ベガスオンライン

6号機

6号機は完全にオワコン状態‐パチスロ業界終了のお知らせ

2020年12月7日

6号機は完全にオワコン状態‐パチスロ業界終了のお知らせ

 

6号機がひどい。

5号機の大人気機種ミリオンゴッド神々の凱旋が撤去されたパチスロ業界、新時代となる6号機の稼働は最悪

平常時にホールを見ると6号機を回してる人などほとんどいない現実。

打っていて楽しめるパチスロという時代ではなくってしまい、完全にオワコンとなったパチスロ業界に光はあるのか。

規制なんかで大好きなスロットをヤメたくない。我々パチスロ好きは一体どうしたらいいのか!

6号機がなぜオワコンとなってしまったかと、これからスロッターが進むべき道とオススメのスロットを紹介していきます。

6号機はオワコン

6号機はオワコン

突然ですが6号機を心の底から楽しいと感じて打っていますか?

勝てば何でも面白いスロットですが、4号機5号機と比較すると違和感があります。

派手な演出と見合わない出玉、当たる気がしない通常時、巨大化する筐体と役物。

スロットってこれじゃない。

何故6号機はオワコンだと思うのかについて触れていきます。

シンプルに勝てない、出ない

シンプルに勝てない、出ない

6号機は出玉に全く期待できない。

全ての6号機をひとまとめにすべきではないかもしれないが、6号機に勝てるイメージはない。

出玉規制で2,400枚がリミットになった事、チャンスのチャンスくらいのCZを初当たりボーナスと呼ぶ風潮。

一体どうしたら大量の出玉を獲得できるのか全くイメージが持てず、結局出ないまま終わる。

投資する金額は変わってないのに、ボーナス(CZ)引いて50枚以下の出玉に絶望を感じます。

ダラダラとした出玉と派手過ぎる演出のギャップ

ダラダラとした出玉と派手過ぎる演出のギャップ

演出だけが派手になり一体何を見せられてるのか、どうしたらいいのかわからない演出が多発

とんでもない爆発音と脳を刺激する高音でピュンピュン鳴ったかと思った次の瞬間

台:『チャンス』

私:『……。』

だいたいこうなります。

現代スロッターの常識ですが『チャンス』<『大チャンス』<『激アツ』<『超激アツ』となっているので当然チャンス程度では当たりません。

意味のないチャンスと赤文字の無駄遣いは本当にヤメてほしい。

巨大化する筐体は値段も高騰

巨大化する筐体は値段も高騰

金かける場所違うだろ、と思わずツッコミたくなる筐体が続々登場。

スロット筐体の役物やギミックって本当に必要なのだろうか?

派手な役物演出は喜ばれるかもしれないが、ホールで実際の稼働を見てもう一度よく考えてもらいたい。

実機本体も物理的に巨大化しているが、値段も方も高騰

高騰した新台を導入した経費は結局ユーザーから回収するしかないので、ただでさえ少ない出玉なのに設定でもガチガチに縛りつける。

打った後のコレじゃない感

スロッターで6号機を打った事のある人がこう思うはず

『コレはスロットじゃないコレじゃない

大きな原因は6号機となった事で新規制の影響でしょう。

その制限範囲で開発しなければいけないメーカーさんも大変だとは思います。

しかし過去のイメージとのギャップや、しょぼすぎる出玉に6号機はオワコン』と感じてしまう。

スロット業界が抱える6号機の闇

6号機の闇

20208月に発表された2020年の資料によると、衰退傾向にパチスロ業界にはもう1つの事実があります。

・パチンコ市場は20兆円規模(前年比7,000億円ダウン)

・ホールに1回以上行った人890万人(前年比60万人ダウン)

・ホールに行った人の年間平均数31.7(前年28.5)

・一人当たりの年間費用平均103,400(前年81,800)

行く回数も使うお金も増加している。

わかりやすく解説すると、遊戯人口は減っているが、行く人の使うお金が増えた事業界が成り立っているという事。

最近よく負けるなぁというのは感覚ではなく数字的にも根拠のある話だった。

オワコンの6号機をまだ打ち続ける理由

6号機をまだ打ち続ける理由

スロット好きを否定したりしません。

ただこれらの理由で本当にオワコン6号機を打ち続けていいのかをもう一度考えてみてください。

見たい演出がある

YouTubeの演者さんや有名ライターが楽しそうに打っている姿を見ると打ちたくなります。

この時に派手な演出にオーバーなリアクションを見て自分も同じ演出をみて盛り上がりたいと思うかもしれませんが、ほとんどはメーカーさんがお金を払って行っている宣伝の一環

