競馬

中京競馬場の特徴とは?買うべき馬の特徴についても詳しく解説します。

中京競馬場の特徴とは?

今回は「高松宮記念」、「チャンピオンズカップ」の芝・ダートG1が開催される中京競馬場にフォーカスを当てて攻略していきます。

ダートコースに関しては少々「欠陥コース」と言われることがあります。

なぜそう呼ばれるか?本記事では中京競馬場について紐解いていきます!

アマギ

欠陥コースですか。どうゆうことなんでしょうか?

中京競馬場はトリッキーでクセが強いコースなんだ。解説していくね♪

椿

中京競馬場の特徴と基礎知識について

中京競馬場

中京競馬場の特徴としては「左回り・内枠が強いコース」ということがあります。

ただ、どのような場面で内枠のコースが強くなるのか、ここから中京競馬場について詳しく解説していきます。

中京の芝のポイントは「坂」と「スパイラルカーブ」

中京の芝のポイントは「坂」と「スパイラルカーブ」

出典:JRA

ローカルコースとは言え、高低差3.5m、直線の長さが412.5mに及ぶ中京コースは、ゴール前に約2mの急坂も設けておりタフな設計になっています。

そのため意外と差し馬の台頭が見られるコース設計になります。

ゴール地点から向正面にかけて高低差約1mのなだらかな上り坂になっており、向正面の中ほどから徐々に下り坂に。

この下り坂が直線入り口まで続き、そこから約2mの急坂が待ち構えます。坂を乗り越えてからも約200mの直線を乗り越えてゴールに到達です。

また、芝・ダートともにスパイラルカーブを採用しており、これが内枠有利に拍車をかけています。

(スパイラルカーブとは、コーナーの入りがゆるやかで、出口が急なカーブのこと)

芝を上回る「直線の上り坂」のためハードなダートコース

芝を上回る「直線の上り坂」のためハードなダートコース 競馬

全体高低差3.4mで直線410.2mと、基本上記芝同様の形態と変わりません。

左回り、直線が長いとなると東京コースや新潟コースと似ているように感じます。

しかし、狙い方を同じように考えようものなら痛い目に合いますので、ここで理解を深めていければと思います。

アマギ

中京競馬場は内枠有利!覚えておきます!

そうだね。でも常に内枠だけ買うことはないようにね。

椿

中京競馬場の仮柵の移動時期

中山競馬場の仮柵

芝保全のため内ラチの仮柵が時期によって移動していきます。(ラチとは競馬場最内にある柵のこと)

この移動時期は「○回中京2日目」や「○回中京8日目」と言われます。こちらは開催毎に移動されるものです。

基本的に8日間で1開催とカウントしますが、中京の場合は長くても6日。

A・Bの2コース採用です。

中京競馬場の2つのコースについて

中京競馬場は2コースあり、開催中にコースが替わることがあります。

ポイント

  • 1回開催 全4Bコース
  • 2回開催 全6Aコース
  • 3回開催 前半4Aコース・後半4Bコース
  • 4回開催 全6Aコース

コースについて

仮柵とコース

  • Aコース(内から0m地点に仮柵が設けられる)
  • Bコース(Aコースより3m仮柵が外側へ移動)

仮柵が移動した週は内有利

仮柵

仮柵が移動した週はラチ沿いの芝はキレイに保たれています。

すなわち【内枠、または内を通れる馬は有利になる】のでしっかり覚えておきましょう。

また、7月の高松宮記念の時期は馬場がかなりタフになります。

その背景は、開幕から進み馬場が傷んでいることと梅雨も相まってのように思えます。

中京競馬場の芝、ダートでの距離別の狙い馬について

中京競馬場の芝 競馬

芝1,200mはスプリント能力よりもスタミナが大事!?

