バランス型必勝法

31システム投資法なら2連勝で利益が必ず出る!31法、2連勝法とも呼ばれる必勝法の使い方、賭け方、実践結果、簡易版や改良版をご紹介します!

2020年8月13日

31システム投資法についてご紹介

 

31システム投資法はオンラインカジノなどで使われる必勝法で、2連勝すれば必ず利益が出るというものになっています。

別名では31法、2連勝法とも呼ばれており、非常によく考えられている優秀な必勝法です。

今回は31システム投資法の使い方、賭け方、実践結果、簡易版や改良版を詳しくご紹介していきます。

>>この攻略法で簡単に稼げるオンラインカジノランキング!

 

31システム投資法とは?

31システム投資法とは

1単位あたりを31とし、これを9つに分割して賭けていく必勝法となっているのが31システム投資法です。

9つに分割された数字を順番に賭けていくことで、2連勝した際には必ず利益が出ているという優秀な必勝法となっています。

分割した数字を覚える必要はありますが、非常に簡単な必勝法なのでぜひ覚えておくと良いでしょう。

31システム投資法の特徴

連勝すれば必ず利益が出る

31システム投資法では、基本的に2連勝することで必ず利益が出るようになっています。

これは仮に連敗してからの連勝であっても利益は出しやすくなっており、大きな特徴であると言えます。

利益がどのように出てくるかなどは後述しておりますので、参照してください。

損失は大きくても31ドルになる

31システム投資法はその名の通り、1単位あたりの合計で31ドルとなりますが、損失も最大31ドルまでになります。

もちろん何度もゲームや必勝法を繰り返し、それでも負け続ければ損失も増えますが、1単位あたりでは最大31ドルまでに抑えられるようになっています。

31システム投資法の使い方・賭け方

グループ分けされた表を使って賭ける

31システム投資法

31システム投資法は賭け方が少し複雑なため、こういった表を使って覚えておくと良いでしょう。

9分割した数字を覚えるだけなら難しくはありませんが、勝ち負けによって動き方が独特なので注意が必要です。

こちらの表では各賭け金をA~Dグループに分けています。

上段:グループ名称(A-1、A-2、A-3、B-1…)

下段:賭け金(1ドル、1ドル、1ドル、2ドル…)

と、覚えておきましょう。

A-1から賭け金をスタート

表の左上から31システム投資法をスタートします。

最初の賭け金はA-1の下段にあるように1ドルからスタートします。

負けた場合は右の同グループへ進む

1ゲーム目で負けた場合は右側へ進みます。

今回の場合はA-1→A-2へと進むので、賭け金は1ドルから変わりません。

もしA-3まで進んだら下方向へ進み、B-1へ進むようにしましょう。

勝った場合は下のグループへ進む

もし1ゲーム目で勝ったなら下方向へ進みます。

A-1→B-1へ進むため、賭け金は1ドル→2ドルになります。

2ゲーム目で勝った場合にはB-1→C-1へ進むようにしましょう。

2連勝した場合は終了し、A-1へ戻る

仮に2連勝してA-1→B-1→C-1と連続で進んだ場合には、A-1へ戻るようにしましょう。

D-2まで進んだ場合は、A-1へ戻る

仮に2連勝することなくD-2まで進んでしまった場合、A-1へ戻りましょう。

>>【完全版】全34種のオンラインカジノ必勝法・攻略法を全公開!

