マカオカジノ

初心者がマカオのカジノで遊ぶ前に知っておきたい、遊び方、換金、注意点など基本情報まとめ

2020年11月17日

初心者がマカオのカジノで遊ぶ前に知っておきたい、遊び方、換金、注意点など基本情報まとめ

マカオのカジノで遊ぶ前に知っておきたいことがいくつかあります。

これらの知識を習得すればカジノで失敗をすることもなくなり存分にマカオのカジノを楽しむことができます。

逆に知らないと、知らないことが要因で心配をして嫌な思いをすることにもなりかねません。

万事準備は重要です。

せっかくの機会を存分に楽しむためにもマカオのカジノで遊ぶ際に知っておくべき基本的な情報を確認しておきましょう。

東洋のラスベガスと呼ばれるマカオカジノ

マカオカジノ

マカオの正式名称は「中華人民共和国マカオ特別行政区」と言います。

同じような特別行政区として香港が良く知られていますが、香港とは歴史的な背景が大きくことなります。

イギリスに統治されていた香港は賭博が禁止されていましたが、ポルトガルに統治されていたマカオでは、賭博が認められていました。

そして、1962年にマカオ初となるカジノが誕生します。

この時、誕生したカジノは「リスボア」というカジノで、独占営業権を取得して営業をしていたために他のカジノが誕生することはありませんでした。

1999年にマカオは中国に返還され、同時にマカオでのカジノ独占営業権も終了します。

2002年にマカオ政府がカジノ経営権の国際入札を実施します。

これにより多くの外資系企業が参入することとなり、マカオは大きく発展をし、「東洋のラスベガス」とも言われるようになりました。

そして、現在では売上高ではアメリカのラスベガスをもしのぐ世界最大のカジノ都市となっています。

マカオカジノの基本情報

マカオのカジノ

マカオのカジノは大きく3つの地域で営業をしています。

その地域は、マカオの中心部でもある「マカオ半島」、島を渡ったところにある「タイパ地区」「コタイ地区」の3つの地域です。

それぞれの地域で特徴があり、「コタイ地区」は統合型リゾート(IR)のカジノが数多くあります。

一方、「マカオ半島」「タイパ地区」は、ホテルと一体となったカジノが多く見られます。

マカオの観光名所の多くはマカオ半島に位置するものが多いので、目的別に宿泊地域を選ぶのが理想的です。

24時間営業

24時間営業

マカオのカジノはどこでも24時間営業を基本としています。

マカオを訪れる方法は直行便の利用または、香港経由での利用になります。

マカオと香港は70㎞ほどの距離がありますが、香港からはフェリーで1時間ほどあればマカオへ行くことができます。

香港からは、バス、フェリーでの利用が便利で、カジノが24時間営業のため24時間運航されている特徴があります。

入場無料

無料

マカオのカジノは入場料がかかりません。

また、入場に際しても厳しくIDチェック等を行われることもありません。
その為、気軽に入場することができます。

カジノの入場時には厳重なボディーチェックが行われるイメージを持っている人も多いかもしれませんが、マカオのカジノへの入場は厳重ではありません。

香港ドルがマカオカジノでの通貨となる

香港ドル

マカオで使用できる通貨は「マカオ・パタカ(MOP)」と「香港ドル(HKD)」の2種類あります。