同じ体験をしようと思うとかなりのコストがかかるかもしれませんね。

設定が入れば出玉はある

これに関してはスロットを愛するものとして同意できる。

5号機だろと6号機だろうと機械割の高い機種に、設定がしっかり入っていれば出玉はついてきます。

設定が入っていれば、の話だが。

昨今これだけ業界が悪循環になっている状況で優良ホールを見つけるのは大変。

また、毎日全台高設定という事は考えにくいので、高設定を掴むためのリスクを負わなければいけない。

そう考えるとデメリットがはるかに上回る。

結局なんとなく打っているだけ

理由などなく、死んだようになんとなくフラっと打ってしまうのがパチスロ。

6号機だとか5号機だとか関係なくただなんとなく回しているだけという方も多いのではないでしょうか。

私も16年間スロッターとして生きてきたので気持ちは理解できます。

しかし、本当に打ちたいスロットはこれなのでしょうか?

心にぽっかり空いた穴をうめる存在を知らないだけなです。

スロットで空いた穴はスロットで埋めるしかない。

さよなら6号機!はじめましてオンカジスロット!

派手なだけで出玉の少ないオワコン6号機とさよならして、今こそ新時代オンラインカジノでのスロットを迎え入れましょう。

新しい時代には不安はつきもの。

しかし、慣れてしまうとその面白さ、楽しさ、とんでもない出玉の魅力にきっと満足してもらえるでしょう。

オンラインカジノとは?

オンラインカジノとは

・オンラインで遊べる合法カジノ

・換金できる

・面白いスロットがある

スロットだけじゃなく、バカラ、ブラックジャック、ルーレットなど様々なギャンブルが遊べるカジノサイト

オンラインのスロットと聞いて侮るなかれ!

最近のオンカジスロットは超絶進化を遂げており、私のようなスロッターも納得の仕上がりになっている。

何より出玉規制などなく爆勝ちも視野に入ってくるので、6号機の好きじゃない部分をすべてフォローしている存在だと思っている。

6号機とオンラインカジノを比較

6号機とオンラインカジノを比較

6号機と比較してオンカジスロットが有利である主なポイントは

・出玉の一撃性能が別次元

・出玉スピードが爆速で早い

・イベント面でのユーザーメリットが多数ある

6号機とオンカジスロットの比較はこちらで詳しく解説しています。

>6号機とオンカジ比較記事

オンラインカジノ人気機種を紹介

ハワイアンドリーム

ハワイアンドリーム

花が光れば当たり!そう、あの沖ドキ!やスロッターなら皆知ってる沖スロ系のオンカジスロットです。

連チャンは全て即連で、最大85%ループ×初当たり1/89.4の優良スペック。

オンカジ人気ナンバーワンのスロット、ハワイアンドリームはこちらで詳しく解説しています。

>>ハワイアンドリーム(Hawaiian Dream)のフリースピン、勝ち方、確率、演出について詳しく解説!

花魁ドリーム

花魁ドリーム

お尻ぺんぺんという衝撃的な演出は覚えているでしょうか。

シンデレラブレイド、スナイパイなどで採用された上乗せ特化モード。

花魁ドリームにはあのお尻ぺんぺん上乗せが搭載されたとあって話題になりました。

また、内部抽選システムを把握するとオンカジスロットの印象が一変するかと思います。

この機種、とにかく秀逸な作りです。

花魁ドリームはコチラで詳しく解説しています。

>>Oiran Dream(花魁ドリーム)の解析、攻略情報を解説!

まとめ

6号機はオワコンである。スロット業界はオワコンである。

そんな話知っているけど、聞きたくない。いくらオワコンだといわれても、どれだけの負けが続いてもスロットはヤメられない。ヤメたくない。

でもどうせスロットをやるなら勝ちたいし、楽しみたい。せめて夢を見たい!

そんな不満が爆発する前に6号機を打っているスロッターにはオンカジスロットをオススメしたい。

新しい時代、新しいスタイルを受け入れるのはハードルがあるかもしれません。

しかし、それでもまだオワコン6号機を打ち続けますか?

私は一足先にオンカジの世界で待っています。

6号機より遥かに稼げて面白い、今最高にアツいオンラインカジノのスロットはご存知ですか?

詳しくはPUSH

6号機に疲れていませんか?実は今最もアツいのは、オンラインカジノのスロットなんです!

5号機を凌ぐような連チャン、上乗せの連鎖がオンラインカジノのスロットにはあります。厳しい規制などもありません。

ほぼ毎日オンカジスロットをやりまくっているスロ廃人が、オンラインカジノのスロットの魅力について解説しました。

▼詳しくはこちら
【パチスロ勢はオンカジをやれ!オンカジスロット廃人が教える、オビデオスロットの魅力を徹底解説】

-6号機

© 2021 ベガスオンライン