ルーレット攻略法

ウイニングルーレット法(Winning Roulette System)で確率論による勝利を掴む!使い方、特徴、手順などを詳しく解説します。

2020年8月31日

ウイニングルーレット法

 

ウイニングルーレット法はルーレット必勝法の一つです。

1セット14ゲームのサイクルで、全6セット行っていく必勝法となっています。

確率論で勝率を上げられるウイニングルーレット法について、今回は使い方、特徴、手順などを一つずつ詳しく解説していきます。

>>【厳選!】ルーレットでおすすめのオンラインカジノランキングTOP7を今スグチェック!

 

ウイニングルーレット法(Winning Roulette System)とは?

ウイニングルーレット法は、1セットの賭け金を最大14ゲーム分固定し、全セット行っていくルーレット必勝法です。

1セット14ゲームの中で勝てば利益が出る仕組みとなっており、慣れれば非常に効果的な必勝法となっています。

最初は手順が少し難しく感じられるかもしれませんが、初心者の方でもすぐ実践できるよう解説していますので最後までご覧ください。

ウイニングルーレット法の特徴

全14ゲーム内のどこで勝っても利益がでる

ウイニングルーレット法では、ダブルストリートベットを利用するため配当6倍が得られます。

そして1セット14ゲームの中ならどこで勝っても利益が出るようになっています。

システム通りに進めるだけで必ず利益が出てしまうので、非常に効果的なことがわかります。

各利益は上記表の一番右側を参照してください。

賭け金が決まっているので1セット最大で14ゲームのプレイが必要

ゲーム数

賭け金

1

1ドル

2

1ドル

3

1ドル

4

1ドル

5

1ドル

6

2ドル

7

2ドル

8

2ドル

9

3ドル

10

3ドル

11

4ドル

12

5ドル

13

6ドル

14

7ドル

ウイニングルーレット法ではゲームごとの賭け金が決まっています。

この賭け金通りに進めていくことになるので、1セット終えるためには全14ゲームをプレイすることになります。

その分、14ゲームのうち1勝すればいいのでデメリットとは言えませんよね。

ウイニングルーレット法の使い方・賭け方

ウイニングルーレット法の使い方手順

ウイニングルーレット法の手順は慣れるまでは少し難しいかもしれません。

しかし、賭け金や賭け方は一定で決まっているので、それさえ覚えればすぐに使えるようになるでしょう。

1.ダブルストリートベットで賭ける

ウイニングルーレット法ではダブルストリートベットを使用します。

参考

ダブルストリートベットは全6スポットに一度に賭ける賭け方で、配当は6倍です。

2.賭け金は14ゲーム分決まっている

ゲーム数

賭け金

1~5

1ドル

6~8

2ドル

9~10

3ドル

11

4ドル

12

5ドル

13

6ドル

14

7ドル

ポイント

  • 賭け金は1セット14ゲーム分、ゲームごとに決まっている。
  • ゲーム数と賭け金はウイニングルーレット法で必要になるので覚えておく。

3.全14ゲームを1セットとして計6セット行う

1セット14ゲーム分の決まっている賭け金で、計6セット行うこととなります。

6セットまで終了したら、再度1セット目からスタートするようにしましょう。

4.ゲームに負けると全14ゲーム内で賭け金を変動させていく

賭け金の変動はゲームに負けると行われていきます。

ゲームに負けると、ゲームごとに決まった賭け金に変動させていくことになるので、上記のように6ゲーム目で2ドル、9ゲーム目で3ドルと変えていきましょう。

5.ゲームに勝つと1セットを終了し、次のダブルストリートに進む

1セット内で1勝すれば、次のセットへ進むことになります。

次のセットへ進んだら賭け金は1ゲーム目の賭け金で、プレイしていくことになります。

この流れで進め、6セットまで終了したら1セット目に戻ります。

ウイニングルーレット法の手順例

前提条件

ダブルストリートベットを使う

  • 手順1
    1セット1ゲーム目の1ドルから賭け金をスタート
  • 手順2
    負けたら1セット2ゲーム目の1ドルを賭ける
  • 手順3
    勝ったら2セット1ゲーム目の1ドルを賭ける

ウイニングルーレット法は一度覚えてしまえば非常に簡単な必勝法となっているので、上記手順で覚えて実践していきましょう。

>>【厳選!】ルーレットでおすすめのオンラインカジノランキングTOP7を今スグチェック!

ウイニングルーレット法を実践した結果

ウイニングルーレット法は1セット最大14ゲームと非常に長いので、今回は2セットでシステムが終了するまで実践しました。

実践したルーレットの表記上、ユーロであるため全てユーロ表記となっております。

ウイニングルーレット法を全2セット計12ゲーム実践

1セット1ゲーム目

1ゲーム目

1セット1ゲーム目の賭け金は1ユーロです。
賭ける場所は1~6のダブルストリートベットに賭けます。

 

1ゲーム目の結果
1ゲーム目の結果は「30」なので外れました。

引き続き1~6のダブルストリートベットで賭けていきます。

累計損益

-1ユーロ

1セット2ゲーム目

2ゲーム目

2ゲーム目も同様に1ユーロを賭けます。

 

2ゲーム目の結果

2ゲーム目の出目は「29」と負けました。

以降もゲーム結果や展開が同じなので、次は6ゲーム目を見ていきます。

累計損益

-2ユーロ

1セット6ゲーム目

6ゲーム目

1セット6ゲーム目は賭け金が2ユーロへ変更されます。

 

6ゲーム目の結果

結果の出目は「36」となりましたので、引き続き負けとなっています。

累計損益

-7ユーロ

1セット9ゲーム目

9ゲーム目

1セット9ゲーム目は再び賭け金が変わり、3ユーロとなっています。

 

