バカラ

バカラの両建ては禁止?規約違反なのか、攻略法として有効か詳しく解説。

バカラの両建て

オンラインカジノにおけるバカラの攻略法として一部で紹介されることのある『両建て』。

ローリスクな攻略法と言われたら思わず飛びついてしまいそうですが、少し考えた方が良いかもしれません。

本記事では両建てが何かという解説から、両建てを行うことで生じるデメリットについてお話します。

両建てに代わるバカラの攻略法についてもご紹介していますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

>>【オンラインカジノ診断】あなたに最も適したオンラインカジノとは?

オンラインカジノの両建てとは両方の結果にベットする賭け方

ゲーム

両建てとは、取引において同一人が同一銘柄の売り建てと買い建ての両方を行うことです。

主にFX(外国為替証拠金取引)で使われ、買いポジションと売りポジションを同じ数量保有することで、リスクヘッジや税金対策に有効です。

通常、五分の勝負を予想する場合には、勝利すると思った片方にベットしますよね。

両建ては、両方に同じ金額だけベットします。

勝率がほぼ五分の勝負において有効かそうでないかはさておき、攻略法の1つとしてこの両建てがよく話題にされます。

前提として、理論的に両建ての最終的な収支はプラスマイナスゼロ。

利益も損失も生じません。利益と損失が相殺されるからです。

バカラでの両建てとはプレイヤーとバンカー両方にベットする賭け方

ベット チップ

両建てについてわかったところで、これをバカラに置き換えて考えてみましょう。

バカラには「プレイヤー、バンカー、タイ」といった3つの賭け方があります。

このうち、五分の勝負ができる(勝率約50%)のはプレイヤーベットとバンカーベット。

そのため、1ゲーム内でプレイヤーとバンカーの両方に賭けることを、バカラの両建てといいます。

▼関連記事

>>バカラの基本ルールやオンラインカジノの遊び方、罫線や絞りを完全解説!

バカラの両建てを繰り返すことで単純に資産が目減りしていく

財布 金欠

バカラは、プレイヤーとバンカー以外にタイ(引き分け)にもベットできますが、両建てではタイベットは無視。

この賭け方をした場合、9割以上の確率でプレイヤーかバンカーのどちらかが勝利します。

つまり9割以上はプラマイゼロ。とはいきません。

バカラはルール上わずかですが、バンカー側が勝利しやすくなっているゲームです。

そのため、バンカーベット勝利時に配当の5%がコミッション(手数料)として徴収されます。

コミッションのないノーコミッションバカラで遊ぶ場合でも、バンカーが6で勝利したときのみ配当が半分になるルールが適用されています。

▼関連記事

>>バカラの資金管理について。管理能力を身につけよう!

ボーナスの出金条件を満たすにはリスクを抑えた両建てが非常に魅力的

セキュリティ

多くのオンラインカジノは、入金ボーナス、登録ボーナス、フリースピンなど、多くのボーナスキャッシュバックを用意しています。

ただし、この無料でもらえるボーナスは特定の出金条件を満たさないと出金ができません。

オンラインカジノにより異なりますが、多くの場合、出金条件は20~40倍程度を採用。

せっかく獲得したボーナスも、出金条件を満たすまでにすべて溶けてしまったなんてことはあり得る話です。

目減りすることは確実でも、ベット額が大きく減ることのない両建てはある意味堅実で、攻略法とされるのも納得でしょう。

▼関連記事

>>オンラインカジノの入金不要ボーナス(登録ボーナス)、初回入金ボーナスを解説!

>>オンラインカジノのボーナスの出金条件(賭け条件)とは?

