バカラ

バカラにおけるバンカー、プレイヤーの勝率について理解し、実践に役立てて勝率をあげよう!

バカラにおけるバンカー、プレイヤーの勝率について理解する

バカラでは、プレイヤーベットとバンカーベットの勝率に僅かなものの差があります。

同様に勝利時の配当にもプレイヤーベットとバンカーベットに僅かな差が生じています。

このような差は、どうして生じたのでしょう。

このような差が生じた理由を理解し、バカラの実戦で有利に活用できるポイントはあるのかを探っていきます。

>>バカラ依存症が選ぶ、稼げる最高のオンラインカジノランキング

バカラでプレイヤー・バンカー・タイに賭けた場合の勝率

勝率

バカラの勝率は、プレイヤーベットをしても、バンカーベットをしても大体50%と理解をしている人は多いはずです。

しかしプレイヤーベットとバンカーベットの勝率には僅かですが勝率に差が生じています。

勝率を改めて確認し、プレイヤーベットとバンカーベットの勝率の差が、なぜ生まれるのか確認していきます。

プレイヤー・バンカー・タイの勝率

バカラの基本的なベットの勝率は、次のようになります。

賭け方

勝率

プレイヤー

44.62

バンカー

45.86

タイ(引き分け)

9.52

ざっくりと表現すれば、プレイヤーベットとバンカーベットの勝率は約45%、タイベットの勝率は約10%になります。

そして勝率は、1. 24%だけバンカーの方が高い、つまり少しだけ有利なのです。

タイを除いた場合の勝率

賭け方

勝率

プレイヤー

49.32

バンカー

50.68

「タイ」の結果となった場合は、バンカー、プレイヤーにベットされた賭け金は返還されます。

このことから、タイベットをしない場合の勝率を確認していきます。

プレイヤーとバンカーの勝率は上記の表のとおりです。

このことからプレイヤーもバンカーも概ね50%の勝率であるとの確認ができます。

しかしプレイヤーとバンカーの勝率の差は、1.36%の差が生じていることも確認ができます。

バカラの勝率・確率は3枚目条件の違い

条件早見表

プレイヤーとバンカーに僅かな勝率の差があり、少しだけプレイヤーが有利なのには理由があります。

バカラではバンカーベットをして勝利した場合には、5%のコミッションがとられてしまいます。

このままでは、バンカーベットが不利になるので、ほぼ対等にするためにカードを引くルールに違いを作ったのです。

それは3枚目のカードを引くルールです。

プレイヤーは2枚のカードで6以上の数になった場合は、いかなる場合でもカードを引きません。

一方、バンカーは2枚の合計数字が6であっても、プレイヤーが3枚目を引く場合に限って、プレイヤーの3枚目のカードが6または7だった場合のみ、合計数が6であっても3枚目を引くことができます。

>>バカラで3枚目のカードが配られる条件を徹底解説!

バカラでプレイヤー・バンカーの勝率をチェック

実際にバカラで実践を行うと、理論上の確立と同じ結果となるのでしょうか。

結論はズバリ、「理論上の確立になる」と言えます。

少ないゲーム数では偏りが生じますが、数多くプレイすれば必ず確率は理論値に収束していきます。

これを大数の法則といいます。

全50ゲームで勝率を実際にチェック

賭け方

勝利数

勝率

プレイヤーの勝ち

17

34

バンカーの勝ち

29

58

タイ(引き分け)

4

8

では実際に50ゲームのバカラの結果をまとめてみました。

50ゲームの結果

  • プレイヤーが:17勝
  • バンカーが:29勝
  • タイは:4回

理論上の勝率から大きく逸脱した数字になっています。

これは、ゲーム数が少ないために偏りが生じているためです。

全100ゲームで勝率を実際にチェック

 賭け方

勝利数

勝率

プレイヤーの勝ち

38

38

バンカーの勝ち

49

49

タイ(引き分け)

