守備型必勝法(損失回収型)

2in1法で2回分の損失を1回で回収&利益を確保する!2in1法の使い方、実践方法、メリット・デメリットなどを詳しく解説。

2020年8月20日

2in1法

 

2in1法はオンラインカジノ必勝法の一つで、守りに特化した損失回収型の必勝法となっています。

カジノゲームをプレイしていれば負けることも必ずあるので、そういったときに冷静に損失回収ができれば再び利益を出すことも可能です。

今回は2in1法について、使い方、実践方法、メリット・デメリットなどを詳しく解説いたします。

>>この攻略法で簡単に稼げるオンラインカジノランキング!

 

2in1法とは?

2in1法

2in1法とは、その名の通り「2回分の損失を1回で回収する」といった損失回収型のオンラインカジノ必勝法です。

基となっているのは「モンテカルロ法」で、モンテカルロ法は仕組みの複雑さから難易度の高い必勝法となっています。

2in1法はモンテカルロ法を簡略化したもので、リスクは低く抑えつつ、損失回収&利益確保を狙うことが可能な必勝法なのです。

2in1法の特徴

損失は一気に回収せず少しずつ回収する

損失回収型の必勝法は「マーチンゲール法グランマーチンゲール法」のように、一度勝てば損失を回収でき、なおかつ利益も出せるというものがあります。

対して2in1法は「2回分の損失を1回で回収する」というものです。

これにより損失回収を優先しながらも、リスクや賭け金の増大を抑えながらローリスクに損失回収ができるようになっています。

数列を使うためメモは必要になる

2in1法はモンテカルロ法が基となっていることもあり、数列を使う必勝法となっています。

数列を使う必勝法は少し複雑ですが、モンテカルロ法よりも簡略化されていることもあり、初心者の方でも扱いやすい必勝法です。

しかし、最初は必ずメモを取りながら実践することになるでしょう。

>>【完全版】全34種のオンラインカジノ必勝法・攻略法を全公開!

2in1法の使い方・賭け方

2in1方のやり方

2in1法を使う際は、メモを取りながら実践していくことになります。
まずは紙とペンを用意して、どのような流れで必勝法を使うのか覚えていきましょう。

2(2-1)ゲーム目:2連敗したら2in1法をスタート

2in1法をスタートするのは2連敗した段階です。

1ゲーム目、2ゲーム目で負けたら2in1法をスタートしましょう。

2(2-2)ゲーム目:賭け金を2つ書いた数列メモを用意する

数列メモ

1ゲーム目と2ゲーム目の賭け金をメモに書きます。
数列として表すので、横並びに賭け金をそれぞれ書きましょう。

3ゲーム目:左端と右端の数字を足して賭け金とする

賭け金

次のゲームで賭ける賭け金は、この数列を足したものになります。
数列の左端と右端の数字を足して賭け金とするので、今回の場合は「112」→2ドルを賭け金とします。

4ゲーム目:負けた場合

4-1ゲーム目:前ゲームの賭け金を数列に追加する

賭け金を数列に追加

3ゲーム目でも連敗した場合、3ゲーム目で賭けた賭け金を数列に追加します。
今回のパターンでは「1 1 2」という数列になります。

4-2ゲーム目:左端と右端の数字を足して賭け金とする

数字を足して賭け金とする

追加した数列を基に、賭け金を計算していきます。
賭け金を計算する際は、数列の左端と右端を足したものなので今回は「123」→3ドルを賭け金とします。

5ゲーム目:勝った場合

5-1ゲーム目: 勝った場合には数列の左端と右端の数字を削除する

勝った場合

2in1法を実践中にゲームに勝った場合、左端と右端の数列を削除します。

このようにして勝ち負けに応じて数列の追加と削除を行い、数列がなくなるか1つになるまで続けます。

数列がなくなった場合、システムを終了する

数列がなくなった場合

勝ち続けると数列は消えていくことになります。
全ての数列がなくなった場合には2in1法を終了します。

数列が1桁になった場合、その1桁を賭け金とする

勝った場合・数列が1桁

数列が1桁になった場合には、賭け金をその1桁とします。

今回の場合で言えば1ドルを賭け金とすることになります。

>>【完全版】全34種のオンラインカジノ必勝法・攻略法を全公開!