香港ドルは日本円換算で14.50円前後、マカオ・パタカも14.50円でほぼ同じ価値で流通しています。

しかしカジノ内では香港ドルしか使えません。

カジノの外では「マカオ・パタカ」も「香港ドル」も使えますが、カジノ内では「香港ドル」しか使えない点は注意が必要です。

21歳未満は入場禁止

21歳未満は入場禁止

マカオのカジノへの入場は21歳以上である必要があります。

21歳未満は入場禁止ですから年齢にも注意が必要です。

また年齢を偽って入場、または入場をしようとするとこれらの行為が処罰の対象になります。

場合によっては罰金の対象ともなるので年齢制限はしっかりと守って利用することが必要です。

年齢の確認はしっかりと行われるので、ばれないだろうと安易な考えで入場するのはやめておきましょう。

マカオカジノでの服装(ドレスコード)は厳しくない

ドレスコード

カジノと言えばドレスコードがあって、ドレスや上着の着用を必要とするイメージがあります。

しかしマカオのカジノにはドレスコードは存在しません。ジーンズにポロシャツなどの軽装でもカジノの利用はできます。

しかしサンダル履き、スリッパでの入場などはカジノによっては断られるケースもあるようです。

ですからあまりにもラフすぎる服装は控えるべきと言えます。ドレスコードがないとはいえあまりにもラフすぎる服装での利用は控えておくのが無難でしょう。

帽子やサングラスは禁止

帽子やサングラスは禁止

ドレスコードのないマカオのカジノですが、帽子やサングラスの着用は禁止されています。

これらの項目の禁止理由は不正行為の防止にあります。

防止にイカサマをする道具を仕込む、サングラスで人相を隠すなどの不正行為につながる恐れのある事柄に対処するための対応です。

同様にロングコートの着用、大きなカバンなどは持ち込みができません。

マカオカジノでのプレイキャッシュ(お金)周辺の基本情報

マカオ

マカオのカジノでは香港ドルを利用することになります。

そしてカジノのテーブルゲームでは香港ドルをチップに交換をして遊ぶことになります。

チップの交換はキャッシャーと呼ばれる換金所で行うのが一般的です。

どのように交換するのか、チップの取り扱いに関するルールなど知っておく必要のあることがいくつかあります。

香港ドルをチップに換金しベットする(賭ける)

香港ドルをチップに換金

テーブルゲームではコイン型のチップに現金を交換して使用します。

現金をそのままかけることはできません。
必ずチップに交換をする必要があります。

チップへの交換はカジノ内にあるキャッシャー(換金所)を利用します。
キャッシャーでは、香港ドルから希望するチップへの交換が行えます。

交換ができたら希望するゲームのテーブルの席についてゲームに参加します。

テーブルゲームの始め方

テーブルゲームの進行はディーラーが行います。

そのため、ベットを受け付けるタイミングもディーラーが管理をします。

例えばルーレットではディーラーがベルを1回鳴らすとベット開始の合図です。

2度ベルを鳴らし、「No more bet」とコールをするとベットが締め切られ、以降のベットは一切認められません。

同様に、バカラではディーラーの「Place your bet」のコールでベットが開始されます。
そして、「No more bet」のコールでベットが締め切られます。