13

13

さらに検証回数を増やしていきます。

100回終了時点での結果

  • プレイヤー:38勝
  • バンカー:49勝
  • タイ:13回

未だに勝率に偏りが生じているものの50回時点での偏りよりも小さくなっていることが分かります。

回数を重ねるごとに理論上の勝率に少しずつ収束していくことが分かります。

勝率・確率から考えるバカラの勝ち方

バカラでは微妙な勝率の違いがあります。

このことを理解すると、バカラでの勝ち方が見えてきます。

それはどのような勝ち方なのかを見ていくことにしましょう。

大数の法則によりバンカーが勝ちやすくなる

バカラはバンカーの勝率がわずかではあるが高いという特徴があります。

これを端的に理解すればバンカーベットが勝ちやすいと言えます。

少ないゲーム数では偏りが生じますが、その偏りは多くのゲームを重ねることで理論上の数値へ少しずつ近づいていくことになります。

これを大数の法則といいますが、バカラでは常に少しだけバンカーが有利で勝ちやすいという側面があるのです。

攻略法を使って賭け金をコントロールする

バンカーが有利なのは確かなことですが、配当にうまみがあるのはプレイヤーベットです。

バンカーでの勝利時は5%のコミッションをとられます。

プレイヤーベット時の勝利ではコミッションはありません。

その為、時には勝率にとらわれずプレイヤーベットをするのが効果的ということです。

その際に重要なのはもちろん資金管理です。

攻略法なども活用し、勝率を鑑みながらベットの上げ下げを行いチャンスにするのがバカラの勝ち方の一つとなっています。

>>【完全版】全34種のオンラインカジノ必勝法・攻略法を全公開!

バカラのカウンティングを使う

カウンティング

バカラは通常8デッキで行われます。

8デッキとは

「A~K」までの、「ハート」「ダイア」「♠スペード」「♣クラブ」の4種類のカードを1セットとして、8セットのカードをシャッフルしてバカラを行います。

つまり、どのカードも8枚ずつあるということです。

カウンティングとはこのカードのどのカードが何枚出たかを記憶し、数えることで残りのカードの中に含まれるカードから出現確率の高いカードを予測する手法です。

バカラでカウンティングをすることで、後半のゲームでの勝率を高めることが可能です。

>>バカラのカウンティング方法や使い方を徹底解説!

バカラのゲーム履歴を記録した罫線を使う

罫線を使う

バカラにはゲームの履歴の記録が罫線に記録されます。

罫線で、これまでの傾向や流れを確認することができるのです。

この罫線を利用することで、勝敗の予測をたてやすくすることが可能です。

一言で言えば、株式相場や先物相場、為替相場などのチャートと同じようにある傾向が見え隠れするのがバカラの罫線です。

その傾向をつかんで勝負を行うことで勝利を上げることができるのです。

>>バカラ攻略のためには罫線の見方と書き方が必要不可欠

まとめ

バカラでは、バンカーベットで勝利した場合にコミッションをとられてしまいます。

半面、バカラのルールでは3枚目のカードを引くルールの中に、プレイヤーとバンカーに異なる条件を付けています。

この3枚目のカードを引くルールでバンカーを少しだけ有利にすることでコミッションをとられることを含めても、どちらにベットした場合でもほぼ50%の勝率と回収率が得られるようになっているのです。

配当はプレイヤー有利、勝率はバンカー有利の側面をうまく活用することで、勝率や還元率を向上させることも可能です。

いずれも小さな差ではありますが、複数回プレイすることを考えれば活用効果は高いと言えますね。 

バカラエージェントが選ぶ、稼げる最優秀オンラインカジノランキングとは?

オンラインカジノのバカラをするのに最も優秀なオンランカジノを、バカラエージェントが発表します!

バカラをプレイするのに最もよく、稼げるオンランカジノはどこなのか?

これからバカラを始めたい方にも参考になりますので、ぜひ一度ご覧ください!

▼詳しくはこちら

【バカラエージェントが選ぶ、稼げる最優秀オンラインカジノランキングとは?】

-バカラ

Copyright© ベガスオンライン , 2020 All Rights Reserved.