ベガスオンライン

カジノ法案 最新ニュース

和歌山県のIR事業からサンシティが辞退を表明

和歌山県のIR事業からサンシティが辞退を表明

 

和歌山県のIR誘致からサンシティが辞退

和歌山県ではIR事業者2社にて、IR推進としてきましたが、2021年5月12日に「サンシティグループホールディングスジャパン株式会社」が辞退を表明しました。

和歌山マリーナシティにおいてIR実施を進めてきた段階ですが、そのうちの1社が辞退したということになります。

これにより和歌山県は現在検討中の1社もしくは、その他IR事業者を選定していくような流れとなっています。

[参考]和歌山県のサンシティ辞退公式発表について

理由はコロナウイルスによる先行き不透明のため

サンシティグループホールディングスジャパン株式会社が辞退した理由は、新型コロナウイルス感染症による影響が大きいとのこと。

世界経済の先行きが不透明になっており、様々な企業への影響や事業としての不透明性が高まったためです。

また、日本はIR誘致に関してとても慎重な姿勢を見せているため、長期間要することがIR事業者としてリスクを感じているとのことです。

▼和歌山県のIR(カジノ)誘致について

>>和歌山県和歌山マリーナシティのIR(カジノ)誘致、コンセプト、経済効果、カジノ法案成立後の動きなどを詳しく解説!

どのオンラインカジノにしたらいいかお悩みの方へ

オンラインカジノ適正診断

当サイトでは、最も自分にあったオンラインカジノを診断できます。

テーブルゲームに強いオンラインカジノ、スロットに力を入れているオンラインカジノなど、各種オススメサイトをランキングしています。

さっそくご自分に最もあったオンラインカジノを診断してみてください!

>>今すぐオンラインカジノ診断をしてみる

-カジノ法案 最新ニュース

© 2021 ベガスオンライン