ラスベガス

ラスベガスカジノでの予算はいくら必要?最低賭け金、プレイスタイル別での予算、換金までを詳しく解説

ラスベガスカジノ 予算

カジノと言えば、やはりあこがれは「ラスベガス」です。多くの映画の舞台にもなり世界的にも有名なラスベガスでのカジノ遊びにはどのくらいの資金が必要なのでしょうか。

そこでラスベガスのカジノで遊ぶ際に必要な資金をプレイスタイルから見ていきながら、換金の方法など解説していきます。

カジノの本場、ラスベガスに遊びに行く際はぜひ参考にしてみてください。

ラスベガスカジノは遊び方で予算が変わる

予算

ラスベガスのカジノで遊ぶ際の予算は、プレイスタイルによって変わります。

カジノのゲームにはそれぞれ最低賭け金額が設定されており、最低賭け金額は「ミニマムベットともいわれますが、ゲームごとにその金額が異なります。また、遊ぶカジノの店によっても異なります。

つまり、「どこのカジノで遊ぶか?」「どのゲームで遊ぶか?」といった要素でも予算が変化します。

十分な資金がなければ、カジノゲームを存分に楽しむことはできませんよね。また1回のゲームに必要な金額が決まればおのずと必要な予算額を導き出すことも可能です。

これらのことを考慮し、本記事の内容から必要となる目安の予算額を想定してみてください。

カジノにおける最低賭け金額(ミニマムベット)とは?

ミニマムベット

最低賭け金額のことをミニマムベットと言います。これは1回のゲームに最低でもこの金額以上を賭けなければならないと決められているルールです。

最低賭け金額があれば最高賭け金額もあります。最高賭け金額はマックスベットといいます。このミニマムベットとマックスベットはカジノごと、ゲームごと、テーブルごとに決められています。

最低賭け金にあたるミニマムベットの金額を目安にゲームを選び、自己資金に応じて適切な最低賭け金額のゲーム、テーブルを選択して遊びましょう。

ラスベガスにある最低賭け金額(ミニマムベット)と必要予算

ミニマムベットと必要予算

最低賭け金額は国や地域によっても異なります。同じバカラというゲームで比較をしても地域によって最低賭け金額の平均が異なります。

比較をすると次の一覧のようになります。

国・地域 最低賭け金額 日本円換算
ラスベガス 10USD~50USD 1,000円~5,000
シンガポール 25SGD~50SGD 2,000円~4,000
韓国 10,000KRW~20,000KRW 950円~1,900
マカオ 300HKD~500HKD 4,000円~7,000

この比較から、ラスベガスは、比較的低い最低賭け金を設定している地域といえますね。ですから、賭けに必要な予算は、他の国カジノとの比較では低額で済みます。

そして、ラスベガスは他の国や地域と比べて最低賭け金額に幅があることが分かります。ラスベガスは同じラスベガスでもカジノや地域によって最低賭け金額が異なるという側面があるのです。

ラスベガスカジノの機種別最低賭け金(ミニマムベット)

同じラスベガスでもカジノや地域によって最低賭け金額が異なります。国と地域の比較と同様に以下の一覧で確認をしてみましょう。

最低賭け金額 日本円換算
スロットマシン 0.25USD~1.00USD 25円~100

ブラックジャック

3USD~15USD 300円~1,500

ルーレット

5USD~15USD 500円~1,500

バカラ

10USD~50USD 1,000円~5,000

ポーカー

2USD~10UDS 200円~1,000

このように同じラスベガスでも、同じゲームでも最低賭け金額が3~5倍違い、ゲームによっても最低賭け金額が異なります。

最低賭け金の確認はテーブルごとに表記されている

テーブルごとに表記

カジノゲームの最低賭け金額や、最大賭け金額は、テーブルゲームであればテーブルごとに表記されています。プレイヤーにとってわかりやすいように一目瞭然ともいえる表示の仕方がほとんどです。

また、スロットマシンも同様ですがスロットマシンの場合はマシンの盤面に表示されています。最低賭け金額ごとにエリアを分けるなどの工夫がされているのが一般的です。

プレイスタイル別ラスベガスカジノでのオススメ予算

ラスベガスカジノ

ここから具体的にどのぐらいの予算が必要になるのか、目安をテーブルゲームで遊ぶことを前提に見ていくことにします。

本場の雰囲気を楽しみたい方はカジノ予算13万円

カジノ予算1~3万円

本場ラスベガスの雰囲気を味わうことができ、かつギャンブルをしている興奮を体験してみたい人向けの予算は1万円~3万円と言えます。

ブラックジャックでも30回以上の勝負ができますし、バカラでも10回以上の勝負が行える金額です。ただ時にベットアップして勝負をしてみたいと考えると1万円は少し物足りないかもしれません。