2in1法を実践シミュレーション

2in1法をバカラで全12ゲーム実践

2in1法をバカラで全12ゲーム実践

今回は2in1法をバカラで使用してみました。
12ゲームとなっていますので、最後までぜひご覧ください。

1ゲーム目

1ゲーム目

1ゲーム目は1ドルを賭けて勝ちましたので、2in1法はまだスタートしていません。

累計損益:+1ドル

2ゲーム目

2ゲーム目

2ゲーム目は負けましたが、まだ2連敗ではないので2in1法はまだスタートしていません。

累計損益:±0

3ゲーム目

3ゲーム目

3ゲーム目で2連敗となりました。次のゲームから2in1法をスタートします。

累計損益:-1ドル

4ゲーム目

4ゲーム目

2ゲーム目賭け金+3ゲーム目賭け金=112ドルを賭け金とします。
結果は負けましたので、2in1法で損失回収を狙います。

現在の数列:1 1 → New 2を追加

累計損益:-3ドル

5ゲーム目

5ゲーム目

2ゲーム目賭け金+4ゲーム目賭け金=123ドルを賭け金とします。
結果は負けとなりましたので数列に3を追加します。

現在の数列:1 1 2 → New 3を追加

累計損益:-6ドル

6ゲーム目

6ゲーム目

2ゲーム目賭け金+5ゲーム目賭け金=134ドルを賭け金とします。
結果は負けとなりましたので数列に4を追加します。

現在の数列:1 1 2 3 → New 4を追加

累計損益:-10ドル

7ゲーム目

7ゲーム目

2ゲーム目賭け金+6ゲーム目賭け金=145ドルを賭け金とします。
結果は負けとなりましたので数列に5を追加します。

現在の数列:1 1 2 3 4 → New 5を追加

累計損益:-15ドル

8ゲーム目

8ゲーム目

2ゲーム目賭け金+7ゲーム目賭け金=156ドルを賭け金とします。
結果は負けとなりましたので数列に6を追加します。

現在の数列:1 1 2 3 4 5 → New 6を追加

累計損益:-21ドル

9ゲーム目

9ゲーム目

2ゲーム目賭け金+8ゲーム目賭け金=167ドルを賭け金とします。
結果は勝ちとなりましたので数列から左端の1と右端の6を削除します。

現在の数列:1 2 3 4 5 → New 16を削除

累計損益:-14ドル

10ゲーム目

10ゲーム目

3ゲーム目賭け金+7ゲーム目賭け金=156ドルを賭け金とします。
結果は勝ちとなりましたので数列から左端の1と右端の5を削除します。

現在の数列:2 3 4 → New 15を削除

累計損益:-8ドル

11ゲーム目

11ゲーム目

4ゲーム目賭け金+6ゲーム目賭け金=245ドルを賭け金とします。
結果は勝ちとなりましたので数列から左端の2と右端の4を削除します。

現在の数列:3 → New 24を削除

累計損益:-2ドル

12ゲーム目

12ゲーム目

5ゲーム目賭け金=3ドルを賭け金とします。

結果は勝ちとなりましたので数列から3を削除します。

現在の数列:-

累計損益:+1ドル

数列が全てなくなったことで2in1法は終了となります。

無事に損失全てを回収し、利益を+1ドルとして終えられています。

>>【完全版】全34種のオンラインカジノ必勝法・攻略法を全公開!

