6号機

6.5号機の変更ポイントと注意点をできるだけ簡単に解説!今後のパチスロも考察します。

2022年3月22日

6.5号機の変更ポイントと注意点をできるだけ簡単に解説!今後のパチスロも考察します。

何かとマイナスな話題がよく出る6号機界隈ですが、2022年1月頃からパチスロ6.5号機の型式試験申請が開始されました。

気になる6.5号機で何がどうのように変更されたのか、メリットや今後の予測なども一緒に考察していきます。

できるだけ専門用語を省略し、簡単な用語で解説していきます。

ななちゃん
ざっくり確認しておけば問題なし
知識あっても勝てないからね
Mr.リス

6.5号機の変更点

ルール

6.5号機で覚えておきたいポイント

  • 有利区間内の差枚で+2,400枚が出玉リミットになる
  • 有利区間が最大4,000Gに延長になる

この2点が6.5号機の主な変更点になるので確認しておきましょう。

5号機終焉の頃から存在しているややこしい有利区間も、そろそろ慣れてきた頃かと思います。

6号機の主な規制はこの有利区間によるもので、これが緩和されたり新ルールが追加されたりするのが現6号機のトレンドです。

※有利区間についてはこちらで詳しく解説しています。

>>6号機の有利区間について解説!

6.5号機の差枚数を解説

6.5号機の差枚数を解説

6.5号機の変更点で最も重要な、有利区間内の払出し条件が差枚数となった事を解説します。

例えば-900枚の段階でATがスタートした場合、これまでの6号機と6.5号機で、最大出玉枚数がどのように違うのかをスランプグラフで比較してみます。

▼これまでの6号機の獲得枚数

▼6.5号機の獲得枚数

これまでの6号機の獲得枚数

これまでの6号機では、どれだけマイナスしていようが一撃2,400枚を払出すと連チャンは強制的に終了してしまい、有利区間リセットになります。

例の通り、投資が-900枚で獲得2,400枚なので最終的に1,500枚がプラスになっている状態です。

6.5号機の新基準だと、有利区間内に投資した分も込みで、差枚数+2,400枚になるまで獲得できます。

つまり-900枚の時点でATがスタートした場合の一撃最大獲得枚数は3,300枚となります。

プラス差枚からの連チャンについて

プラス差枚からの連チャンについて

こちらのグラフは、

①-900枚
②+1,500枚
③-300枚

この順番で出玉があった状態です。つまり現在差枚数は+300枚の状態となります。

▼6.5号機の場合ここから連チャンがスタートして獲得できる最大枚数は、2,100枚になります。


同一有利区間内が条件になりますが、プラスの状況だと一撃獲得上限は少なくなります。

どこから連チャンがスタートしても、有利区間内の差枚が+2,400になった段階でリミット到達となり、有利区間リセットです。

専門用語でいうと「MY2,400から差枚2,400」になったという事なのですが、グラフをイメージするとこんな感じに違いが出ます。

ななちゃん
デメリットのない緩和ではあるね
ただし、あくまでも最大獲得枚数の話なので注意
Mr.リス

6.5号機の有利区間G数を解説

ペン

こちらはややこしい話でもないので、リセットされるまでの最大有利区間G数が伸びたよ、というだけ。

これまでの6号機有利区間G数を一覧でまとめます。

最大有利区間G数

代表的な機種

6.0~6.1号機

1,500G

リゼロなど、2021年8月までは6.1号機以内

6.2号機

3,000G

マジハロTOT、アネモネ、沖ドキ!DUO

6.5号機

4,000G

なし

こちらもデメリットのない規制緩和なので、最大有利区間G数が伸びる事で低純増系の機種が増える傾向にあります。

かといって、高純増タイプに制限が出るという事もないので、ゲーム性にバリエーションが出ます。

メリットしかないので素直に喜んでいいでしょう。

Mrリス
そもそも有利区間の存在を喜べない

6.5号機の規制緩和によるメリット

ブラックジャックにおけるマーチンゲールのメリット

メリット1:一撃上限の緩和

リミットがなくなったわけではないですが、6号機規制では初の出玉上限に関する規制緩和です。

上限突破は微増とはいえ、有利区間も延長した事で5号機マイルド系の機種と同じような感覚で遊ぶ事もできるかもしれません。

これまで何度も嘆かれてきた、6号機2,400枚上限ですが、6.5号機では一撃4,000枚程度までは現実的に可能な数値になりそうです。

メリット2:強制終了条件に到達しにくい

6号機が不人気である理由が、強制エンディングの存在です。

出玉のリミットもそうですが、有利区間のG数が短い事で出玉リミットにすら到達しないで強制エンディングになる事もありました。

▼2,000枚すら到達しないエンディングは心が折れる

6.5号機

どちらにしても、強制終了はスロッターの心を簡単に砕きます。我々そんなに強くない。

6.5号機の規制緩和では、G数でも出玉上限でもリミットが遠くなったので、強制終了が少なくなるのはいい緩和だと感じます。

