ベガスオンライン

ブラックジャック

ブラックジャックの2大戦略×攻略法で勝率を上げて確実な勝利と利益をGET!

2020年12月17日

ブラックジャックの 2大戦略×攻略法で勝率を上げて 確実な勝利と利益をGET!

 

カジノゲームの中でも人気の高いゲームのひとつにブラックジャックがあります。

バカラやルーレットとは異なりディーラーとの対戦形式のゲーム性はブラックジャックの魅力のひとつでもあります。

またブラックジャックの基本戦略としてよく知られているのがベーシックストラテジーです。

この戦略の理解を深め、他の戦略と合わせることで勝率の向上を行う方法を解説していきます。

>>【厳選!】ブラックジャックでおすすめのオンラインカジノランキングTOP7を今スグチェック!

 

ブラックジャックの2大戦略と資金管理

ブラックジャックの2大戦略と資金管理

ここではギャンブルで欠かせない2つの戦略と資金管理に解説していきます。 

戦略1:ベーシックストラテジーでの基本戦略

ベーシックストラテジーでの基本戦略

ブラックジャックで、最も基本戦略となるのがベーシックストラテジーです。

ベーシックストラテジーは、ディーラーの1枚のアップカード(見せ札)と、プレイヤーに配られた2枚のカードの組み合わせから、確率的に最も勝率の高いアクションの選択を導いてくれるもので、3種類あります。

確率上、最も勝率の高いアクションを選択できますが、常勝を保証するものではありません。

しかし推測や予測をもとに勝負をするより勝率が高くなりますよ!

また活用することでブラックジャックにおける基本的な戦略を理解、把握することもできます。

▼ベーシックストラテジーについては以下を参照

>>ブラックジャックの必須戦略ベーシックストラテジー基礎編

戦略2:効果絶大のカウンティング戦略

効果絶大のカウンティング戦略

ブラックジャックにおけるカードカウンティングは最も効果のある戦略といわれています。

その為、ランドカジノではカウンティング行為は禁止とされています。

ブラックジャックをしながらメモを取るなどの行為をすれば、当然カジノからの退出を命じられます。

記憶の中でカウンティングを行い勝利しても、カジノ側がカウンティングをしているか張り付いて確認しようとするほどです。

このような現実からカウンティングの効果が高いことは確認できます。

資金管理

資金管理

資金管理はギャンブル全てにおいて欠かすことのできない戦略と言えます。

適切な資金管理を行うことで、損失をコントロールしましょう。

勝負に関してはコントロールできませんが、○○ドル負けたらヤメる。など最大負け額は自分でコントロールが可能です。

毎回資金の10%を賭け、総資金の10~20%ほどを失ったらその日はもうプレイしない。などの自分なりのルールを決めて、資金をコントロールすることをおすすめします!

ベーシックストラテジー戦略を解説

ベーシックストラテジー戦略を解説

ベーシックストラテジーは3種類あります。

  • 2枚のカードのいずれかに「A」が含まれる場合のストラテジ―
  • プレイヤーに同じ数(ペア)の2枚のカードが配られた場合のストラテジ―
  • 基本となるハードハンドと言われる「A」を含まない異なる2枚のカードが配られた場合のストラテジ―

これら3種類のベーシックストラテジーを理解し、活用するためにはストラテジーチャートを覚えておかなければなりません。

覚えるのは大変なのですが、やはり実戦で活用しながら覚えるのが最も有効です。

オンラインカジノを利用しストラテジーチャート表を見ながらプレイしてみましょう!

