルからスタートして、勝てば1単位減らし、負ければ1単位増やす必勝法です。

勝った場合には利益を確保するため賭け金を減らしつつ、負けた場合には損失を取り戻すために賭け金を増やします。

この賭け金の増減がまるでピラミッドのように見えることから、ピラミッド法といわれています。

▼ピラミッド法(ダランベール法)の詳細はこちら

>>【ピラミッド法(ダランベール法)】数学者が開発した必勝法

31システム投資法

31システム投資法とは

31システム投資法では、合計31ドルの賭け金を9つに分割して順番に賭けていく必勝法です。

1ドルからスタートし、ゲームの勝敗によって賭け金を変動させていきます。

2連勝するだけで利益が確定しますし、最大でも31ドルの損失に抑えられる優秀な手法の1つです。

▼31システム投資法の詳細はこちら

>>【31システム投資法】2連勝するだけで必ず利益が出る必勝法

まとめ

ルーレットにかかわらず損切りは精神的ダメージもあるため、難しいとされています。

当然、勝ってゲームを終えられるならばそれが一番ですが、100%勝ち続けることはできませんよね。

損切りをマスターすることで資金効率を上げて、コツコツと利益を積み重ねていくことができるようになります。

トータルで見たときに損失よりも利益が上回っているように、損失を抑えることがとても重要になってきますよ!

ルーレットで勝ちたいならこのオンラインカジノ!

ルーレットで勝ちたいなら、おすすめのオンラインカジノがあります。
ルーレットで勝てる、おすすめのオンラインカジノTOP7とは?

>>ルーレットでおすすめのオンラインカジノカジノランキングTOP7

-ルーレット

© 2021 ベガスオンライン