バカラ

バカラでモンテカルロ法を実践!使い方、勝ち方、攻略法が有効な理由などを詳しく解説。

2020年10月7日

バカラでモンテカルロ法を実践!

バカラはカジノの王様といわれ、多くのプレイヤーがプレイしている最も人気なカジノゲームです。

人気なだけあり、攻略法や戦略も多数用意されており、特にモンテカルロ法はとても有名な攻略法として知られています。

今回はバカラでモンテカルロ法を実践した結果、使い方、勝ち方、有効な理由などを詳しく解説していきます。

>>バカラエージェントが選ぶ、稼げる最優秀オンラインカジノランキング

バカラで有効なモンテカルロ法

バカラではモンテカルロ法が使える

バカラ

バカラではとても有名な攻略法であるモンテカルロ法を使うことが可能です。

モンテカルロ法は、2倍配当ゲームと3倍配当ゲームのどちらにおいても使用できますので、バカラもその対象となっています。

バカラは運要素の強いゲームでもあるため、攻略法などを使用して戦略的にプレイすることが重要です。

モンテカルロ法の使い方

2倍モンテカルロ法の手順概要

バカラで使われる2倍モンテカルロ法では、数列を使用します。

基本の賭け金を仮に1ドルとした場合、連続する3つの数字を数列としてメモなどに記載します。

ゲームプレイ時には、数列の左端と右端を足した金額が賭け金となり、勝ち負けに応じて数列を削除したり追加したりしていきます。

>>【モンテカルロ法】カジノを潰すほど強烈な必勝法

バカラでモンテカルロ法が有効な3つの理由

配当2倍で勝率約50%のゲームである

配当2倍で勝率約50%のゲームである

バカラでプレイヤーベット、バンカーベットを行うと勝率は約50%で配当2倍を獲得できます。

厳密には若干の誤差があるものの、これらの理由からバカラでモンテカルロ法を効果的に使うことができます。

バカラの各勝率

賭け方 勝率 タイを含めない勝率
プレイヤー 44.62% 49.32%
バンカー 45.86% 50.68%
タイ(引き分け) 9.52% -

バカラの勝率はプレイヤーとバンカーは約45%。

仮にタイを含めない場合で勝率を見ると、約50%の勝率となります。

そのため2倍モンテカルロ法を使っていくことができるような仕組みとなっています。

バカラの配当

賭け方 配当
プレイヤー 2倍
バンカー 1.95倍
タイ(引き分け) 9倍

バカラの配当は通常のコミッションバカラなら、プレイヤーベットで勝てば2倍。

バンカーベットで勝てば手数料5%が引かれて配当1.95倍となっています。

仮にノーコミッションバカラでプレイすれば、バンカーベットでバンカーが6で勝った時以外には手数料がかかりません。

バカラは資金管理が重要なゲームである

資金管理

バカラは戦略なくプレイしていると、多くの場合で大敗してしまうこともあるでしょう。

そのため資金管理をしながら戦略を持ってプレイすることがとても重要となります。

その資金管理のひとつとして、バカラでモンテカルロ法を使用するのが効果的です。

モンテカルロ法は資金が少なくても実践可能な攻略法

モンテカルロ法の賭け金は数列に応じて変わっていきます。

つまり、基準の賭け金さえ余裕のある金額で設定しておけば、その後は大きく高騰することもなく、慎重なプレイが可能になるのです。

連敗しているときにも賭け金の上昇は非常に緩やかなので使いやすい攻略法となっているでしょう。

>>【厳選!】バカラでおすすめのオンラインカジノランキングTOP7を今スグチェック!