▼応用編はコチラから

>>ブラックジャックの必須戦略ベーシックストラテジー応用編

ベーシックストラテジーでの基本的な考え方

ベーシックストラテジーの基本的な考え方のベースになるのは確率論です。

プレイヤーが次の引くカード、ディーラーが次に引くカードでも最も確率が高いのは「10」です。

 10」とカウントするカードは、「10」「J」「Q」「K」と4種類ありますから他のカードよりも4倍も引きやすいカードなのです。

 この考え方をベースに、次に行うアクションとして最適な選択をまとめたものがベーシックストラテジーなのです。

 実際にハードハンドのストラテジーチャートを確認すると、プレイヤーのハンドが「12」~「16」の場合に、ディーラーのアップカードが「2」~「6」の場合のほとんどで「スタンド」を選択します。

ストラテジーチャート

H=ヒットS=スタンドD=ダブルダウン
R=サレンダーP=スプリット

 これはディーラーの2枚目のカードを「10」との予測の元で、バーストの可能性があり、かつプレイヤー自身のハンドにおいても「バースト」の可能性が高いことからくる選択なのです。

 スプリットのタイミング

スプリット

H=ヒットS=スタンドD=ダブルダウン
R=サレンダーP=スプリット

ペアのハンドが配られるとスプリットをするかしないかの判断が必要になります。

状況によっての使い分けが必要で、ディーラーのアップカードが「2」~「6」の場合は積極的に「スプリット」を選択。

逆にディーラーアップカードが「7」~「10」または「A」の場合はスプリットをしないのが一般的です。

スプリットした場合にはディーラーのバーストが最も望ましく、少なくともひとつのハンドでは勝利したい状況となります。

「A」のスプリットは、1枚引いた後に強制的にスタンドが選択されるので注意が必要になります。

いずれにせよ、スプリットが可能なハンドの場合もストラテジーチャートを参考にすることが可能です。

ダブルダウンのタイミング

ダブルダウンは1枚しかカードが引けない縛りが生じるものの、賭け金を倍額にアップできるので大きく勝つチャンスを得られる手法です。

このタイミングもディーラーのアップカードを参考にしながら判断をすることになります。

プレイヤーの初期手札の合計数

ダブルダウンすべきディーラーの手札

11

210

10

29

9

36

 まずディーラーのアップカードが「10」や「A」の場合はダブルダウンをしない方が無難です。

逆にディーラーのアップカードが「5」や「6」といった数字の場合は積極的にダブルダウンを行います。

カウンティング戦略を解説

カウンティング

ブラックジャックのカウンティングは効果が高いので、ランドカジノでは禁止されている行為のひとつです。

しかしオンラインカジノにおいては、これらの行為を取り締まることもできないので利用が可能となります。

つまり、利用しない手はないともいえるのです。

ブラックジャックのカウンティングは、プレイヤーに有利な「A」「10」「J」「Q」「K」の5種類のカード、ディーラーが有利となる「2」「3」「4」「5」「6」の5種類のカードをカウントするのが主な手法です。

しかし「A」「10」「J」「Q」「K」の5種類のカードだけをカウンティングしてもそれなりの効果が望めます。

カウンティング用のアプリを利用するのもひとつの方法です。

▼カジノも恐れるブラックジャックの禁じ手、カウンティングについてはこちらで詳しく紹介しています。

>>ブラックジャックのカウンティングをわかりやすく徹底解説!

実際のカウンティングの仕方

ハイローシステム

カウンティングにはいくつかやり方があります。

カードをグループ分けするハイローシステムなど、簡易的ながらも効果があるものもあります。

具体的なカウンティングなやり方は以下の参考記事に詳しく記載してあります。

▼初心者~上級者まで詳しいカウンティング方法を徹底解説。実際のカウンティングのやり方や、手法についてはこちらから。

>>ブラックジャック攻略法「カウンティング方法」の様々な種類を初級者~上級者別に徹底解説!

カウンティングの精度によって攻略レベルが大きく変わってきますので必読です!

攻略法をつかった戦略を解説

攻略法をつかった戦略を解説

ベーシックストラテジーやカウンティングといった攻略法を駆使して勝率を上げると同時に行わなければならないのが資金管理です。

資金管理型の必勝法、攻略法は複数あります。

どれを選択するかは、プレイヤーのプレイスタイルや資金力、好みといったものにも左右されるでしょう。

しかし多くの資金管理型の攻略法を身に付けていれば、戦略的なベットが可能です。

「1回の勝負で勝つのではなくトータルで勝利する」これが、資金管理型の攻略法の最大のメリットです。

実際の攻略法に関しては別記事で詳しく解説をしています。こちらをぜひ参考にしてください。

▼実際に存在する攻略法の詳しい内容はこちらで詳しく解説しています。

>>【完全版】全34種のオンラインカジノ必勝法・攻略法を全公開!

