バカラ

バカラが向いている人とは?バカラで勝てる人、勝てない人の特徴をまとめました。

2020年9月17日

バカラに向いてる人、向いてない人

 

バカラが向いている人には特徴があり、バカラに向いていない人にも特徴があります。

向いている人は、当然バカラで勝利を収めやすく、稼げる人となる確率が高くなります。

一方向いていない人は、バカラでの勝率が低く、負ける確率が高い人となる確率が高くなるのでしょう。

本記事では、バカラに向いている人の特徴を理解し、自己変革により身に付けることでバカラに向いている人への変化の方法を探ります。

>>バカラ依存症が選ぶ、稼げる最高のオンラインカジノランキング

 

バカラが向いている人の特徴4つ

バカラ 向いている人

バカラが向いている人には大きく4つの特徴があります。

さっそくチェックして行きましょう!

バカラの基礎知識を知っている

●バカラの基礎知識を知っている

バカラについての基礎知識を持っていることは大前提となります。

バカラには様々なルールがあり、それぞれ特徴があります。

それぞれの賭け方でどれだけの勝利期待値があるのか、それぞれのハウスエッジの割合はどれくらいなのか皆さんは正確な数字をスラッと答えられるかどうか。

そしてバンカーの3枚目のカードを引くルールについてです。

バンカーの3枚目は、プレイヤーが3枚目を引く場合のカードの数によって「引く」「引かない」が決められています。

バカラのゲームルール、勝率やハウスエッジなどの期待値や特徴などすべてを知っていて基礎知識を持っているといえます。

ギャンブルで資金管理ができる

●ギャンブルで資金管理ができる

ギャンブルにおける資金管理は勝利を収め、稼ぐためには必要不可欠なものです。

資金に対して適正な賭け額で遊ぶことができているかどうか。

資金管理ができていなければ、勝利を重ねるのが難しくなります。

バカラに向いている人はこの資金管理がしっかり行えるという特徴があります。

ルールを守ってプレイできる

●ルールを守ってプレイできる

ルールを守ってプレイができるというのはゲームのルールのことではありません。

ここでいうルールは、バカラを行う際に自分自身で決めたルールのことです。

勝利目標金額の設定、許容損失額の設定、1回のベット上限の設定、賭ける時・賭けない時の条件の設定など、自分自身で決めたルールを守りプレイすることは非常に重要な要素です。

バカラに向いている人は、このルールを守ったプレイを自然と行っているのです。

常に冷静にプレイできる

●常に冷静にプレイできる

ギャンブルは熱くなると負けるものです。

それは、熱くなることで適正な判断ができなくなることに起因します。

熱くなることで何の根拠もなく、ベットを繰り返したり、ベットアップをする行為は勝率を大きく下げることにつながります。

熱くなってしまっては、自分で決めたルールのベット上限や、許容損失額を超えてプレイを続けてしまいます。

常に冷静にプレイできるか否かはギャンブルにおいて必要な力です。

>>【厳選!】バカラでおすすめのオンラインカジノランキングTOP7を今スグチェック!

バカラが向いていない人の特徴4つ

バカラ 向いていない人

基本的にバカラに向いている人に相反する側面となりますが、具体的に見ていくと次のような特徴があります。

もし当てはまるようなら、自己改善していきましょう!

バカラやギャンブルに熱中して我を忘れてしまう

●バカラやギャンブルに熱中して我を忘れてしまう

ギャンブルは熱くなったら負けると言われています。

ギャンブルに熱中するがあまりに我を忘れてしまうからです。

熱中し過ぎると適正な判断能力は低くなります。

これによって自己で決めたルールを破ってしまったり、根拠がないのに賭け続けたりすることにつながりやすくなります。

適正な止め時の判断ができず、大きく資金を減らすことにつながってしまいます。

知識も戦略もないままプレイしてしまう

●知識も戦略もないままプレイしてしまう

知識を持たず、戦略もなしにプレイしている人はバカラに向きません。

バカラはフラットベット(同じ金額で繰り返しベットを行うこと)を繰り返し、勝利を収めるのは非常に難しいゲームです。

どこかでベットアップをする必要があります。

ベットアップをするのには根拠となるものが必要です。

または攻略法や必勝法といった戦略を利用するなどの方法もありますが、いずれにしても知識や戦略が必要になります。

資金管理せずにプレイしてしまう

●資金管理せずにプレイしてしまう

勝てる人は資金管理ができています。

資金管理ができないということは、勝率を上げるために必要な、必勝法や攻略法を利用したい場面で資金が不足するなどの事態を招きやすくなります。

同時に「止め時」を見失い「損切り」できずに損失を増やしてしまったり、折角の勝利金を減らすことにもつながります。

資金管理はそれだけ重要といえるのです。

ダラダラと無計画にプレイしてしまう

●ダラダラと無計画にプレイしてしまう

ダラダラプレイは禁物です。

目標利益額、許容損失額も決めていない無計画なプレイは、負けを大きくし、勝利金を減らす要因となります。

ダラダラとプレイすることは適正な止め時の判断をしないことになり、勝ち逃げや損切りができなくなることにつながるでしょう。

また同時に経験を積むことにもつながりません。

バカラにおいては勝負をするかしないかの判断は非常に重要な要素を占めるものです。

ダラダラプレイではこの重要な判断機会を意識することがないので経験が積めないことになるのです。

>>【厳選!】バカラでおすすめのオンラインカジノランキングTOP7を今スグチェック!

バカラが向いている人になるための3つの方法

「やばい!向いていない人の特徴にいくつか当てはまる。」と思った人は自己改善を行うことでバカラに向いている人への変革が可能です!

