バカラ

バカラの資金管理について。バカラで稼ぐために欠かせない管理能力を身につけよう!

バカラの資金管理

バカラで稼ぎたいと思う人は多いはずです。実は、バカラで稼ぐためには身に付けておくべき技法があるのです。それは、ずばり、「資金管理」の技法です。

なぜ「資金管理」を身に付ける必要があるのか。その理由を明確にしていきながら、「資金管理」を身に付ける手法を紹介していきます。

この記事を参考に「資金管理」の重要性を理解し、その技法を習得すればバカラで稼げる日も近づくはずです。ぜひ参考にしてください!

>>バカラエージェントが選ぶ、稼げる最優秀オンラインカジノランキング

バカラの資金管理とは?

資金管理

バカラは非常にわかりやすいゲーム性で誰でもがすぐに楽しむことのできるカジノゲームです。少ない金額で遊ぶことはもちろん、大金を稼ぐことまでできるゲームです。

バカラのゲームの特性として、ハウスエッジがあるためにプレイヤーベットもバンカーベットも勝率は50%より少しだけ低くなります。

ダラダラと遊び続けることは負けを呼び込むことにつながります。また、大金を稼げる側面があるため、大敗の可能性もあるゲームです。

 その為、バカラでは「資金管理」が非常に重要になります。「資金管理」とは自身の資金を用いたベットに自分なりのルールを設けて、自己資金がなくならないように管理をする方法のことを言います。

バカラの資金管理が重要な理由

バカラはギャンブルです。自己資金をしっかりと管理せずにバカラで遊ぶ行為は非常に危険な行為と言える側面があります。ギャンブルにのめり込みすぎるリスクと隣り合わせである現実をしっかりと理解をしておきましょう。

必要以上にのめり込まない。自己資金の金額に応じた適正なベットを行うなど自己を抑制することが肝要になるのです。その為に有効なのが「資金管理」です。

手持ち資金が一定でないため

手持ち資金

バカラなどのゲームを行えば、勝ったり、負けたりという結果が伴います。それにより手持ちの資金は増加したり、減少したりします。資金が増減をするということは、1回のベットに対する適正なベット額も増減をするといえますね。

手持ちの資金に合わせてベット額を変える必要があるのでしょう。

ゲームに熱中しすぎないため

熱中

ゲームは楽しいもので熱中しやすい傾向にあるのは事実です。もちろん楽しいから多くの人がバカラを楽しむわけですから、熱中するのも無理はありません。しかし、熱中しす過ぎると大きく資金を減らすことになる可能性が高くなります。

賭け事は冷静に判断をする必要があります。「資金管理」を行うと、自己資金と利益、損失を常に計算しながら遊ぶことになります。

しっかりと現実を把握し、冷静に判断する部分を「資金管理」として残しておくことで、熱中の渦に飲み込まれ大きな資金を失うことを避けることができるのです。

止め時を把握するため

時間

ゲームの止め時は勝敗を大きく左右します。勝っている場面で止めるから勝てるのではありません。バカラでは必ず勝つ時も負ける時もあるのが現実です。

その為負ける時に許容できる損失内でゲームをやめることも時に必要になります。

資金を残すことで次の勝利の機会をつかむことが可能となり、その勝利を重ねることで収支はプラスに転ずることも可能になります。

勝っている時にどのタイミングでゲームをやめるか、負けている時にどのタイミングでゲームをやめるか、これは自己資金を管理するルールを明確にすることではっきりとさせることが可能になります。

バカラで稼げるようになるため

バカラ

自己資金を管理するのは、バカラで稼ぐために必要不可欠な行動です。逆に言えば、「資金管理」を行わなければバカラで稼げるようになるのは非常に難しいと言えます。

「資金管理」はバカラで稼げるようになるために行う行為なのです。

バカラで資金管理に使えるシステムベット(ベッティングシステム)

バカラにはシステムベットと言われるベット手法があります。システムベットは「資金管理」に使える便利なベット方法です。

システムベットは複数存在し、そのベット方法それぞれに特徴があり、メリットとデメリットがあります。

自身の遊び方や資金に合わせシステムベット法を選択することで、資金管理を簡単に行うことができるでしょう。

手持ち資金と賭け金のバランス調整

手持ち資金と賭け金のバランス調整

バカラで遊ぶと自己資金は常に変動することになります。勝てば増えるし、負ければ減るわけです。同時に資金が変動するということは適正ベット額も変動するということを意味することは理解をしておく必要があります。