ブラックジャック×攻略法は相性バツグン

ブラックジャックはベーシックストラテジーやカウンティングが活用でき、様々な必勝法との組み合わせが可能なカジノゲームです。

複数の攻略法の組み合わせを選択することが可能で、戦略の幅を大きく広げることができます。

この意味からもブラックジャックは中長期的な視点で戦略をもってプレイするのが良いゲームといえます。

ブラックジャックのその他の戦略

ブラックジャックのその他の戦略

ブラックジャックには、ベーシックストラテジーやカウンティング、資金管理型ベット法など以外にも重要となる戦略があります。

それはブラックジャックのゲーム性に関わる事柄です。

特にプレイヤーにとって有利となるルールがあり、それを活用することも重要な攻略法になり得るのです。

バーストしない戦略

ブラックジャックにおいてディーラーは「17」以上のハンドができるまでは必ずヒットしなければならないというルールがあります。

結果ディーラーのハンドは最終的に「17」「18」「19」「20」「21」「バースト」のいずれかになるのです。

例えば、ディーラーのハンドが「13」~「16」の場合のバーストの確率は約50%にもなるのです。

ブラックジャック

このような場面では無理な「ヒット」をプレイヤーが行わなければ自ずと勝ちが転がり込む可能性が高いです。

ブラックジャック

つまり「バーストしない戦略」が有効となるのです。

インシュランスとサレンダー

インシュランス

インシュランス

インシュランスは、ディーラーのアップカードが「A」の際にブラックジャックのハンドができることに対して賭ける保険です。

結果ディーラーがブラックジャック出なかった場合は、保険として掛けた金額は没収され、さらに勝負は継続します。

長い目で見ると損となる可能性が高いので、あまり選択しない方が得策と言えます。

サレンダー

サレンダー

サレンダーというのは、プレイヤーハンドが「16」で、ディーラーのアップカードが「A」など圧倒的に不利な状況の場合にベット額の半分を支払うことで勝負をおりるアクションです。

 時に有用ですが、仮にディーラーのアップカードが「A」であってもバーストの可能性もあり、ヒットすることでプレイヤーのハンドが「20」や「21」になることもあるので判断が難しいアクションです。

 このサレンダーは選択できないテーブルも多く存在するので、オンラインカジノ、ランドカジノ共にプレイする前に確認が必要になります。

まとめ

ブラックジャックは、最もプレイヤーが勝ちやすいカジノゲームと言われています。

その理由は還元率を見ても明らかで、時に100%を超える場面があるゲームがブラックジャックです。

ブラックジャックは「ベーシックストラテジー」「カウンティング」「資金管理」など駆使することで勝率を上げる事が可能なゲームで、短期戦より長期戦が合うゲームとなっています。

ディーラーのアップカード、プレイヤーの2枚のカードをもとにベーシックストラテジーを参考に次のアクションを選択し、多彩な戦略をもってゲームを行うことが可能です。

戦略の中で、長期的な展望を持ち楽しむゲームがブラックジャックです。

自分なりの戦略を見つけて、ブラックジャックで稼いでいきましょう!

還元率が最も高い100%超えのブラックジャックがおすすめなオンラインカジノは?

blackjack_cta2

ブラックジャックはカジノゲームの中で最も稼ぎやすい、還元率100%超えのゲームです。

オンラインカジノで稼ぐならこのゲームを差し置いて他にはありません!

唯一、還元率が100%を超えるゲームであり、基礎知識と戦略さえあれば簡単に勝率を上げられるのです。

簡単に勝率を上げてしっかり稼ぐなら、最も稼ぎやすいこちらのオンラインカジノがおすすめ!

▼詳しくはこちら

【超高還元率で最も稼ぎやすいおすすめのオンラインカジノランキング!】

-ブラックジャック

© 2021 ベガスオンライン