バカラでモンテカルロ法を実践

全9ゲーム:バカラでモンテカルロ法を実践

それでは実際に、バカラでモンテカルロ法を使ってみましょう。

今回は一般的なコミッションバカラで、配当2倍を目的とし、プレイヤーベットのみに賭け続けています。

1ゲーム目

1ゲーム目

1ゲーム目は数列「1 2 3」の両端を足して、賭け金は4ドル。

勝敗結果は勝ちとなりましたので、+4ドルの利益がでています。

累計損益

+4ドル

2ゲーム目

2ゲーム目

1ゲーム目から勝利したこともあり、2ゲーム目はリセットしてモンテカルロ法をスタートしました。

勝敗結果は負けとなりましたので、±0。

累計損益

±0

3ゲーム目

3ゲーム目

3ゲーム目は前ゲームの賭け金を数列の右端に足して「1 2 3 4」となりました。

賭け金は1+4=5ドルでスタートし、負けとなったので-5ドルです。

累計損益

-5ドル

4ゲーム目

4ゲーム目

4ゲーム目は数列「1 2 3 4 5」なので賭け金は1+5=6ドルとなりました。

結果は負けとなりましたので、-11ドルです。

累計損益

-11ドル

5ゲーム目

5ゲーム目

5ゲーム目は数列「1 2 3 4 5 6」なので、賭け金は1+6の7ドルです。

結果はプレイヤーの勝ちとなったため、-4ドルです。

累計損益

-4ドル

6ゲーム目

6ゲーム目

6ゲーム目では、前ゲームで勝利したため数列の両端を削除しています。

数列は「2 3 4 5」となり、2+5=7ドルが賭け金。

プレイヤーベットでバンカーが勝利しました。

累計損益

-11ドル

7ゲーム目

7ゲーム目

7ゲーム目は前ゲームの賭け金を右端に足して「2 3 4 5 7」となりました。

結果はプレイヤーが勝ちましたので、損失はかなり取り戻せてきています。

累計損益

-2ドル

8ゲーム目

8ゲーム目

8ゲーム目は、前ゲームで勝利したため数列が「3 4 5」となりました。

賭け金は8ドルで再び勝ちましたので、プラス転換しました。

累計損益

+6ドル

9ゲーム目

9ゲーム目

9ゲーム目は最後の数列「4」を賭け金とし、見事勝利しましたのでモンテカルロ法は終了。

最終的には+10ドルという利益で終えることができています。

累計損益

+10ドル

バカラでモンテカルロ法を実践する際の注意点

最後に、バカラでモンテカルロ法を実践する前に理解しておきたい注意点をご紹介します。

オンラインカジノで使うようにする

モンテカルロ法は数列を使用する攻略法であるため、記憶力だけで使うには少し難易度が高いです。

そこで、オンラインカジノ限定ではありますがメモを取りながら実践すると良いでしょう。

オンラインカジノならば監視されているわけでもないため、数列のメモを取りながらモンテカルロ法を実践できます。

長期戦になることも覚悟しておく

モンテカルロ法は賭け金の上昇が緩やかであることからもわかるように、損失を回収する際にも緩やかです。

つまり、短期戦として使われる攻略法ではなく、長期戦向きの攻略法となっています。

慎重かつ着実に損失を回収し、利益を上げていきたいという方向けの攻略法なのです。

オンラインカジノならバカラでモンテカルロ法を実践できる!

オンラインカジノであればメモを取りながら細かい数列の管理ができます。

ランドカジノではメモを取ることはできませんし、かといって記憶力だけを頼りにゲームをプレイしながら数列を管理するのは大変です。

バカラでモンテカルロ法を実践するならば、オンラインカジノで決まりです!

>>【厳選!】バカラでおすすめのオンラインカジノランキングTOP7を今スグチェック!

まとめ

バカラでモンテカルロ法を実践する理由は、戦略的に稼ぐためです。

戦略なくバカラをプレイしていると大敗してしまい、利益を出すどころか、損失を取り返すこともできなくなることだってあるでしょう。

的確なタイミングで攻略法を使い、損失を抑えながら稼いでいくためにも効果的にモンテカルロ法を使っていきましょう。

バカラエージェントが選ぶ、稼げる最優秀オンラインカジノランキングとは?

オンラインカジノのバカラをするのに最も優秀なオンランカジノを、バカラエージェントが発表します!

バカラをプレイするのに最もよく、稼げるオンランカジノはどこなのか?

これからバカラを始めたい方にも参考になりますので、ぜひ一度ご覧ください!

▼詳しくはこちら

【バカラエージェントが選ぶ、稼げる最優秀オンラインカジノランキングとは?】

-バカラ

Copyright© ベガスオンライン , 2020 All Rights Reserved.