9ゲーム目の結果

結果の出目は「36」で負けました。

ここまで連敗続きとなっているので、損失が増えてきている状況です。

累計損益

-14ユーロ

1セット10ゲーム目

10ゲーム目

1セット10ゲーム目は9ゲーム目に引き続き賭け金3ユーロです。

 

10ゲーム目の結果

10ゲーム目の出目が「5」となり、連敗からの1勝となりました。

これにより損失は全て回収できており、利益が生まれています。

累計損益

+1ユーロ

2セット1ゲーム目

2セット目の1ゲーム

前ゲームで勝利したため、1セット→2セットへ切り替わります。

これにより賭け金も1ユーロから再スタートしています。

賭ける場所は7~12のダブルストリートベットです。

 

2セット1ゲーム目の結果

2セット1ゲーム目の結果は「13」となり負けました。

累計損益

±0

2セット2ゲーム目

2セット2ゲーム目

2セット2ゲーム目なので引き続き賭け金は1ユーロです。

 

2セット2ゲーム目の結果

結果は「10」となりましたので、見事当たりました。

累計損益

+5ユーロ

ウイニングルーレット法の特徴から長くなってしまうため、今回はこのセットで終了しています。

結果としては+5ユーロで見事利益を獲得。

勝敗率は2勝10敗にもかかわらず、しっかりと利益を確保できているのは大きな特徴と言えるでしょう。

ウイニングルーレット法のメリット・デメリット

メリット・デメリット

ウイニングルーレット法の気になるメリット・デメリットを2つずつご紹介します。

ウイニングルーレット法のメリット

メリット

  • 同じエリアに賭け続けているので勝率を高められる
  • 全14ゲーム内で1勝すれば利益がでる

同じエリアに賭け続けるので勝率を高められる

ウイニングルーレット法は1セット最大14ゲームの賭け方が全て同じエリアとなります。

全6ダブルストリートのうち1ダブルストリートに賭けるということは、ヨーロピアンルーレットにおいて6/37=約16.21%のカバー率となります。

全体のカバー率としては低いものの、14ゲーム同じエリアに賭け続けるので14ゲーム連続で失敗する可能性はかなり低いと言えるでしょう。

全14ゲーム内で1勝すれば利益がでる

ゲーム数

賭け金

各損益

1

1ドル

+5ドル

2

1ドル

+4ドル

3

1ドル

+3ドル

4

1ドル

+2ドル

5

1ドル

+1ドル

6

2ドル

+5ドル

7

2ドル

+3ドル

8

2ドル

+1ドル

9

3ドル

+4ドル

10

3ドル

+1ドル

11

4ドル

+3ドル

12

5ドル

+4ドル

13

6ドル

+4ドル

14

7ドル

+3ドル

ウイニングルーレット法の大きなメリットと言えるのが、1セット内ならどこでも1勝さえすれば利益が出るというもの。

それぞれゲームごとに出る利益は異なりますが、配当6倍のダブルストリートベットなので、1勝すればしっかりとした利益を確保できるのです。

ウイニングルーレット法のデメリット

デメリット

  • 1セットで最大39ドルの損失がでる可能性もある
  • 資金が最低でも234ドル必要

1セットで最大39ドルの損失がでる可能性もある

1セットあたりの必要な資金は39ドルです。

つまり、1セット14ゲーム全て負けてしまうと最大で39ドル失ってしまう可能性があります。

逆に言えば、1セットあたりの損失は39ドルが最大なのでセット数が増えなければこれ以上増えることもありません。

資金が最低でも234ドル必要

セット

合計賭け金

1セット

39ドル

2セット

39ドル

3セット

39ドル

4セット

39ドル

5セット

39ドル

6セット

39ドル

1セット39ドル×6セット=234ドルが必要になってしまうのはウイニングルーレット法のデメリットです。

少ない資金だと、ゲームごとに賭け金が決まっているウイニングルーレット法を実践することができないので、使用するのを止めておきましょう。

ウイニングルーレット法が使えるカジノゲーム

ルーレット

ヨーロピアン・ルーレット

ウイニングルーレット法はルーレット専用の必勝法となっています。

勝率を上げるためにも、基本的にアメリカンルーレットは使わず、ヨーロピアンルーレットなどで使用すると良いでしょう。

まとめ

ウイニングルーレット法(Winning Roulette System)はまだ日本ではあまり馴染みがないルーレット必勝法ですが、その効果はかなり高いものです。

リスクも事前に最大値が分かっている分、資金管理はしやすく利益を狙いやすいので積極的に使っていって良いでしょう。

止め時もハッキリしているので、初心者の方でまだ止め時が分からないという場合にも使っていけます。

実践するにはそれなりの資金が必要ですが、日本円にするとわずか2万円ほどなのでしっかり利益を出すためにもオンラインカジノなどの実践で使ってみましょう。

カジノの女王様ルーレットでおすすめのオンラインカジノは?

ルーレットでおすすめのオンラインカジノランキング

ルーレットはカジノの女王様と言われる、カジノでとても人気の高いカジノゲームです。

シンプルなルールながら多彩な賭け方や専用の攻略法・必勝法など、突き詰めれば突き詰めるほど面白さが増してくるカジノゲームとなっています。

豊富な種類も用意されているので、特に今オススメしたいルーレットをオンラインカジノ別にご紹介しています。

▼詳しくはこちら

【カジノの女王様といえばルーレット!おすすめのオンラインカジノランキングTOP7をご紹介】

-ルーレット攻略法

Copyright© ベガスオンライン , 2020 All Rights Reserved.