このようにテーブルゲームはディーラーが進行し賭けることのできるタイミングが決められています。

そして、ベットは決められた制限時間内に指定された場所にチップを置くことで完了します。

ベット後のチップは触ってはいけない

ベット後のチップは触ってはいけない

ベットをした後の「No more bet」のコールの後は、チップは触ってはいけません。

チップを置くことで賭けが完了してしまうので、いずれにベットをするのか完全に心が決まってからベットをすることが肝要です。

チップを置いて、チップから手を離した後はチップに触れることはできないと理解をしておきましょう。

ベットをした後にチップを触ってしまうとトラブルになる可能性が生じます。些細な行為が不正を疑われる要因にもなりかねませんから注意が必要です。

スロットは現金でプレイ可能

スロット

テーブルゲームとは異なり、スロットマシンでは香港ドルをチップに交換する必要がありません。

スロットマシンの場合は、香港ドルをメンバーズカードにチャージ、または直接スロットマシンに入金することで遊ぶことができます。

メンバーズカードへのチャージはキャッシャーやスロットマシンで行えます。

勝利金はメンバーズカードにチャージ、またはレシートの形で支払われます。これを現金化するためにはキャッシャー(換金所)を利用して行います。

香港ドルをチップに換金してもらう方法と注意点

香港ドルをチップに換金

香港ドルをチップに交換してもらう方法は、実は2通りあります。

一つは先に説明したとおりにカジノ内にあるキャッシャー(換金所)を利用する方法です。

キャッシャー(換金所)では、希望するチップへの交換が可能です。

もう一つの方法は遊んでいるテーブルで交換してもらう方法です。

この方法を利用して現金をチップに交換してもらうには知っておかなければならない注意点があります。

香港ドル→チップの交換はゲームテーブルで

香港ドル→チップの交換はゲームテーブルで

ゲームテーブルに香港ドルを置くとディーラーがチップと交換をしてくれます。

ゲーム途中でわざわざ席を離れてキャッシャー(換金所)に足を運ぶのは面倒です。

その為テーブルゲームではテーブルでも、現金をチップに交換してもらうことが可能になっています。

交換の際はテーブルのベットエリアでなく、しかもディーラーの手が届く場所に香港ドルを置くと交換をしてほしいとの意思表示になりチップへの交換をしてもらえます。

ディーラーへの手渡しNG

テーブルで香港ドルをチップに交換してもらう場合は、テーブル上に香港ドルを置きます。

この時、ディーラーに手渡ししようとする行為はしてはいけません。

紙幣に限らず、チップをディーラーに手渡しするのも厳禁です。

これは不正を防ぐための予防策で行われているものです。

チップへの交換を希望する場合は、ディーラーの手の届く場所に香港ドルを置けばいいのです。

ゲーム中の換金はできない

ゲーム中の換金はできない

「このゲーム負けたらチップがなくなるな。」と思ってもゲームが進行している間はチップの交換はできません。

チップの交換はゲームとゲームの間、つまりベットする時間に限って行うことができます。

次のゲームに備えて、交換したい気持ちはわかりますが、ゲームの公正さを保つ意味でもゲームの進行中は、ゲームの進行に関わる事のみが行われるので、チップの交換等は行えません。

カジノチップを現金化する方法

カジノチップを現金化する方法

カジノで勝利金を手にすることができれば、現金化をする必要があります。

テーブルゲームではチップ、スロットマシンなどではメンバーズカードへのチャージ、レシートといった形でいったん勝利金を手にすることになります。

これらを現金化するためにはキャッシャー(換金所)へ行きましょう。

カジノ内に設置されているキャッシャーへ行き、チップやメンバーズカード、レシートを持っていくと香港ドルとの交換をしてくれます。

重要!マカオカジノの禁止行為

禁止行為

マカオのカジノでは禁止されている行為があります。

不正はもちろん禁止行為ですが、それ以外にも禁止されている行為がいくつかあります。知らないと注意をされたり、時に利用を断られる事態にもなりかねません。

あらかじめマカオのカジノで禁止されている行為を確認しておく必要があります。

撮影禁止

撮影禁止

カジノ内は撮影禁止です。これは防犯上の理由からです。

せっかくの楽しい時間を、写真や動画で残したい気持ちは十分に理解できますが、大金の動くカジノは防犯対策を十分に行う必要があります。

その為カジノ内のレイアウトやお金の流れなどの情報が外部に漏れることの無いように写真や動画の撮影は禁止されています。

カメラやビデオカメラの持ち込みは禁止されていますので注意をしてください。

カジノ内は禁煙

禁煙

マカオのカジノ内は基本的に禁煙です。
カジノの中には喫煙スペースを設けているところもありますが、基本的に禁煙です。

今どきの対応と言えば、その通りなのですが愛煙家の人たちには少し厳しい現実ですね。

カジノ内は禁煙ですので、このルールに違反して喫煙をした場合は、罰金が科せられます。

喫煙したい人は利用前に喫煙スペースの有無、喫煙スペースの場所などを確認した上での利用をお勧めします。

まとめ

カジノは華やかで、一獲千金を夢見て遊べる場所です。
そんなカジノにも、細かなルールがあります。

それらのルールを知らずに違反をすれば、楽しいはずのカジノゲーム遊びも存分に楽しむことができなくなってしまいます。

知らないがために嫌な思いをすることの無いように事前に知っておくことは、何事においても重要と言えます。

カジノを利用する際の服装、チップの交換の仕方、現金化の方法など知っておくべき項目は意外に多くありますが、いずれも簡単に頭に入るものばかりなので事前に理解をしておいて現地で困らないようにしておきたいものです。

これらの知識を獲得すれば、マカオのカジノを存分に楽しむことができるはずです。

おまけに一獲千金の夢もかなえることができれば非常に思い出深い旅行を楽しめますね!

日本でもオンラインでカジノができる!腕を上げてから本番に臨もう!

日本でも人気が出始めている、オンラインカジノについて詳しく解説しています。

遊べるゲームや解説、攻略法や、オンラインカジノの仕組みなどを完全網羅!

これを読めばオンラインカジノのすべてがわかりますので、初心者の方は基本情報として抑えておきましょう!

【オンラインカジノとは?入門の基本情報などを完全網羅!!】

-マカオカジノ

Copyright© ベガスオンライン , 2020 All Rights Reserved.