主な重賞高松宮記念【G1】・セントウルS【G2】 等

中京の1,200m戦は中山より坂の勾配は緩いものの、中山より100m早く坂がやってきます。

残り300mからスタートする急坂を乗り越えても、残り200m更に直線が続くコース形態です。

ようやく坂を超えたと思っても、さらに直線があるものだから、スタミナがないと生き残れないことを念頭に置きます。

狙いたいのは【距離短縮馬や1,400m、1,600m好走歴のある馬】です。

東京1,400mなどで先行して、終いが甘くなった馬あたりを狙ってみたいです。

また、高松宮記念は上記記載の通り、時期的にも馬場が悪くなりタフなレースになりやすいです。

ゆえに1,200mのスプリント専門よりも、1,400mやマイルでの重賞で好走歴のある馬が、好走するパターンも多々あります。

芝1,400mはアップダウンを攻略せよ

主な重賞ファルコンS【G3】等

中京の芝1,400mは、スタートから400mほど緩やかな上り坂が続き、その後600m以上下り坂が続いて、最後直線にまた上り坂となります。

アップダウンのコース形態で、上記1,200m同様スプリント路線の馬には苦しいコースになっています。

1,200m戦にも使えることですが、若い馬であればあるほどこの傾向は大きく出るように感じます。

古馬になれば慣れもあるでしょうが、2~3歳馬であれば未経験の馬も出てきます。

つまり【距離短縮の馬】を積極的に狙いたいところです。

古馬に関しては、スパイラルカーブを考慮して【内枠】買いがベターに思えます。

芝1,600mは持続力勝負

主な重賞中京記念【G3】等

コース形態的に800mは下り坂になり、急坂は持続力勝負の中京マイル戦。

それこそ前で決まるときもあれば、差し決着が目立つことも。ハンデ戦重賞の中京記念などは、差し馬台頭の決着が目につく年が多々あります。

マイル戦に関しては前なのか後ろなのか、横の比較が大きいように感じますが、【逃げ・先行馬の短縮】を狙っていきたいところ。差し馬を狙うなら【内枠】の馬が穴になりそうです。