常に一定の掛け金をベットするフラットベットは、資金次第では実はハイリスクとなるベット法です。

バカラでは、資金と掛け金のバランス調整を常に行い、資金や流れに応じてベット額の増減を行うのが有効です。

手持ち資金と賭け金のバランス調整

一定期間に使える金額を決める

資金管理

「資金管理」を行う際には一定期間内に使用できる金額の上限額を明確に設定しておく必要があります。

1日ではなく、短くとも1週間、理想は1カ月の単位で使える資金を明確に決めておくことが「資金管理」には欠かせません。

専用の口座を設けておくなど、他の生活資金と分離して管理をするのも非常に有効な手法です。

1度に賭ける金額を決める

1度に賭ける金額

1週間、1カ月といった単位で使える資金を決めたら、1回のベットに対する賭け金も決めておきます。

決めるのは最低賭け金最大賭け金の二つです。

これらを決めておくことで、「資金管理」のベースが作れます。つまり、大きな損失を避ける事が可能になるのです。

バカラで資金管理に使える攻略法

バカラゲームにおいて「資金管理」を行う有効な手法があります。特に自己資金管理を行ったことのない人は、これらの手法を実践しながら自己資金管理の手法を身に付けるのに役に立ちます。

「資金管理」の手法が身に付く中で複数の方法を組み合わせるなどオリジナルな手法も身に付けることが可能でゲームを楽しむ要素も広げることが可能です。

10%法(テンパーセント法)

10%法

10%法は、資金の10%を常にベットする方法です。資金が増えた場合は賭け金が上がり、資金を減らした場合には賭け金が下がります。賭け金を資金に合わせて変動する手法を身に付けるのに役に立つ手法の一つです。

>>【10%法(テンパーセント法)】堅実にしっかり稼ぐ必勝法

31システム投資法

31システム投資法とは

31システムベット法は最大で9回のベットを1単位としてベットする手法です。連勝するか、9回のベット機会が終わることで1セットが終了します。

勝つと賭け金を上げる手法のため連勝することで資金を大きく増やす特性があり、負け続けた場合は賭け金の31倍の資金を失うことで終了する特性があり、ベット上げの有効性とリスクを習得することのできるベット方法です。

>>【31システム投資法】2連勝するだけで必ず利益が出る必勝法

10ユニット法

10ユニット法とは

10ユニット法は数列を利用したベット方法です。賭け金の増加について、リスクを勘案ながら適切に行うことを身に付けるのに適切なベット方法です。

勝てば数列の両端の数字を消去し、負けた場合は、負けた時の賭け金を書き足します。数列がすべて消去できれば10ユニット法は完了します。このベット法は長期戦になることが多いベット方法です。

>>【10ユニット法】海外で大人気な資金管理に長けた必勝法

まとめ

バカラにおける「資金管理」は勝利への最も有効な手法と言えます。資金管理法をマスターするかしないかは大きく勝敗を左右することになります。

とはいえ、「資金管理」は簡単に身につくものではありません。遊ぶ方や資金に応じて変化を指せる必要があるものですが、まずは自分のベースとなる資金管理法を身に付けることは非常に重要な要素になります。

ギャンブルはリスクと隣り合わせのゲームです。そのリスクの波にのまれないようにするためにもこの技量は是非とも身に付けておきたいものです。

長く遊び、勝つ資金を増やすことを可能にできる可能性が非常に高くなるのですから積極的に身に付けることをお勧めします。

バカラ依存症が選ぶ、稼げる最高のオンラインカジノランキングとは?

オンラインカジノのバカラをするのに最高のオンランカジノを発表します!

バカラをプレイするのに最もよく、稼げるオンランカジノはどこなのか?

バカラをほぼ毎日プレイするバカラ依存症が解説します!これからバカラを始めたい方にも参考になりますので、ぜひ一度ご覧ください。

▼詳しくはこちら

【バカラ依存症が選ぶ、稼げる最高のオンラインカジノランキングとは?】

-バカラ

Copyright© ベガスオンライン , 2020 All Rights Reserved.