バカラの基本をしっかり覚える

バカラのルール

バカラのゲームルールは非常に単純です。

ベットの基本は、プレイヤーが勝つかバンカーが勝つかの2者択一のベットが基本です。

確かにバカラには「タイベット」「ペア」「スーパー6」などのベットが可能なルールもあります。

しかしこれらのベットは勝率が低い上に、ハウスエッジの割合も高い実情があります。

バカラにおいては「バンカーベット」「プレイヤーベット」の2者択一のベットが最も勝率が高く、ハウスエッジが低いのです。

これらの知識はしっかりと身に付けておきましょう。

運の要素もあると知っておく

バカラの基本は運ゲームということです。

プレイヤーやバンカーに配られる2枚のカード、追加される3枚目のカードが何であるかは予測のしようがありません。

運が大きく勝敗を左右するゲームであることは知っておく必要があります。

三枚目のルールも知っておく

バカラの三枚目

同時にバンカーの3枚目のカードを引く際のルールも知っておくとよいでしょう。

実は多くの人がこのルールをしっかりと理解していません。

理解していないことで、どうしてもう一枚カードを引かないのと、なぜ負けたのかわからず熱くなる要因にもなる事柄です。

細かなルールですがしっかりと理解しておくといいでしょう。

>>バカラの基本ルール、遊び方、罫線や絞りを完全解説!

資金管理を徹底的に行う

チップの資金管理

資金管理ができていない人は、資金管理を身に付ける必要があります。

この資金管理はどこかに教科書があるわけではありません。

自分の資金額、好む戦略、経験からくるベットアップ法など様々な要素で個々に異なることになるからです。

つまり自分なりの資金管理術を身に付ける必要があります。

ここでは自己資金管理術を身に付けやすいベット法を紹介します。

10%法

10%法

10%法は自己資金の総額の10%の金額をベットする方法です。

勝って資金が増えた場合も、負けて資金を減らした場合にも次のベット額は、自己資金の総額の10%の金額をベットします。

利益到達目標に達したら勝ち逃げをし、許容損失額に達したら損切りを行い、ゲームを終了します。

このベット法を利用することで、利益目標、許容損失額を守るベットスタイルを身に付けることが可能になります。

詳しくは以下のリンクをご参考ください。

>>【10%法(テンパーセント法)】堅実にしっかり稼ぐ必勝法

31システム投資法

31システム投資法とは

31システム投資法は、最大でもベット額の31倍の損失額で済むベット方法です。

ベット方法は、1・1・1・2・2・4・4・8・8という9分割を基本とします。

ルールは非常にシンプルです。負けた場合は、1・1・1・2・2・4・4・8・8の順にベットをします。

勝利した場合は、ベットアップを行い次の単位に飛び級をします。

2連勝した場合、または最終ベット額に到達し勝敗が確定するところで1セットが終了します。

詳しくは以下のリンクをご参考ください。

>>【31システム投資法】2連勝するだけで必ず利益が出る必勝法

10ユニット法

10ユニット法とは

10ユニット法は、10個の数字の数列を利用するベット方法です。

10個の数列の両端の数字を加算した金額がベット額となります。

勝った場合は両端の数字を消去し、負けた場合は、負けた金額を数列の右端に書き足します。

ゲームを続け数字が全部消えればベット終了です。

このベット法は、自ずと長期戦になる傾向が強いベット法ですね。

ゲームの流れと勝敗が自然と記録されることになるので、ゲームの流れを踏まえた自己資金管理を身に付けるのに向いているベット方法です。

詳しくは以下のリンクをご参考ください。

>>【10ユニット法】海外で大人気な資金管理に長けた必勝法

目標利益と許容損失を決めてプレイする

目標利益と許容損失

資金管理の最も重要な要素は、「目標利益額」と「許容損失額」の設定です。

バカラのゲーム特性から総資金の2倍、3倍の金額の利益目標は決して低い目標ではありません。

非常に高い利益目標額となります。

利益目標と資金管理はセット

適正な目標利益額の設定ができなければ、折角の資金管理も意味をなさなくなります。

また目標利益目標に準じた損失許容額の設定が理想です。

ギャンブルは負けることもあることを前提に適正な目標設定をする必要があります。

適正な「利益目標額」と「許容損失額」が決められたら、この設定をしっかりと守ることが重要です。

まとめ

バカラに向いている人、向いていない人にはそれぞれ特徴があります。

特徴の表れる項目は、「バカラのゲーム性とルールの理解度」「資金管理力」の2大要素、「冷静かつ計画的なプレイを実践する力」「攻略法や必勝法の理解度」などになります。

いずれも努力と鍛錬で身に付けることが可能なものです。

現状では向いていない人に当てはまっても自己改革により、向いている人への変革が可能です。

バカラと楽しく長く付き合うためにも、習得しておくべきものといえるのは間違いありません。

ゲームを楽しむ中で習得が可能ですから、積極的に身に付けていきましょう!

バカラ依存症が選ぶ、稼げる最高のオンラインカジノランキングとは?

オンラインカジノのバカラをするのに最高のオンランカジノを発表します!

バカラをプレイするのに最もよく、稼げるオンランカジノはどこなのか?

バカラをほぼ毎日プレイするバカラ依存症が解説します!これからバカラを始めたい方にも参考になりますので、ぜひ一度ご覧ください。

▼詳しくはこちら

【バカラ依存症が選ぶ、稼げる最高のオンラインカジノランキングとは?】

-バカラ

Copyright© ベガスオンライン , 2020 All Rights Reserved.