2in1法のメリット・デメリット

2in1法について、メリット・デメリットをそれぞれ見ていきましょう。

2in1法のメリット

賭け金が高騰しづらい

賭け金が高騰しづらい

2in1法なら連敗し続けても賭け金は少しずつしか増えません。

連敗すれば賭け金は上がる一方ですが、かなり高騰しづらく負担は少ないといえます。

もちろんその分、リスクもかなり低く抑えられているので大きなメリットと言えるでしょう。

2回負けても1回勝てば回収できる

2回負けても1回勝てば回収できる

2in1法はその名の通りですが、2連敗しても1勝することで損失回収することができる必勝法です。

ご覧のように連敗することで賭け金を増やしていくことになるため、勝ったタイミングで損益±0にまで持っていくことができるのです。

数列がなくなれば損失を全回収できる

数列がなくなった場合

2in1法なら止め時もわかりやすく、仕組みがハッキリと明確になっています。

数列が全て削除されたタイミングで、損失は回収できているという明確なゴールが見えているのでどのタイミングで止めるべきか悩む必要もありません。

これらのことからも、初心者の方にはぴったりな必勝法の一つです。

2in1法のデメリット

勝敗が交互になると利益がでない

勝敗が交互になると利益がでない

2in1法は2連敗してから必勝法がスタートしますので、勝敗が交互になると使えません。

また賭け金を増やすこともできないので、損失もでなければ利益もでないのです。

こういったゲーム展開が続く場合には、2in1法を使わないようにしましょう。

連勝が続くと2in1法を使うことができない

連勝が続くと2in1法を使うことができない

勝敗が交互になる場合と同様に、連勝ばかりの場合には2in1法は効果を発揮できません。

使用条件が「2連敗時」なので、2in1法は使えないのです。

連勝が続くような場合には利益を増幅させるためにも「パーレー法グランパーレー法」などを使用すると良いでしょう。

長時間に渡って損失回収ができないと賭け金が高騰しやすい

長時間に渡って損失回収ができないと賭け金が高騰しやすい

賭け金が高騰しづらいのは2in1法の特徴の一つですが、長時間に渡って連敗が続き、損失回収ができないと賭け金も高騰してきます。

また、数列も膨大な量になってくるのでメモを取りながらでも難易度が高くなってしまうでしょう。

上記は30連敗の場合ですが、実際には30連敗することが基本的にないのでここまで賭け金が高騰することはないでしょう。

>>【完全版】全34種のオンラインカジノ必勝法・攻略法を全公開!

2in1法を使えるカジノゲーム

バカラ

バカラ

2in1法はバカラで実践することができます。

プレイヤー、バンカーに賭けて使うようにしましょう。

>>バカラの基本ルール、遊び方、罫線や絞りを完全解説!

ルーレット

ルーレット

ルーレットでも2in1法を実践することが可能です。

赤黒賭け、ハイロー賭け、奇数偶数賭けなどで使用するようにしましょう。

>>ルーレットの基本ルール、遊び方、流れを完全解説!

ブラックジャック

ブラックジャック

ブラックジャックでも同様に2in1法を使用することができます。

プレイヤーvsディーラーなので、常に勝率はほぼ50%で勝負できます。

>>ブラックジャックの基本ルール、遊び方を完全解説!

2in1法を使う際の注意点

稼ぐ目的ではなく損失回収をする目的で使う

冒頭でも解説したように2in1法は損失回収型の必勝法です。

利益を大きく伸ばし稼ぐには向いていない必勝法なので、損失回収したいときに使うようにしましょう。

利益を伸ばしたい時には下記のようなその他の必勝法を使うと良いでしょう。

配当によって必勝法を使い分ける

2in1法はどんなカジノゲームでも配当2倍&勝率約50%なら使うことができる必勝法です。

基になったモンテカルロ法との違いは、配当による使い分けです。

このようにして配当に応じて使い分けをすることで、それぞれの必勝法が効果を発揮してくれるようになります。

>>【完全版】全34種のオンラインカジノ必勝法・攻略法を全公開!

まとめ

2in1法は損失回収をする際に、さらに負けるリスクを抑えつつ回収できる優秀な必勝法です。

数列を使った必勝法なので少し複雑かもしれませんが、2倍配当のカジノゲームで使える点やモンテカルロ法より簡略化されている点を考えればかなり優秀です。

ただし、ランドカジノでは一般的にメモを取ることが禁止されているので、2in1法を使う際にはオンラインカジノで使うと良いでしょう。

攻略法で簡単に稼げると口コミで話題のオンラインカジノは?

CTA1

オンラインカジノは攻略法・必勝法を使うことで勝率をあげ、稼ぐことができてしまいます。

攻略法を使って、戦略的にプレイすることでプロのように稼げるようになるのです!

今回ご紹介した攻略法を使えば、不慣れなカジノゲームでも思い通りにプレイできるようになります。

得た知識と経験をフル活用してお金を稼ぐなら、攻略法で稼げるこのオンラインカジノがおすすめです!

▼気になるオンラインカジノランキングはこちら

>>>攻略法・必勝法で簡単に稼げるオンラインカジノの最優秀トップ5をご紹介!

-守備型必勝法(損失回収型)

Copyright© ベガスオンライン , 2020 All Rights Reserved.