そもそも両建てはオンラインカジノの規約に違反している

違法 捕まる

しかしオンラインカジノ側もバカではありません。当然対策をしています。

付与したボーナスをすべて出金されてしまっては、たちまちにオンラインカジノは破産します。

規約違反に当たるかどうかは、各オンラインカジノの利用規約を確認しましょう。

また利用規約には、「両建ては禁止」のような親切な書き方をしていないため注意が必要。

カジノ側に不利な賭け方については、「2ティアベット」や「オポジットベット」「ローリスクベット」など様々な表現があります。

両張り、二重賭けなどと呼ばれる賭け方も内容は一緒で、一律で禁止事項です。

ここからは両建てなど、規約違反を行った場合に受ける罰則について紹介していきます。

出金できなくなる

損失

該当のプレイに違反した場合には、出金申請をしても承認されないなどの処分を下されることがあります。

最終的に出金できるようになるケースもあるようですが、最初から違反をしないにこしたことはありません。

ボーナスアビューザー認定される

法律

アビューザーとは、直訳すると悪用者のこと。

不正な方法でボーナスを獲得しようとしたり、ボーナスだけを狙ってプレイするユーザーを意味します。

ボーナスアビューザー認定されると、出金申請が通らなかったり勝利金を没収されたりと、良いことは1つもありません。

アカウントの凍結

凍結

たび重なる違反に及んだ場合など、特に悪質だと判断されたときにはアカウントを凍結される場合も。

アカウントが凍結されると、凍結が解除されるまでそのオンラインカジノでプレイができなくなります。

無期限の停止となった際には、二度と利用ができなくなり勝利金も水の泡になってしまいます。

▼関連記事

>>ベラジョンカジノでアカウントロック(凍結)される理由・原因と解除方法や事前対策について詳しく解説!

【規約に違反しない必勝法】バカラはチップコントロールで勝利をつかむ

リスクをおかして規約に違反などしなくても、バカラには様々な攻略法が存在します。

攻略法の中でも特に重要なのがチップコントロール。

ここではチップコントロールを用いた必勝法をいくつかご紹介していきます。

自分に合った方法を見つけてみて下さい。

マーチンゲール法

マーチンゲール法

もっともポピュラーな攻略法の1つであるマーチンゲール法。

チップコントロールの中でも損失回収に特化した攻略法です。

負けたら次の勝負に2倍の金額を賭ける方法で、1勝するまでその工程を繰り返します。

それまで負け続けていたとしても、1勝することで必ず利益を得られるのがマーチンゲール法の特徴。

連敗時に負債が大きくふくらむというデメリットのある賭け方でもあるので、賭け金の上限はあらかじめ決めておきましょう。

▼関連記事

>>【マーチンゲール法】理論上負けないオンラインカジノ攻略法

>>バカラでマーチンゲール法の効果があるのか実践結果を徹底解説!

グッドマン法

グッドマン法とは

グッドマン法は1235法とも呼ばれ、ローリスク・ローリターンな攻略法です。

勝ち負けに応じて、数字の通りに賭け金を変化させます。

連勝するごとに賭け金を1ドルから順に増やしていくグッドマン法。

2ドルの次は3ドル、3ドルの次は5ドル、5ドルの後は負けるまで5ドルを賭け続け、負けたら再度1ドルからスタート。

賭け金が上がりすぎず負けた場合にも負債が増えにくいので、手堅く勝ちを積み重ねたい人にはグッドマン法がおすすめです。

▼関連記事

>>【グッドマン法(1235法)】手堅く堅実に勝つ必勝法

モンテカルロ法

2倍モンテカルロ法

モンテカルロ法は、賭け額を抑えながら利益を狙える攻略法です。

数列を使った攻略法のため、少し複雑に思えるかもしれませんが、慣れてしまえば難しい話ではありません。

まずは連続する数字を3つ用意し、数列の両端を足した額をベット。負けた場合には、数列の最後に数字を1つ加えて勝負続行です。

勝ったら両端の数字を消し、最終的に数字が1つになるか消えるまで勝負を繰り返します。

この1セットを終えたとき、収支は必ずプラスになっています。

攻守に優れたモンテカルロ法は、非常におすすめの攻略法です。

▼関連記事

>>【モンテカルロ法】カジノを潰すほど強烈な必勝法

>>バカラでモンテカルロ法の実践方法を徹底解説!

>>バカラで稼ぐための必勝法、攻略法を全公開!

まとめ

オンラインカジノのバカラで遊ぶ際、両建てでベットすることは規約違反です。

故意だろうと知らなかっただろうと規約違反をしたという事実は変わらず、厳しい罰則を受けることになるでしょう。

不正などせずとも、バカラには豊富な攻略法・必勝法があります。

自分の資金にあった方法の選択や、押し引きなど状況判断は求められますが、勝率の底上げをする方法について知っておいて損はありません。

自分にあった方法で、自分だけのオンラインカジノライフを楽しみましょう!

バカラエージェントが選ぶ、稼げる最優秀オンラインカジノランキングとは?

オンラインカジノのバカラをするのに最も優秀なオンランカジノを、バカラエージェントが発表します!

バカラをプレイするのに最もよく、稼げるオンランカジノはどこなのか?

これからバカラを始めたい方にも参考になりますので、ぜひ一度ご覧ください!

▼詳しくはこちら

【バカラエージェントが選ぶ、稼げる最優秀オンラインカジノランキングとは?】

-バカラ