メリット3:ゲーム性が大幅に広がる

これまでの6号機の規制緩和は、有利区間G数の延長程度だったので大きな変化はありませんでした。

今回の6.5号機緩和では、低純増機も高純増機も、またハイブリット型の純増変動系の機種まで広くゲーム性の改良が予想されます。

話題の新台は集客面でも効果があるので、ホールに人が戻る事も期待されますね。

ななちゃん
予想もしないゲーム性の登場求む
6.5号機でGODの噂も…
Mr.リス

6.5号機の規制緩和の注意点

注意

注意1:機械割や出玉速度の緩和はない

出玉上限が多少緩和されようと、出玉試験の内容に変更はありません。

▼6号機の出玉試験の内容

試験ゲーム数

下限出玉率

上限出玉率

400G

33.3%

220%

1,600G

40%

150%

6,000G

50%

126%

17,500G

60%

115%

何万回転もある試験遊技中、どこのゲーム間を切り取ってもこの出玉率内でないと試験に落ちてしまいます。

6号機はこのように、出玉の上限も下限もかなり厳しく制限されているので、例え6.5号機で規制緩和があったとしても出玉のテンポ感みたいなものはこれまでと変化はありません。

ピンとこない方もいるかもしれませんが、同一有利区間内で-7,600枚吸い込んでから+差枚2,400出せば一撃万枚みたいな、めちゃくちゃなスペックは出せません。

注意2:規制緩和は同一有利区間内での話

差枚数で出玉のリミットとなった事で、ハイエナが有効と考えるかもしれません。

しかし有利区間がリセットされてしまえば、蓄積されたマイナス分もリセットされる可能性が高いです。

これまで以上に機種ごとの特徴をどれだけ知っているか、という知識の差が大きく勝敗を分ける事になる。

そうなると割を食うのは一般ユーザーになってしまうので、結果ユーザーの二極化が進みそうです。

ゲーム性の広がりは、そういったデメリットも含んでいる事を忘れてはいけません。

ななちゃん
みんなが楽しめるスロットを作るのは難しそう

6.5号機のゲーム性予想

6.5号機のゲーム性予想

当然今回の目玉である、一撃2,400枚を超える可能性をプッシュした機種が多くなってくると予想しています。

一撃上限が差枚数であるという事は、多少吸い込んだ方が出玉は派手に見えます。

そして見た目の派手さは、新規ユーザーの獲得につながります。

低設定でも稼働があり、吸い込んだだけ派手に出してくれる、そんな機種をホール側は待ち望んでいるはず。

▼はい、GODシリーズですね。間違いないです。

GOD

GODシリーズ以外にも、従来機の上位互換に調整できるので、6.5号機になってからキラーコンテンツの新台ラッシュは既定路線とみています。

ここでホールが設定を入れられるかが、パチスロのターニングポイントになりそうですが、そのためには高額になる新台予算も含めて強烈な回収期がありそうです。

パチスロ勢の皆様お気をつけてください。

Mr.リス
早すぎた鉄拳デビル
ヤマサは6号機苦戦してるね
ななちゃん

6.5号機以降の規制緩和と今後のパチスロ

お金

5号機時代には、ゼロボと呼ばれる増えないボーナスや、アクセルATという屁理屈で当時の規制を突破するような新技術(?)が登場しました。

6.5号機の差枚上限という規制がどのような作用をするのかはまだ未知数ですが、開発と規制のイタチごっこはなくなりません。

今回の内容に入れていませんが、6号機はこれからスマートパチスロというメダルレス機が登場します。

メダルレス

そのうち完全デジタルなスロットになってしまうのでしょうか?

だったら出玉上限のないカジノスロットでいいですよね。

有利区間ランプの廃止や、そもそもの有利区間撤廃など、打ち手に有利なのか不利になるかわからない規制もあるので、別の機会に解説していきたいと思います。

まとめ

6.5号機規制の内容は出玉上限が差枚2,400枚になった事と、最大有利区間が4,000Gになった2点です。

これまで行ってきた6号機のマイナーチェンジの中では、比較的大きな規制緩和になります。業界としては遊技人口増加を期待したいところでしょう。

メーカーもホールも頑張ってもらいたいところですが、最終的に勝てないスロットは廃れるだけかもしれません。

パチスロだけがスロットの選択肢ではなくなった現代で、6号機がどこまで頑張れるのか、生暖かい目で見守っていきます。

6号機より遥かに稼げて面白い、今最高にアツいオンラインカジノのスロットはご存知ですか?

詳しくはPUSH

6号機に疲れていませんか?実は今最もアツいのは、オンラインカジノのスロットなんです!

5号機を凌ぐような連チャン、上乗せの連鎖がオンラインカジノのスロットにはあります。厳しい規制などもありません。

ほぼ毎日オンカジスロットをやりまくっているスロ廃人が、オンラインカジノのスロットの魅力について解説しました。

▼詳しくはこちら
【パチスロ勢はオンカジをやれ!オンカジスロット廃人が教える、オビデオスロットの魅力を徹底解説】

-6号機