ベガスオンライン

カジノ法案

カジノ法案成立で日本カジノ誕生へ!儲けたお金に税金はかかる?かからない?

2021年2月2日

カジノ法案 税金

 

カジノ法案が成立したことで、長らくカジノが存在しなかった日本にも統合型リゾートとしてカジノが誕生することでしょう。

日本初のカジノということもありまだまだ未確定な部分もたくさんありますが、お金に関する問題は気になるところ。

特に日本カジノで得た収入に関して、税金を納める必要があるのか、ないのか。

日本においてカジノ収入はどのような扱いとなっているのかを、詳しく解説していきます。

 

椿
税金問題ってとても複雑だけど、アマギはしっかり理解している?
正直ちょっと不安です。オンラインカジノの税金は前に少し勉強しましたが、同じなんですかね?
アマギ
椿
うん、同じだと思って大丈夫。詳しくは一緒に勉強していこうね!

 

ギャンブルで得た利益にかかる税金

ギャンブル

カジノはあくまでギャンブルの一種。日本カジノも、現在日本で遊べるパチンコやスロット、競馬や競輪などと同じギャンブルの扱いとなります。

パチスロなどで得た収入に関しては、一定の金額を超えると確定申告をする必要がありますよね。

店舗内で現金のやり取りが行われるため、実際に確定申告をしているという人は多くないでしょうが、納税義務はあるのです。

ギャンブルで得た利益は一時所得となり課税される

税金の課税対象

ギャンブルで得た収入は全て一時所得となり、税金の課税対象となっています。

宝くじやサッカーくじ、toto・ロトなどの振興くじはギャンブルという扱いではないため、確定申告は必要なく課税対象でもありません。

あくまでギャンブルという扱いになっているサービス、コンテンツは課税対象となってきます。

▼オンラインカジノの税金について

>>オンラインカジノの税金について、専門用語を省いて詳しく解説!