本場のディーラーとテーブルゲームで勝負したい方は予算3万~10万円

予算3万~10万円

ディーラーとの駆け引き、ベットアップなどの流れを読んでの勝負をおり交ぜて楽しみたい人は3万~10万円ほどの予算があれば理想的でしょう。

ブラックジャックでも、バカラでも100回近いゲームが可能です。

ベットアップもでき、ダブルダウン、スプリットなどの機会も複数回行えるはずです。そして長時間プレイができるので十分満足できるはずです。また、複数のゲームを十分に楽しむこともできます。

1日中カジノで遊びたい方は予算10万円以上!

予算10万円以上

折角のラスベガス。一獲千金を目指して勝負をしたいという人はやはり10万円以上の予算が必要になるでしょう。

大きな金額を賭ければバカラの醍醐味のスクイーズを行う機会を得られることもあるはずです。丸一日カジノに入り浸って存分に堪能するのに資金は多いにこしたことがありません。

予算を決めたらカジノチップに交換しベットする

ベット

カジノのテーブルゲームで遊ぶためには、まず現金をチップに交換する必要があります。チップの交換は、ドルとの交換が基本です。あらかじめ日本円をドルに両替しておくのがおすすめ!

ドルからカジノチップへの交換方法

ドルからカジノチップへの交換方法

ドルをカジノチップに交換するにはカジノ内のキャッシャー(換金所)を利用するのが一般的です。キャッシャーで希望するチップの種別に交換、チップを複数の種別に分けて交換することももちろんできます。

またテーブルゲームではテーブル上で交換することもできます。交換するためには、テーブル上のベットエリアではない場所に紙幣を置けば、ディーラーがチップに交換してくれますよ。

テーブル交換時の注意点

テーブルでの交換にはいくつか注意すべき点があります。ひとつにプレイの交換はできないという点です。

プレイの行われていないベットをするタイミングで交換をしてもらう必要があります。

もうひとつは、ディーラーに紙幣を手渡ししてはいけないという点です。これは不正防止のためのルールですので厳守する必要があります。

クレジットカードからカジノチップを購入する方法

クレジットカード

クレジットカードを利用してカジノチップを購入する方法もあります。これはクレジットカードのショッピング枠を利用する方法で、買い物をするのと同じように利用することができます。

ただしこの場合はテーブルでの交換はできません。カジノ内のキャッシャーでの購入になります。

日本円をラスベガスカジノ内で使う際の注意

交換所

万が一、財布の中に日本円しかなくなった場合でもキャッシャー(交換所)を利用すればチップの交換が可能です。

何かの時のために日本円をいくらか財布の中に残しておくと安心です。

ただし交換レートは国内での両替、銀行での両替などに比べて交換レートが悪い場合がほとんどなので、緊急の場合のみ使用するようにしてください。

ラスベガスカジノでチップから米ドルに換金する方法

米ドルに換金

勝利したチップはキャッシャー(換金所)でドルへの換金が可能です。しかも等価交換なので手数料はかかりません。

スロットマシンのレシートやメンバーズカードにチャージした資金も、キャッシャー(換金所)でドルへの交換が可能ですので、換金系はキャッシャーを利用すると覚えておけば安心ですよ。

まとめ

ラスベガスは、日本人が良く利用するランドカジノの中でも比較的最低賭け金額が低く設定されたカジノです。

ラスベガスと言えば煌びやかで高級感があり、高いとのイメージがありますが、実は低額でも遊べるカジノというのは意外かもしれません。

またカジノで遊ぶ資金は、どのゲームで遊ぶか、どのくらい遊ぶかなどのプレイスタイルや目的によって異なります。

あらかじめ予算を決めてその中でやりくりをしながら楽しむのが理想的ですが、万が一の場合は、日本円やクレジットカードの利用もできます。

難点と言えば渡航費用が高い点です。この点をクリアできればラスベガスのカジノは非常に楽しみやすいカジノであると言えるのです。

日本でもオンラインでカジノができる!腕を上げてから本番に臨もう!

日本でも人気が出始めている、オンラインカジノについて詳しく解説しています。

遊べるゲームや解説、攻略法や、オンラインカジノの仕組みなどを完全網羅!

これを読めばオンラインカジノのすべてがわかりますので、初心者の方は基本情報として抑えておきましょう!

【オンラインカジノとは?入門の基本情報などを完全網羅!!】

-ラスベガス

Copyright© ベガスオンライン , 2020 All Rights Reserved.