31システム投資法をバカラで実践

バカラで全10ゲームを実践

今回は31システム投資法を使って、バカラでプレイしてみました。

全10ゲームの実践結果をご覧ください。

1ゲーム目 「Aグループ:A-1」

31システム投資法のスタート時はA-1から始まるので、まずは1ドルを賭けます。

賭け金

1ドル

プレイヤーが勝ちましたので、表から次に進む場所は下方向となっています。

累計損益

+1ドル

2ゲーム目 「Bグループ:B-1」

前回のゲームでAグループ時に勝ったので、現在のグループはB-1となります。

B-1の賭け金は2ドルなので2ドルを賭けます。

賭け金

2ドル

プレイヤーの勝ちとなりましたので、31システム投資法は最初のA-1に戻ります。

累計損益

+3ドル

3ゲーム目 「Aグループ:A-1」

1ゲーム目と2ゲーム目で2連勝したので、A-1に戻っています。

賭け金は1ドルです。

賭け金

1ドル

プレイヤーが負けましたので、次のグループでは右方向に移動します。

累計損益

+2ドル

4ゲーム目 「Aグループ:A-2」

前回のゲームで負けているので右方向に移動して、A-2となっています。

A-2は引き続き賭け金が1ドルです。

賭け金

1ドル

プレイヤーが負けましたので、次のゲームでも右方向に移動します。

累計損益

+1ドル

5ゲーム目 「Aグループ:A-3」

連敗してきているので、現在のグループはA-3となっています。

A-3も引き続き賭け金は1ドルです。

賭け金

1ドル

プレイヤーが勝ちました。次のグループは下方向なのでBグループに進みます。

累計損益

+2ドル

6ゲーム目 「Bグループ:B-1」

グループはB-1に来ましたので2ドルを賭けます。

賭け金

2ドル

プレイヤーは負けました。次のグループでは右方向に移動します。

累計損益

±0

7ゲーム目 「Bグループ:B-2」

引き続きBグループなので、賭け金は2ドルとなっています。

賭け金

2ドル

再びプレイヤーの負けとなりました。負けなので右方向に移動しますが、表ではB-2の右側が存在しないので、Cグループに移動します。

累計損益

-2ドル

8ゲーム目 「Cグループ:C-1」

Cグループに移動し、最初の賭け金はC-1なので4ドルです。

賭け金

4ドル

プレイヤーは負けました。次も右方向に移動することになります。

累計損益

-6ドル

9ゲーム目 「Cグループ:C-2」

C-2も引き続きCグループなので、賭け金は4ドルになります。

賭け金

4ドル

プレイヤーが勝ちましたので、次はDグループに移動することとなります。

累計損益

-2ドル

10ゲーム目 「Dグループ:D-1」

現在のグループはDとなりましたので、賭け金は8ドルです。

賭け金

8ドル

プレイヤーが勝ちました。これにて全10ゲームが終了となります。

累計損益

+6ドル

ゲームに勝った場合にはしっかりと賭け金を増やし、負けている時にはなるべく据え置いて勝てる瞬間を待つ、といったような流れとなりました。

まさに31システム投資法の神髄のような流れであり、ローリスクハイリターンなゲーム展開となっています。

>>【完全版】全34種のオンラインカジノ必勝法・攻略法を全公開!

31システム投資法のメリット・デメリット

メリットデメリット

31システム投資法のメリット

メリット

・2連勝するだけで利益が出る

・連勝なく必勝法が終了しても、損失は31ドル以下になる

2連勝するだけで利益が出る

ゲーム数

賭け金

グループ

勝敗結果

累計損益

1

1ドル

A-1

勝ち

+1ドル

2

2ドル

B-1

勝ち

+3ドル

3

1ドル

A-1

負け

+2ドル

4

1ドル

A-2

勝ち

+3ドル

5

2ドル

B-1

勝ち

+5ドル

連勝することで利益が出るというのは必勝法ではなくとも、利益が出るものです。

しかし重要なのは利益が出たあと、賭け金がさらに増えて負ければ一転マイナスになるということです。

その点、31システム投資法なら2連勝した後に最初の賭け金に戻る仕様なので、しっかり利益を確保したまま損失は少なく抑えることができるのです。

連勝なく必勝法が終了しても、損失は31ドル以下になる

ゲーム数

賭け金

グループ

勝敗結果

累計損益

1

1ドル

A-1

負け

-1ドル

2

1ドル

A-2

負け

-2ドル

3

1ドル

A-3

負け

-3ドル

4

2ドル

B-1

負け

-5ドル

5

2ドル

B-2

負け

-7ドル

6

4ドル

C-1

負け

-11ドル

7

4ドル

C-2

負け

-15ドル

8

8ドル

D-1

負け

-23ドル

9

8ドル

C-2

負け

-31ドル

仮に9戦全敗となってしまった場合にも、31システム投資法は31を9分割しているだけなので損失は最大31ドルに抑えられます。
9連敗するということはカジノゲームにおいて可能性としては相当低いものの、仮に全敗しても損失が抑えられているというのが大きなメリットでしょう。