海外カジノで得た利益も納税義務がある

海外カジノ

海外カジノで遊んだことがある人は知っているかもしれませんが、海外カジノで得た収入も課税対象です。

日本の課税制度は『全世界所得課税方式』といって、日本国内で稼いだお金に限らず、国外において得た所得も全て課税を行うという決まりになっています。

日本のみならず多くの国がこの課税方式を採用しているので、一般的な課税方式といえます。

アマギ
ギャンブル全般は課税対象だって認識でいいんですよね。
うん!そうやって覚えておくのが一番わかりやすいかもね☆
椿

カジノ法案成立の日本カジノにおける税金

競馬やパチスロなどと同じく一時所得となる

競馬

先ほどご紹介したように、パチンコ・スロット・競馬・競輪などの公営ギャンブルは全て課税対象です。

そして日本カジノで得た収入も同じくギャンブル扱いとなることから、同じような課税方式となっています。

具体的には『年間50万円以上の勝利金を得た場合』は、税金を支払う必要が出てきます。

カジノ収入による税金の計算方法

カジノ収入による税金の計算方法

税金の計算方法

(総収入- 総支出 - 特別控除額(最高50万円))÷2 × 税率

日本カジノで得た収入に関して、年間50万円を超えた勝利金を手にした場合はこちらの計算式に従って税金を計算します。

  • 総収入とは = 残ったお金(勝利金)
  • 総支出とは = 使ったお金(ベット額)
  • 特別控除とは = 差し引ける金額

これらに当てはまる金額を入力していき、計算式通りに計算していけば簡単に税金を算出することができますよ。

▼詳しい税金の計算方法について

【オンラインカジノの具体的な計算方法】

外国人観光客への納税義務はなし

外国人観光客への納税義務はなし

一時滞在となる外国人観光客については、基本的に納税義務はなしという方向で検討されています。

というのも、先ほどご紹介した日本の課税制度である『全世界所得課税方式』は、アメリカや中国なども同じです。

つまりアメリカ人観光客が日本カジノで得た収益は、アメリカで納税する義務があるということになります。

納税が重複してしまわないように国にあわせた課税方式を採用することになるでしょう。

椿
現時点で決まっている内容だけど、ギャンブルで統一されているからわかりやすいかも。

カジノ収入が課税される理由

日本経済の活性化を促すため

日本経済の活性化

日本カジノ=統合型リゾートを作ろうとしている大きな理由は、日本経済を活性化させるためです。

特にカジノを誘致した地域の財源確保や、国としての収益をあげるために必要な施設だといえます。

多くの外国人観光客が訪れるようになりますし、あくまで統合型リゾートなので家族連れの日本人なども訪れる場所になるでしょう。

雇用を創出していくため

雇用を創出

日本カジノが誕生する場合には、統合型リゾート内の面積が上限3%しか与えられません。

それ以外の施設は全て家族連れや、年齢制限などのない一般的な商業施設となる予定です。

これにより必要とされる雇用が急増し、新たな雇用創出を促していくために作られるのです。

▼カジノ法案と経済効果について

>>カジノ法案(IR法案)による日本カジノの建設、運営にかかわる経済効果を解説!

カジノ収入の確定申告が必要な理由

カジノで得た収入を確定申告する必要がある、というのは理解できると思います。

ですが、公営ギャンブルのように払い戻し履歴が明確に残らなければ申告しない人も出てきますよね。

カジノ事業者への税務調査時に払戻金からバレる

税務調査

カジノ事業者は収益の30%を国と誘致した都道府県に対して支払わなければなりません。これは折半と決まっているので、国に15%、都道府県に15%となります。

日本カジノを運営するカジノ事業者は一企業として扱われることとなり、税務調査も入ることになります。

カジノ事業者が提出した払戻金や顧客リストから、納税状況が明らかになることもあるでしょう。

マイナンバーカードなどで管理の可能性がある

マイナンバーカードなどで管理

日本カジノへの入場は、マイナンバーカードを利用する必要があります。外国人観光客はパスポートです。

マイナンバーカードにより入場制限をかけることができる、という利点がありこれが採用されています。

そうなると納税状況も同時に把握できるようになりますよね。日本カジノで得た収益を管理することができていれば、ひと目で納税状況が判明することになります。

▼カジノ法案で規制された入場制限について
>>カジノ法案(IR法案)で採決されたカジノ入場料と入場制限を日本と海外で比較!

アマギ
後からバレて追徴課税になる方が面倒ですもんね!
きちんと納税しておくことで気持ちよく楽しく遊べるから納税だけは忘れないように!だね♪
椿

まとめ

カジノ法案は今後もさらに議論されていき、変更や追加なども多く出てくることでしょう。

日本初のカジノであり、安全面が世界トップの日本だからこそ規制や条件は厳しくなりがちです。

納税は国民の義務、という言葉もある通り、必要な納税を行うことでカジノ運営も健全に行われ、楽しく遊ぶことができるようになるでしょう。

カジノに関わらずギャンブルで得た利益は一時所得になる、と一律の理解を持って楽しく遊ぶようにしましょう!

オンラインカジノ総合ランキング

当サイトが厳選に厳選を重ねた、2021年最新版のオンラインカジノランキングを発表しています。

初心者はもちろん、他オンラインカジノへの乗り換えも検討している方にも参考になるようランキング化しています。

各オンラインカジノのオススメポイントや、重要な入出金に関してなどを評価ポイントとしていますので、ぜひともご参考ください。

>>オンラインカジノ総合ランキングを今すぐチェック  

ベラジョンカジノ

  • 総合得点29点/30
  • 人気・エンタメ性 ★★★★★
  • 信頼度★★★★★
  • 日本語サポート力★★★★★
  • イベント/キャンペーン★★★★☆
  • 入出金の対応数★★★★★
  • サイトの利便性★★★★★

カジノシークレット

  • 総合得点28点/30
  • 人気・エンタメ性 ★★★★★
  • 信頼度★★★★★
  • 日本語サポート力★★★★☆
  • イベント/キャンペーン★★★★☆
  • 入出金の対応数★★★★★
  • サイトの利便性★★★★★

カジノエックス

  • 総合得点26点/30
  • 人気・エンタメ性 ★★★★☆
  • 信頼度★★★★★
  • 日本語サポート力★★★★☆
  • イベント/キャンペーン★★★★☆
  • 入出金の対応数★★★★★
  • サイトの利便性★★★★☆

-カジノ法案

© 2021 ベガスオンライン