また、若駒に関しては【距離延長の穴を開ける】ケースが見られます。

1,200m、1,400mでは短縮を狙うのに?と疑問に思えるかもしれませんが、持続力が求められるレースになりやすいマイル戦。

距離延長の利点としては追走スピードもありますが、締まったラップへの対応力も加味して持久力線には向いてきそうです。

芝2,000mは上がり勝負・マイラー実績馬台頭

主な重賞金鯱賞【G2】等

スタートしてから向正面まで緩やかな上り坂が続き、またスタートしてから1コーナーまで300m以上距離があることもあって、序盤は緩みやすい。

残り1,100mから残り300mまで、800m下り坂が続いて、そこから急坂が始まると3、4コーナーから直線。

ペースが上がるポイントが早くなり、ロングスパート勝負になるとかなりタフなレースです。

すなわち【内前ないしは逃げ・先行馬】に有利なコース設定になります。

芝2,200mは非根幹距離巧者・タフなコース巧者を狙う

主な重賞特になし

狙い方は中山2,200mや2,500mと同様で良い気がします。

【非根幹や長距離レースで好走した馬】を狙っていきたいですね。

また持続戦になりやすいのは確かですが、その中で馬場さえ噛み合えば一瞬の末脚が使える馬の台頭もあり得ます。

当日の馬場状況を加味しながら、持続戦なのかキレ味勝負なのかを見極めてもらいたいところですね。

芝3,000m

主な重賞特になし

施工が少ないため本記事では見送ります。

中京競馬場の中京ダートを紐解く

冒頭で「欠陥コース」とお伝えしましたが、理由としては3、4コーナーが下り坂になっており直線に登り坂があること。

また、3.4コーナーはスパイラルカーブになっており、勢いがつきやすく、下り坂になっていることで外に振られやすいです。

結果外に膨れて内枠が有利、ないしは内を通った馬が有利になります。

しかし、距離によってそうではないこともあるので下記で説明できればと思います。

また雨が降り、馬場が湿ると時計が速くなる傾向にあります。

持ち時計を更新してくることも多々あるので、馬場が渋ったら注意が必要です。

ダート1,200mは差し馬・距離短縮先行馬と臨機応変に狙っていく

主な重賞特になし

オールダートの1,200m戦は他の競馬場よりも差しが入るケースが多いです。

軽めの馬場なら【内枠の差し馬】、タフであれば【外から差してくる】イメージです。

有利不利が内外と馬場状況によって、違う顔を覗かせる事が多々あります。

また、東京の直線で終いが甘くなった逃げ・先行馬の短縮もハマりやすいケースがありますので、【東京からの逃げ・先行馬の短縮】にも目を向けたいところです。

ダート1,400mは外先行を狙う

主な重賞特になし

唯一の芝発走となるダート1,400m戦。考え方としては中山1,200mと似ています。

外に行けば行くほど芝を走る距離が長くなりますので、内枠有利の中京でポジション取りが不利になりにくいです。

▼過去3年、枠順別3着内率・複勝回収率は以下の通り

3着内率 複勝回収率
1枠 17.5% 69.6%
2枠 19.0% 57.4%
3枠 24.5% 92.2%
4枠 20.0% 65.4%
5枠 18.8% 82.9%
6枠 20.6% 71.7%
7枠 21.0% 69.0%
8枠 18.6% 71.5%

3着内率、複勝回収率ともに1、2枠が思ったほど伸びていないのは、先に書いた原理もありますが、やはり内枠人気が過剰になるでしょう。

このようなデータでも、数字として出ているので、積極的に狙いたいのは【外枠先行馬】です。

内が押し込まれると圧倒的に有利になる条件。イメージで内枠を買わないことが肝になります。

ちなみに1,200m戦の3着内率・複勝回収率

3着内率 複勝回収率
1枠 23.8% 94.1%
2枠 21.5% 91.8%
3枠 20.1% 91.1%
4枠 19.6% 55.0%
5枠 16.9% 46.2%
6枠 19.1% 75.0%
7枠 17.5% 64.4%
8枠 22.2% 84.1%

このようにしてみると中京ダートの内枠の強さ、そして1,400mの特殊性が見えてくるかと思います。

ダート1,800mは内枠を狙え

主な重賞チャンピオンズC【G1】

スタートがゴール前の坂に設置されていることから、ゲートの出が遅れてしまったり、スタートで滑ることがある中京1,800m戦。

このことは意外と気にされていませんが、初ダートでスタートが上手くいかない。またゲート難の馬はより難しいスタートを切ることになるかと思います。

1周コースによりスタートから上り坂。向正面へ緩やかに上り、3コーナー手前から下り坂をおりて直線に向かう。

前述の「中京ダートを紐解く」でもお伝えしたように、スパイラルカーブ採用のため、加速がついて直線に入ります。

外を通った馬たちは勢い止まらず外に振られ、内を回った馬たちが台頭するという説明になります。

そのため、内をロスなく回った差し馬が穴候補になったり、差し込んできたりします。

チャンピオンズカップに関しては過去8年、着内馬24頭中

  • 1~2枠:9頭
  • 1~4枠:13頭

このように、内側有利が明らかです。

狙いたいのは、せめて【外3番手までの逃げ・先行馬】ないしは、【内枠の馬】また、【内を回れる差し馬】になります。

ダート1,900mも考えは1,800m戦と同じ

主な重賞特になし

とにかくこの1周コースは内のバイアスが強いため、上記1,800m戦同様【外3番手までの逃げ・先行馬】ないしは、【内枠の馬】また、【内を回れる差し馬】。この該当馬を狙っていきたいです。

椿

中京競馬場は把握できた?

おそらく…でもわからなくなったらスグにまたこの記事を読めば大丈夫です!

アマギ

まとめ

芝G1の高松宮記念、ダートG1のチャンピオンズカップがある中京競馬場。

今回、芝よりもダートの方にボリュームを増して紐解いてきましたが、「欠陥」と呼ばれる所以がおわかりになったかと思います。

まずは「競馬場の構造によりこんなに差が出るんだ」という気付きがあったのであれば、幸いに思います。

競馬でおすすめのブックメーカーを厳選!

keibaranking_cta

今や日本のネット競馬だけではなく、ブックメーカーを利用した競馬がとても人気に。

賭け方が豊富でレース中にも賭けられる、レース中継を見つつ最新の状況をチェックして儲ける!

安心して競馬に賭けられる、いま注目の人気おすすめブックメーカーをご紹介しています。

>>競馬のブックメーカー人気おすすめランキングTOP5をご紹介!

-競馬