31システム投資法のデメリット

デメリット

・連勝できないと利益が出ない

・賭け金の変動幅を覚える必要がある

連勝できないと利益が出ない

ゲーム数

賭け金

グループ

勝敗結果

累計損益

1

1ドル

A-1

負け

-1ドル

2

1ドル

A-2

勝ち

±0

3

2ドル

B-1

負け

-2ドル

4

2ドル

B-2

勝ち

±0

5

4ドル

C-1

負け

-4ドル

6

4ドル

C-1

勝ち

±0

31システム投資法は2連勝することが前提となっている必勝法でもあることから、連勝できないと利益を増やすのは難しいでしょう。

勝ち負けが交互になった場合、プラスとマイナスを繰り返すことになるため基本的に利益は出ません。

賭け金の変動幅を覚える必要がある

31システム投資法を覚えるとき、使うときにはこちらの表が必要になります。

しかし、勝ち負けに応じて右方向 or 下方向への動きが変動し、なおかつ賭け金も変動してしまいます。

これによって必勝法自体を若干難しくしているのもまた事実です。

覚える時にはこの表を丸ごと覚えたり、オンラインカジノなどではメモを取りながら進めると良いでしょう。

>>【完全版】全34種のオンラインカジノ必勝法・攻略法を全公開!

31システム投資法の簡易版・改良版

31システム投資法はローリスクハイリターンな効果を持っているのと同時に、少し賭け方が難しい部分があります。

これらを簡易的にしたもの、改良したものをご紹介していきます。

31システム投資法の簡易版

31システム投資法の簡易版

31システム投資法を簡易的に行う場合は、勝ち負けにかかわらず賭け金を順番通りに賭けていくというのが良いでしょう。

「1 → 1 → 1 → 2 → 2 → 4 → 4 → 8 → 8」

本来ならば勝ち負けで右方向、下方向に移動していきますがこの動きを覚えるのが大変です。

そこで、賭け金の増え方だけ覚えておき、その増え方通りに勝敗に左右されず賭けていくというのが簡易的で良いのではないでしょうか。

31システム投資法の改良版

31システム投資法はスタート時の賭け金が1ドルで、倍々に増えていき最大で8ドルです。

つまり、31システム投資法の最後のDグループまで進んでも得られる利益は最大8ドルになっています。

そこで、利益をさらに増やしていきたい場合などにはスタート時の賭け金を上げてみると良いでしょう。

31システム投資法が使えるカジノゲーム

31システム投資法が使えるカジノゲームは、2倍配当&勝率約50%のゲームとなっています。

バカラ

バカラ

バカラで使う場合は、タイ(引き分け)には賭けずプレイヤーorバンカーに賭けるようにしましょう。

>>バカラの基本ルール、遊び方、罫線や絞りを完全解説!

ブラックジャック

ブラックジャック

ブラックジャックで使う場合はプレイヤーVSディーラーなので難しく考えず使うことが可能です。

>>ブラックジャックの基本ルール、遊び方を完全解説!

ルーレット

ルーレット

ルーレットで使う場合は「赤黒賭け、ハイロー賭け、奇数偶数賭け」などで使うようにしましょう。

>>ルーレットの基本ルール、遊び方、流れを完全解説!

まとめ

31システム投資法は勝てる時にはしっかりと利益を積み重ねつつも、負けた場合に損失を増やさないよう賭け金を抑えられた必勝法です。

長期戦向きの必勝法でもありますが、スタート時の賭け金を変更するなど改良版を使えば短時間で利益を積み重ねていくことも可能になるのではないでしょうか。

「2連勝する」という前提条件があるものの、2連勝ならまだ現実的ですし、使いどころも非常に多い31システム投資法。

ぜひこの機会に覚えてバランスよく使っていくと良いでしょう。

攻略法ですぐに稼げてしまう!?最優秀オンラインカジノは?

攻略法必勝法ランキングCTA

オンラインカジノのカジノゲームは戦略なくして、稼げるほど甘いものではありません。

しっかりとした戦略に基づき、資金管理を行ってプレイするからこそプロのように稼げるようになるのです。

今回ご紹介した攻略法を使えば、オンラインカジノでもプロのように稼げるようになってしまいます!

得た知識と経験をフル活用してお金を稼ぐなら、攻略法で稼げるこのオンラインカジノがおすすめです!

>>>攻略法・必勝法で稼げるオンラインカジノ最優秀トップ5!

-バランス型必勝法

Copyright© ベガスオンライン , 2020 All Rights Reserved.