ベガスオンライン

カジノ法案 最新ニュース

横浜市のIR事業参画はゲンティン・シンガポール・リミテッドと判明

横浜市のIR事業参画はゲンティン・シンガポール・リミテッドと判明

 

横浜IRの参画はゲンティン・シンガポール・リミテッドと判明

2021年6月11日、横浜市はIR事業者に関して、提案審査書類の提出があった1社をゲンティン・シンガポール・リミテッドと公表しました。

ゲンティン・シンガポール・リミテッドは代表企業であり下記の企業で構成されています。

注目

  • 株式会社大林組
  • 鹿島建設株式会社
  • セガサミーホールディングス株式会社
  • 綜合警備保障株式会社
  • 株式会社竹中工務店

などで構成されています。

セガサミーホールディングスは宮崎県のフェニックスリゾート株式会社をグループ会社化したり、韓国において統合型リゾートの開発や運営ノウハウを蓄積してきた企業。

シンガポールにおいてリゾート・ワールド・セントーサを成功させているゲンティン・シンガポール・リミテッドとパートナー関係を築くことで、国内IR事業を成功させられると判断したとのことです。

[参考]セガサミーホールディングスの横浜市IR参画に関して

もう1社については公表を希望していないため非公表のまま

横浜市のIR事業者についてはもう1社が通過しており、こちらは代表企業1社、構成される応募グループ2社と公表されています。

企業の詳細については公表を希望していないため、現在までに非公表となっていることがわかっています。

今後も引き続きこの2社が代表企業としてIR誘致に向けた計画が進んでいくものとして、今後の事業者正式決定に注目が集まります。

▼和歌山県のIR(カジノ)誘致について

>>横浜市山下ふ頭のIR(カジノ)誘致、IR(統合型リゾート)の検討、経済効果、カジノ法案と関連する動きについて解説!

どのオンラインカジノにしたらいいかお悩みの方へ

オンラインカジノ適正診断

当サイトでは、最も自分にあったオンラインカジノを診断できます。

テーブルゲームに強いオンラインカジノ、スロットに力を入れているオンラインカジノなど、各種オススメサイトをランキングしています。

さっそくご自分に最もあったオンラインカジノを診断してみてください!

>>今すぐオンラインカジノ診断をしてみる

-カジノ法案 最新ニュース

© 2021 ベガスオンライン